ハッカソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Yahoo本社で2006年6月6日に開催されたYahoo! Internal Hack Dayイベント

ハッカソン英語: hackathon、別名:hack day,hackfest,codefest)とはソフトウェア開発分野のプログラマグラフィックデザイナーユーザインタフェース設計者プロジェクトマネージャらが集中的に共同作業をするソフトウェア関連プロジェクトのイベントである[1]。時にはハードウェアコンポーネントが扱われることもある。ハッカソンは一般的に最低限1日から一週間の期間で開催される。いくつかのハッカソンは単に教育や社会的な目的を意図に開催されるが、多くの場合使用に耐えるソフトウェアの開発や既存のソフトウェアを改善することを目標としている。また、使用プログラミング言語オペレーティングシステム、アプリケーション、API、主題や参加プログラマーの人数を定める傾向にある。

歴史[編集]

ハッカソン("hackathon")という言葉はハック(hack)とマラソン(marathon)を合わせた混成語である。この言葉はOpenBSDの開発者やサン・マイクロシステムズのマーケティングチームによってそれぞれ自主的に考えだされたと思われ、1999年から使われ始めたと言われている。

OpenBSDによって最初に使用されたことがはっきりとしているのが1999年6月4日にカルガリーで行われた暗号開発イベントであり、アメリカ合衆国から10人の開発者が暗号ソフトウェアの輸出規制によって発生する法的問題を回避するために参加した。

サン・マイクロシステムズがこの言葉を使用しだしたのは1999年6月15日から19日まで開催されたJavaOneカンファレンス英語版である。ここではジョン・ゲージ英語版が出席者に新製品のPalm Vを使って他のPalmユーザーと赤外線通信やインターネットへ登録するためのプログラムをJavaで記述することに挑戦させた。このイベントは「ザ・ハッカソン」("the Hackathon")と称された。

2000年代半ばから後半にかけてハッカソンは著しく普及し、企業やベンチャーキャピタルが新たなソフトウェア技術の迅速な開発や技術革新、投資の新たな場と注目するようになっていった[1]。いくつかの主要企業がハッカソンから誕生するようになり、2010年のTechCrunch Disrupt NYCで開催されたハッカソンのプロジェクトから誕生したGroupMeは2011年にSkypeから8500万ドルの出資を受けた[1]

ハッカソンの流れ[編集]

ハッカソンは一般的に(もしある場合だが)イベントに関する主題に関する1つもしくは複数のプレゼンテーションで始まる。その後、参加者達は個々の関心ごとや技能に基づきアイデアを出したりチームを結成する。そしてハッカソンの主作業は始まってから数時間から数日間続くことになる。24時間を越えたり競争が激しい場合は参加者はしばしばピザ栄養ドリンクでくだけた食事をする。また寝る時も寝袋などで雑魚寝する[1]

終わりには通常チームごとの結果を示したデモンストレーションが行われる。コンテスト要素も時々あり審査員が優勝チームを選出し賞を授与する。多くのハッカソンでは審査員は団体やスポンサーによって構成されている。BarCampスタイルのハッカソンではiOSDevCampのような開発コミュニティによる運営で行われており、審査は通常その分野の同僚によって行われる。ハッカソンでは時々高額賞金が授与されることがあり、TechCrunch Disruptのソーシャルゲームハッカソンでは優勝者に25万ドルの賞金が贈られた[1]

他のハッカソンではコンテスト要素は無いもののむしろ既存ソフトウェアの改善に主眼が置かれたものもある。この場合度々ハッカソンはコード上の作業で開発者が直接顔を合わせる数少ない機会の1つを与えるためにオープンソースソフトウェア (enの一部分を参加者に委ねている。このようなイベントのことを「スプリント英語版」もしくは「コードスプリント」と呼ばれることもある。

ハッカソンの種類[編集]

特定のプラットフォーム向け[編集]

いくつかのハッカソンはモバイルアプリケーションやデスクトップOSWebプログラミングといった特定のプラットフォームに焦点を絞っている。

イングランドブレッチリー・パークで行われたMobile appのハッカソンであるOver the Airには企業の後援と関心が多く集まった[2][3]。またビデオベースのアプリケーションやコンピュータゲームを開発するために開催されたハッカソンもある[4]

音楽関連のソフトウェアやハードウェアアプリケーションのためのハッカソンであるMusic Hack Dayは2009年以降世界中で20回以上開催されている人気あるイベントになっている[5]

1999年より例年行われているOpenBSDを使ったハッカソンは先駆者とされ「ハッカソン」という言葉の起源となっている。

Android[6]iOS[7]MeeGo[8]といったいくつかの携帯機器用オペレーティングシステムで動くアプリケーションを開発するハッカソンも行われている。

特定のプログラミング言語、API、フレームワークを使用[編集]

2007年よりPerlをテスト含めて改善するハッカソンが行われている[9]。またHaskell[10]Scala[11]を使った同様のハッカソンも行われている。

さらにHTML5[12]Ruby on Rails[13]といった特定の言語やフレームワークでアプリケーションを作成することを目的とするハッカソンもある。

特定の企業もしくはデータソースを使ったアプリケーションプログラミングインタフェースでアプリケーションを製作する目的のハッカソンもいくつか行われている。Yahoo!が2006年より開催しているThe Open Hack Day(別名"Hack Day")ではFlickrのようなYahoo!運営のウェブサイトのAPIを含めたYahoo! APIが使用されている[14]Googleでも自社のAPIを使った同様のイベントや旅行会社ロンリープラネット[15]も行なっている。

ウェブサイトFoursquareは2011年に大規模なグローバルハッカソンでは世界30会場で500人以上の開発者がFoursquare APIを使ってアプリケーション製作を競った[16]

PyPyDrupal[17]MediaWiki[18]を使ったハッカソンもある。

特定の目的[編集]

2011年にRewired Stateで開催された"National Hack the Government Day"に参加している開発者

政府を改善、具体的にはオープンガバメント英語版のためにハッカソンがいくつか開催されることがある[19]。2011年にはアメリカ合衆国議会の主催でそのようなイベントが開催された[20]

都市交通システムを改善するために開催されたハッカソンもある[21]。また、Education Hack Dayのように教育の改善を目的としたハッカソンもいくつか開催されている[22]Random Hacks of Kindnessという別の有名ハッカソンでは防災や危機対応を目的に開催されている[23]

年齢などを限定[編集]

ティーンネイジャーや大学生[1]、女性[24]に限定したプログラマーが参加できるハッカソンもいくつか開催されている。

企業内ハッカソン[編集]

FacebookやGoogleなどいくつかの企業でも技術スタッフが開発した新製品を売り込むために社内ハッカソンを開催している。Facebookのいいね!ボタンもハッカソンの一部から考え出されたものである[25]

一般のハッカソン[編集]

出席者や内容に制限を設けず、興味を引くアプリケーションソフトウェアの迅速な製作を単純に競うハッカソンもいくつか開催されている。例としてポルトガルインターネットサービスプロバイダであるSAPOポルトガル語版がスポンサーになっているSAPO Codebitsがある。

日本における新しいハッカソン[編集]

日本企業においては、ハッカソンがIT企業以外の異分野に広がっていくという独自の流れがある。米Evernoteが、2013年1月にトヨタICT(自動車)ぐるなび(外食)じゃらん(旅行)と一緒に東京でハッカソン[26]を行い、IT以外の分野を巻き込んだハッカソンのメリットが大きく報じられた事が、この流れを作ったといわれている。 それと同じ日(2013年1月)に、大阪市がグローバルイノベーション事業の一環として、日本で初めてITとモノの融合領域のハッカソン、「ものアプリハッカソン」を行った。[27]オープンソースハードウェアのAuduinoとAndroidを使ったアプリケーション作りがテーマだった。東京からもボランティアでファシリテーターや審査員が駆けつけ、大阪の参加者は大いに盛りがったようである。これは、現在Internet of Things (モノのインターネット)と言われる流れを作った画期的な出来事だったが、大阪は東京のメディアには注目されておらずあまり報道されなかった。このハッカソンでできたグループのひとつが、Moffというベンチャー企業として立ち上がり、米キックスターターで目標を上回る資金を見事調達し、多くの注目を集めている。[28]また、その後、この「ものアプリハッカソン」に個人で参加していた人たちが、勤め先の企業に働きかけ、企業が共催するハッカソンが多く行われるようになった。2013年10月には、パナソニックが、「今までにない記憶/記録を残すプロダクト」というテーマで「One Panasonic Hackathon」を[29]、同11月には、シャープがロボット掃除機のアプリケーションを競う「コ・クリエーション ジャム」を[30]開催し、話題となった。 これら先鞭をつけた企業と共催のハッカソンの高まりを受け、次々とハッカソンが行われるようになった。米伊藤園は、お茶のアイデアをくみ出す「茶ッカソン」を開催した。[31] また、富士通はハッカソンをオープンイノベーションの一環ととられ、富士通が外部人材を交えたハッカソンとフューチャーセッションを開催した[32][33]他、NHKもハッカソンを初開催した。[34]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f The Hackathon Is On: Pitching and Programming the Next Killer App, Steven Leckart, Wired, March 2012
  2. ^ Hackers Get Hired At Bletchley Park, HuffPost Tech UK, September 19, 2011
  3. ^ AT&T Mobile App Hackathon 2011
  4. ^ Nordeus 2011 Game Development Hackathon
  5. ^ Music Hack Day homepage
  6. ^ Android Hackathon
  7. ^ iOSDevCamp 2011 Hackathon
  8. ^ N9 Hackathon
  9. ^ Welcome to the First European Perl Hackathon
  10. ^ Hac: The Haskell Hackathon
  11. ^ Scalathon: The International Scala Hackathon
  12. ^ HTML5 Hackathon – New York, August 1, 2011
  13. ^ Pune Rails Hackathon: July 29-30, 2006
  14. ^ Open! Hack! Day!, Flickr blog, September 3, 2008
  15. ^ Melbourne Hack Day: List Of Presentations And Winners
  16. ^ The hackathon heard round the world!, Foursquare blog, September 20, 2011
  17. ^ Drupal NYC Hackathon
  18. ^ MediaWiki developer meetings
  19. ^ Open government hackathons matter, Mark Headd, govfresh, August 24, 2011
  20. ^ In #HackWeTrust - The House of Representatives Opens Its Doors to Transparency Through Technology, Daniel Schuman, Sunlight Foundation blog, December 8, 2011
  21. ^ All aboard the transit hackathon express, Roberto Rocha, The Gazette, December 16, 2011
  22. ^ Education Hack Day
  23. ^ NASA, Microsoft, Google Hosting Hackathon, Elizabeth Montalbano, InformationWeek, June 7, 2010
  24. ^ Female Geeks Flex Their Skills At Ladies-Only Hackathon, Jed Lipinski, Fast Company, September 14, 2011
  25. ^ 佐藤由紀子 (2012年5月25日). “Facebookの“ハッカソン”とは――「いいね!」を生んだ社内イベントを紹介”. ITmedia. 2012年7月29日閲覧。
  26. ^ 「ITと異業種の化学反応で新サービスを生み出せ」、“異種格闘技ハッカソン”開催
  27. ^ 「次のイノベーションはITxハードウェア」大阪市が「ものアプリハッカソン」開催
  28. ^ 「Moff」 がKickStarterでトップ2にランクイン、世界が注目するウェアラブルな魔法の杖
  29. ^ 「One Panasonic Hackathon」開催、外部開発者と共同でプロトタイプ作製
  30. ^ シャープと大阪市がハッカソン開催、家電利用の新しいアイデアを外部開発者と開拓
  31. ^ 米ITO EN(伊藤園)が「茶ッカソン」開催! シリコンバレーでも「お~いお茶」は一部のベンチャー企業で人気らしい
  32. ^ 富士通が外部人材を交えたハッカソンを初開催
  33. ^ フューチャーセンターの新たな展開について
  34. ^ NHKが初のハッカソンイベント開催へ ニュース番組をもっと楽しめるアプリ・Webサービスを開発

関連項目[編集]