ロックマンDASH3 PROJECT

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロックマンDASH3 PROJECT (仮称)
ジャンル フリーランニングRPG
対応機種 ニンテンドー3DS
発売元 カプコン
発売日 発売中止
テンプレートを表示

ロックマンDASH3 PROJECT』(Mega Man Legends 3)は、カプコン2010年9月29日に製作発表したニンテンドー3DS向けのフリーランニングRPG。

製作開始の発表から約4ヵ月後、上層部からの開発承認を得るための会議が2011年2月22日[1]に行われたが、「試作期間の延長」として本承認を得られなかった[2]。同年4月に、『プロローグ版』を配信し、ユーザーの反応を見て本制作承認の判断すると決定した[3]。しかし、そのプロローグ版の配信前に、同年7月19日、開発中止を発表した。

ロックマンDASH3 THE プロローグ! ゲームのウラ側見せちゃいます編
ジャンル フリーランニングRPG
対応機種 ニンテンドー3DS
発売元 カプコン
人数 1人
発売日 発売中止
対象年齢 CEROB(12才以上対象)
その他 ダウンロード専売
テンプレートを表示

プロローグ版である『ロックマンDASH3 THE プロローグ! ゲームのウラ側見せちゃいます編』は、ニンテンドーeショップダウンロード販売開始を予定していたニンテンドー3DS用ソフト。当初はニンテンドーeショップ開始(2011年5月末頃)と同時に配信が開始される予定であったが、「製品クオリティーの向上のため」に配信が延期となり、開発中止に伴い本作も配信中止となった。

DASH開発室[編集]

本作は「みんなのチカラがロックのチカラに!」をスローガンに、ユーザー達の協力のもとでゲームを完成させるという方針を掲げ、日本ではSNSサイト「ダレットビレッジ」(株式会社ダレット運営)内に「DASH開発室」、北米では CAPCOM U.S.A. 運営の "Capcom-Unity" 内に "Devroom" というコミュニティをそれぞれ設け、以下に挙げるとおり、本作に関する様々なゲームアイディアの募集や意見交換の場を企画していた[4]

新ヒロインデザインコンペ - 2010年10月
ユーザー参加企画の第1弾。ロールとトロンに次ぐ新たなヒロインのキャラクターデザインを、歴代ロックマンシリーズに関わりの深い9人のデザイナーの案から投票で決めた。
ボーンメカデザイン募集 - 2010年11月
「DASH開発室」および "Devroom" 発足後の最初の企画。シリーズでおなじみのライバル「ボーン一家」の駆るメカ、およびそれを攻略するミッション(ステージ)のアイディアを募集。
街の人セリフ募集・街の人アイデア募集 - 2010年12月
舞台となる街にいる人々の名前や性格、台詞を募集。
新ヒロイン「エアロ」声優オーディション - 2010年12月
新ヒロインである「エアロ」の声優を決めるオーディション。3名の声優からサンプルボイスが提供され、ユーザーの投票により決定された。
リーバードデザイン募集 その1 - 2011年1月
DASHシリーズの敵キャラクター「リーバード」のデザインの募集企画。「4足歩行の巨大リーバード」を条件に募集された。
街で出来る遊びネタ募集 - 2011年2月
舞台となる街で遊ぶことの出来るネタの募集企画。街の中で出来るアクションの「キック・ジャンプ・ものを掴んで投げる」のいずれか、または複数を使うことを条件にアイデアを募集。
ロック ボディデザイン投票 - 2011年4月~6月
主人公、ロックの新しいボディ(アーマー)のデザインを、デザイナーが提示した3パターンの中から投票で決める。
また、それぞれのデザインに対する意見なども広く受け付ける。
投票中に寄せられた意見などを基にしてさらにブラッシュアップしたデザインが2パターン提示され、決選投票が行われた。
復活リーバード総選挙!! - 2011年6月
過去のDASHシリーズの作品に登場したリーバードの中から、DASH3に再登場して欲しいものを投票で選出。

その後の展開[編集]

発売中止が決定した後、多くのファンが復活させようと『ロックマンDASH3 再起動プロジェクト』を始動させ、森下玲可も参加している。

脚注[編集]

  1. ^ 覚悟表明”. DASH開発室ブログ (2011年2月16日). 2011年4月22日閲覧。
  2. ^ 本制作承認会議、結果は…”. DASH開発室ブログ (2011年2月25日). 2011年4月22日閲覧。
  3. ^ 重大発表”. DASH開発室ブログ (2011年4月22日). 2011年4月22日閲覧。
  4. ^ 開発中止の際、カプコンはこれらの企画で募集したアイディアなどを他のゲームで使用することなく破棄することを発表し、また、発案者が今後自由に使用することを許可している。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]