TRAPPIST-1c

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
TRAPPIST-1c
TRAPPIST-1cの想像図 (2017年2月時点の観測データに基づいたもの)
TRAPPIST-1cの想像図
(2017年2月時点の観測データに基づいたもの)
星座 みずがめ座
分類 太陽系外惑星
岩石惑星
軌道の種類 周回軌道
発見
発見年 2016年[1]
発見者 TRAPPIST望遠鏡英語版
発見方法 トランジット法
軌道要素と性質
軌道長半径 (a) 0.01581512 ± 0.00000015 au[2]
(2,365,942 ± 22 km)
離心率 (e) 0.00654 ± 0.00188[2]
公転周期 (P) 2.42180746 ± 0.00000091 [3]
軌道傾斜角 (i) 89.67 ± 0.17°[4]
近点引数 (ω) 282.45 ± 17.10°[2]
昇交点黄経 (Ω) 69.86 ± 17.30°[2]
通過時刻 7282.80879 ± 0.00018 BJD[3]
TRAPPIST-1[1]の惑星
位置
元期:J2000.0
赤経 (RA, α) 23h 06m 29.36s[5]
赤緯 (Dec, δ) -05° 02′ 29.2″[5]
固有運動 (μ) 赤経: 922.1 ミリ秒/[5]
赤緯: -471.9 ミリ秒/年[5]
距離 39.4 ± 1.3 光年
(12.1 ± 0.4 パーセク[1]
物理的性質
直径 13,968 km
半径 1.095+0.030
−0.031
R[2]
表面積 6.116×108 km2
体積 1.422×1012 km3
質量 1.156+0.142
−0.131
M[2]
平均密度 0.883+0.083
−0.078
ρ[2]
(4,869+457
−430
kg/m3
表面重力 0.966+0.092
−0.087
g[2]
(9.47+0.90
−0.85
m/s2
表面温度 334.8 ± 4.7 K[3]
341.9 ± 6.6 K[6]
大気圧 不明
別名称
別名称
2MASS J23062928-0502285 c[7]
Template (ノート 解説) ■Project

TRAPPIST-1c地球から見てみずがめ座の方向に39.4光年離れた位置にある赤色矮星TRAPPIST-1公転している太陽系外惑星である。2016年TRAPPIST望遠鏡英語版によってトランジット法で発見された[6][8]

特徴[編集]

大きさの比較
地球 TRAPPIST-1c
地球 Exoplanet

TRAPPIST-1cは地球の1.095倍の大きさを持つ岩石惑星とされている。質量は当初、地球の1.15倍[9]や、1.38倍[4]などと、観測結果によって若干のばらつきがあったが、2018年2月に発表された観測結果により、現在は1.156倍前後という値になっている[2]。また、これまで質量の誤差が大きかったため、詳細に求められなかった密度表面重力の値が詳細に求められ、TRAPPIST-1cは地球の0.883倍の密度を持ち、表面の重力の強さは地球の0.966倍である事も判明した[2]。密度が大きいため、TRAPPIST-1cは地球と同じように岩石で出来ており、、厚い大気は存在しないと考えられている[2][10]

主星からの距離は地球からまでの約6倍しかない約0.0158au(約237万km)で、わずか2日半で公転している。c:b=8:5、d:c=5:3という軌道共鳴の関係が見られる[6]

大気[編集]

TRAPPIST-1bとTRAPPIST-1cが同時にトランジットを起こす想像図[11]

2016年5月4日、TRAPPIST-1cはその内側を公転するTRAPPIST-1bと共に同時にトランジット(恒星面通過)を起こした。その様子はハッブル宇宙望遠鏡によって観測され、大気成分の分析を試みた。その結果、詳細な大気成分は判明しなかったが、少なくともガス惑星のような水素などで満たされた大気ではないと判明した[12][13]

画像[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c Planet TRAPPIST-1 c”. The Extrasolar Planet Encycloapedia. 2018年3月15日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k Grimm, Simon L.; Demory, Brice-Olivier; Gillon, Michael; Dorn, Caroline; Agol, Eric; Burdanov, Artem; Delrez, Laetitia; Sestovic, Marko et al. (2018年2月5日). “The nature of the TRAPPIST-1 exoplanets”. arXiv:1802.01377v1 [astro-ph.EP]. Bibcode2018arXiv180201377G. doi:10.1051/0004-6361/201732233. 
  3. ^ a b c Delrez, Laetitia; Gillon, Michael; H.M.J, Amaury; Brice-Oliver Demory, Triaud; de Wit, Julien; Ingalls, James; Agol, Eric; Bolmont, Emeline et al. (2018年1月9日). “Early 2017 observations of TRAPPIST-1 with Spitzer”. arXiv:1801.02554v1 [astro-ph.EP]. Bibcode2018MNRAS.475.3577D. doi:10.1093/mnras/sty051. 
  4. ^ a b Gillon, Michaël; Triaud, Amaury H. M. J.; Demory, Brice-Olivier; Jehin, Emmanuël; Agol, Eric; Deck, Katherine M.; Lederer, Susan M.; de Wit, Julien et al. (2017). “Seven temperate terrestrial planets around the nearby ultracool dwarf star TRAPPIST-1”. Nature 542 (7642): 456-460. doi:10.1038/nature21360. ISSN 0028-0836. http://www.eso.org/public/archives/releases/sciencepapers/eso1706/eso1706a.pdf. 
  5. ^ a b c d Result for TRAPPIST-1c”. SIMBAD Astronomical Database. CDS. 2018年3月15日閲覧。
  6. ^ a b c Temperate Earth-sized planets transiting a nearby ultracool dwarf star”. ESO (2016年5月2日). 2018年3月7日閲覧。
  7. ^ TRAPPIST-1”. Open Exoplanet Catalogue. 2018年3月15日閲覧。
  8. ^ 超低温の矮星の周りに、生命が存在しうる地球サイズの惑星3つを発見”. AstroArts (2016年5月9日). 2018年3月7日閲覧。
  9. ^ Janna K. Barstow; Patrick G. J. Irwin (2016年6月7日). “Habitable worlds with JWST: transit spectroscopy of the TRAPPIST-1 system?”. arXiv:1605.07352v2 [astro-ph.EP]. Bibcode2016MNRAS.461L..92B. doi:10.1093/mnrasl/slw109. 
  10. ^ TRAPPIST-1の惑星に地球に似た大気や大量の水が存在か”. AstroArts. 2018年3月15日閲覧。
  11. ^ Artist's view of planets transiting red dwarf star in TRAPPIST-1 system Artist's view of planets transiting red dwarf star in TRAPPIST-1 system”. Spacetelescope. 2018年3月7日閲覧。
  12. ^ 地球サイズの系外惑星の大気を初観測”. AstroArts (2016年7月25日). 2018年3月15日閲覧。
  13. ^ de Wit, Julien; Wakeford, Hannah R.; Gillon, Michaël; Lewis, Nikole K.; Valenti, Jeff A.; Demory, Brice-Olivier; Burgasser, Adam J.; Burdanov, Artem et al. (2016). “A combined transmission spectrum of the Earth-sized exoplanets TRAPPIST-1 b and c”. Nature 537 (7618): 69-72. doi:10.1038/nature18641. ISSN 0028-0836. 
  14. ^ This Weird Planetary System Seems Like Something From Science Fiction”. NBC News. 2018年3月7日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]