カズヒラ・ミラーの「カズラジ。」

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

カズヒラ・ミラーの「カズラジ。」コナミデジタルエンタテインメント傘下の小島プロダクション公式ホームページ内のコンテンツ・HIDEOBLOG内にて配信しているインターネットラジオ番組である。

概要[編集]

小島プロダクション監督・小島秀夫の公式ブログ・HIDEOBLOGにて2010年3月25日から第1回配信開始。全24回(第16.5回「ヒデラジ。」と最終回の後に配信されたCM集は除く)[1]

メタルギアソリッドピースウォーカー(以下MGSPWと表記)に関する情報及びMGSPWの出演声優によるラジオドラマ風の内容となっている。

尚、ステレオ音声となっているためヘッドホンでの視聴が推奨されている。

主なコーナー[編集]

VOCALOIDコーナー
VOCALOID博士こと渡邉博士がオリジナル音声の製作のコツ及び視聴者や出演者の作品を紹介するコーナー。
潜友(せんゆう)自慢
視聴者の身近にいる潜友やこうやって潜友を増やしたという体験談を紹介するコーナー。
諜報班にお願い
視聴者が知りたいMGSPWに関する情報をMSF諜報班が調査し、公開するコーナー
ピースウォーカー感想文
MGSPW発売後から募集のコーナー。視聴者のMGSPWを遊んだ感想を紹介するコーナー。
戦場写真
視聴者がMGSPWで撮影した写真及びイラストを紹介するコーナー。採用された写真やイラストは「カズラジ。」公式サイト内で掲載される[2]

出演者[編集]

パーソナリティー[編集]

杉田智和
カズヒラ・ミラー
菊地由美[3]
ストレンジラブ役 ※第3回からVOCALOIDコーナーを担当[4]

番組に登場する主なMSFスタッフ[編集]

マングース
ミラーの補佐的なポジションのスタッフ。第2回以降ミラーによって名前が「マンホール」に改名されてしまう[5]
ホーネット
ヘリコプターで上空を旋回しているスタッフ[6]。ミラーに視聴者からのメールや物資をダンボールに積めて支援を行っている[7]。誤ってミラーの頭上にダンボールを投下してしまうこともある。

その他[編集]

B・B(ビー・ビー)(第1回 - 第6回)
声 - ???
カズがMGSPWを一刻も早く手に入れようとするのを悉く邪魔する謎の存在。その正体は第6回の放送で明らかになる。
ミスターストレンジラヴ(第5回)
ヒデラジにも登場しているロボットで構想3年、「ときめきメモリアル」のプログラミングを応用して作られた。ストレンジラブによると「お蔵入り」ならぬ「スタジオ入り」しており、たまに現れるとのこと。

スタッフ[編集]

  • 企画・プロデュース:小島秀夫
  • 編集/MA:島野真好
  • VOCALOID博士:渡邉雅史
  • 音響効果:照田明弘&MGSPWサウンドチーム
  • 構成・演出:村田周陽
  • スペシャルサンクス:MGSPW制作チーム
  • カズラジ。ロゴ写真(第22回 - 第24回):小島秀夫
  • ロゴ写真・モデル(第22回 - 第24回):杉田智和(カズヒラ・ミラー)、菊地由美(ストレンジラブ)
  • ロゴ写真・衣装協力(第22回 - 第24回):ジャッキー道斎、OMI KERO GIBSON
  • カズラジ。ロゴ協力(第22回 - 第24回):高田憲郎

主な内容とゲスト[編集]

配信日 シーズン 放送回 配信タイトル ゲスト(括弧内は役職もしくはラジオ内で演じた役名)
2010年3月25日 1st #01 ピースウォーカー入手計画 カズヒラ・ミラーの「カズラジ。」 -
2010年4月1日 #02 大塚明夫スネーク役)
2010年4月9日 #03
2010年4月16日 #04 -
2010年4月23日 #05 水樹奈々(パス・オルテガ・アンドラーデ役)[8]
2010年4月27日 #06 小島秀夫(小島プロダクション監督)、新川洋司(小島プロダクションアートディレクター)
2010年5月7日 - #07 カズヒラ・ミラーの「カズラジ。」番外篇[9] -
2010年5月21日 #08 ラモン・ガルベス・メナの「ガルラジ。」 大塚芳忠(ラモン・ガルベス・メナ役)[10]
2010年6月4日 2nd #09 マザーベースほぼ三億人計画 カズヒラ・ミラーの「カズラジ。」 -
2010年6月18日 #10 カズヒラ・ミラーの「カズラジ。」カズラジ。ブートキャンプ! 塩澤快浩早川書房S-Fマガジン」編集長)、矢野健二(角川書店メディア局局次長)[11]
小島秀夫(小島プロダクション監督)、伊藤計劃(SF作家)[12]
2010年6月23日 #11
2010年7月2日 #12 マザーベースほぼ三億人計画 カズヒラ・ミラーの「カズラジ。」 小林ゆう(セシール・コジマ・カミナンデス役)[13]
2010年7月16日 #13 朴璐美(アマンダ・バレンシアノ・リブレ役)
2010年7月30日 #14 -
2010年8月13日 #15 井上喜久子(チコ、ザ・ボス、ローズ・マリー、サニー役)
2010年8月27日 #16 -
2010年9月3日 - #16.5 ヒデオ・コジマの「ヒデラジ。」[14] -
2010年9月10日 2nd #17 マザーベースほぼ三億人計画 カズヒラ・ミラーの「カズラジ。」 大塚明夫(スネーク役)、小島秀夫(小島プロダクション監督)
2010年10月15日 3rd #18 ガブリエル・ベルモンドの「ガブラジ。」 藤原啓治(ガブリエル・ベルモンド役)
2010年10月29日 #19
2010年11月12日 #20 ジョナサン・イングラムの「ジョイラジ。」 田中秀幸(ジョナサン・イングラム、ヒューイ[15]役)
2010年11月26日 #21
2010年12月10日 #22 カズヒラ・ミラーの「カズラジ。」 麦人(ホット・コールドマン、ゾベック[16]役)
藤原啓治(ガブリエル・ベルモンド役)、小林ゆう(クローディア[16]、ババ・ヤーガ[17]役)
2010年12月17日 #23
2010年12月24日 #24 小島秀夫(小島プロダクション監督)
2010年12月28日 - - 『METAL GEAR SOLID PEACE WALKER』CM -THE COMPLETE-[18] -
- - - カズラジ。OUTER OPS 「ボスラジ。」[19] -

「カズラジ。」V[編集]

YouTubeにて配信している公式動画。出演者は杉田智和と菊地由美。小島プロダクション監督、小島秀夫の公式ブログ・HIDEOBLOGでも視聴可能。尚、カメラ撮影は杉田が行っている。

エピソード・逸話[編集]

  • パーソナリティである杉田と親交が深い中村悠一SP田中羽海野チカの話題が頻繁に出てくる[20]
  • ラジオ内ではパーソナリティである杉田が銀河万丈若本規夫等、MGSシリーズにゆかりのある声優の物まねを行っている。
  • このラジオの影響について小島秀夫は『ヒデラジ。』にて、「『カズラジ。』の影響で『ヒデラジ。』の小中学生や女性のリスナーが増えた」ことを言及している。

出典・脚注[編集]

  1. ^ 本来はMGSPW発売と共に終了する予定だったが、視聴者からの反響もあって第24回まで放送を行った。
  2. ^ アメーバブログ内の公式ブログでも画像が紹介される。
  3. ^ 第1回ではスペシャルサンクスにクレジットされている。
  4. ^ 登場は第2回から。
  5. ^ 周辺警備が穴だらけなことから(実際はスネークの潜入によって気絶させられていた)。改名以降登場・退出音がマンホールの蓋を開け閉めする音になっている。
  6. ^ 第1回では、何故か電車に乗っていた。
  7. ^ 時代が異なったり宇宙空間だったりするはずなのに、何故かダンボール支援が出来ている。
  8. ^ 第3回、第4回ではゲーム内の音声による登場はしている。
  9. ^ MGSPWの発売記念イベントの様子を収録されたものとなっている。
  10. ^ 序盤はカズに代わりパーソナリティを務めていた。
  11. ^ メタルギアシリーズのムック本「METAL GEAR SOLID naked」の執筆者。「ヒデラジ。」では小島と共に半年に1回映画の評論を行うのが慣例になっている。
  12. ^ METAL GEAR SOLID GUNS OF THE PATRIOTS』の作者。「ヒデラジ。」にゲスト出演時のトークを抜粋している。
  13. ^ その他、動物の鳴き声等の物まねも行っている。
  14. ^ MGSPWサマーキャンプの予選会場で行われた公開録音での様子が収録されている。
  15. ^ 第20回のみ
  16. ^ a b 第22回のみ
  17. ^ 第23回のみ
  18. ^ 「カズラジ。」内で流れたMGSPWのCMの総集編
  19. ^ ドラマCD「メタルギアソリッド ピースウォーカー -平和とカズヒラのブルース-」内収録の特別編。
  20. ^ 尚、話題が頻繁に出てくるのはこのラジオに限らず『杉田智和のアニゲラ!ディドゥーーン』等でも挙がっている。

関連項目[編集]

  • 戸島壮太郎 - 元小島プロダクションサウンドプロデューサーで愛称はトジーン。ヒデオ・コジマの「ヒデラジ。」で出演当時の音声が所々で流れていた。

外部リンク[編集]