プロジェクトマネージャ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

プロジェクトマネージャ: project manager)とはプロジェクトの計画と実行に於いて総合的な責任を持つ職能あるいは職務である。

プロジェクトマネージャには系統的な経営管理能力は勿論、透徹とした質問を発し、暗黙の前提を発見し、プロジェクトチームの意見をまとめ上げる能力が必須となる。

プロジェクトマネージャの職務に於いて鍵となるのは、プロジェクトの実行に影響を与えるリスクを認識することと同時にそのリスクをプロジェクト期間を通じて公式・非公式に見積もらなければならないことを理解することである。

リスクは主として不確実性から発生する(プロジェクト管理においては、この不確実性そのもののことをリスクと呼ぶ)。そして、主な関心事としてリスクを集中して取り組むことが成功するプロジェクトマネージャの条件と言える。また、プロジェクトに影響を与える問題の多くが様々なリスクから起こる。優れたプロジェクトマネージャは開かれたコミュニケーションの方針を順守し、全ての重要な関係者に意見と関心を述べる機会を与えることで時としてリスクを減らすことに成功する。

以上より、リスクをコントロールし不確実的ながら極小化させることで大なり小なり意思決定に責任を持つのがプロジェクトマネージャだと言える。プロジェクトマネージャによって下されたあらゆる決定は、直接プロジェクトに資する方法で下されるべきである。

やや抽象的ではあるが、上述の事を言い換えると下記の様になる。

  • プロジェクトの総合的な責任者である事も。プロジェクトの進行をまとめる役割を果たす。
  • 決められた範囲内や予算内でプロジェクトの進行の為にメンバーと論議し利益を上げる為の明確なビジョンを造り、目標達成に向けてプロジェクトを進行させていく。
  • 誰が何をやるかといった指導を行うだけでなく浮き上がって来た課題の整理整頓も行うが、いかに用意周到に事前の検討を行ったとしてもすべてを正確に識別して対応策を用意する事は実質上不可能である事を前提にし、損害を出さないよう速やかに自ら対応策をその都度実行していかなくてはならない。
  • 論議そのものはプロジェクト全員が行う作業であるのでマネージャの専有業務ではないがその際に知りえた情報を自分だけに留めず、その都度プロジェクト全体で情報を共有する様にする役割をも持ちプロジェクトのメンバーからの意見を汲み上げ円滑に進められる様にプロジェクトの改良をしながら成果を出す事が求められる。

関連項目[編集]