TRAPPIST-1g

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
TRAPPIST-1g[1]
TRAPPIST-1gの想像図
TRAPPIST-1gの想像図
星座 みずがめ座
分類 太陽系外惑星
岩石惑星
軌道の種類 周回軌道
発見
発見年 2017年
発見方法 トランジット法
軌道要素と性質
軌道長半径 (a) 0.0451 ± 0.0014 au[2]
(674万6960 ± 20万9440 km)
離心率 (e) 0.003 ± 0.002[3]
公転周期 (P) 12.35281 ± 0.00044 [3]
軌道傾斜角 (i) 89.710 ± 0.025°[2]
通過時刻 7529.4724 ± 0.0058 BJD[3]
TRAPPIST-1の惑星
位置
元期:J2000.0[4]
赤経 (RA, α) 23h 06m 29.36s[4]
赤緯 (Dec, δ) -05° 02′ 29.2″[4]
赤方偏移 -0.000188[4]
視線速度 (Rv) -56.3 km/s[4]
固有運動 (μ) 赤緯: 922.1 ミリ秒/[4]
赤緯: -471.9 ミリ秒/年[4]
年周視差 (π) 82.58 ± 2.58ミリ秒[4]
(誤差3.1%)
距離 39 ± 1 光年[注 1]
(12.1 ± 0.4 パーセク[注 1]
物理的性質
直径 13,330 km
半径 1.127 ± 0.041 R[2]
表面積 6.48×108 km2
体積 1.55×1012 km3
質量 0.566 ± 0.038 M[3]
平均密度 2.18 ± 0.28 g/cm3[3]
表面温度 198.6 ± 3.8 K[2]
年齢 30 - 80億年[5]
別名称
別名称
2MASS J23062928-0502285 g
Template (ノート 解説) ■Project

TRAPPIST-1gは、地球から見てみずがめ座の方向に39.4光年離れた位置にある赤色矮星TRAPPIST-1を公転している太陽系外惑星である。

発見[編集]

2016年9月19日から9月20日にかけて、スピッツァー宇宙望遠鏡がTRAPPIST-1を観測した際に発見された[6]。発見時には、すでにTRAPPIST-1系には、TRAPPIST-1bTRAPPIST-1cTRAPPIST-1dの3つの惑星の存在が知られていた[7][8]が、この時のTRAPPIST-1dの公転周期などの軌道要素が確定されていなかった。しかし、今回の観測で、dの確定しなかった軌道要素がTRAPPIST-1d、TRAPPIST-1eTRAPPIST-1f、TRAPPIST-1gの4つの惑星によるものだった事が判明した[2]

特徴[編集]

大きさの比較
地球 TRAPPIST-1g
地球 Exoplanet
TRAPPIST-1系(真ん中)、太陽系の内惑星系(下)、木星ガリレオ衛星(上)の軌道を比較した図

TRAPPIST-1gは、半径が地球の1.127倍、質量は2月の発表では地球の1.34倍となっていた[2]が、4月の発表では、0.566倍となった[3]。また、半径と予想される密度から、重力は地球の1.06倍になると推定されている。TRAPPIST-1系の惑星の中では、最も大きい。その大きさから、TRAPPIST-1gは地球のような岩石惑星であると推測されている。主星のTRAPPIST-1からは0.0451au(約674万km)しか離れておらず、これは太陽から水星までの距離(0.387au[9])の約8分の1しかない。しかし、主星のTRAPPIST-1が「超低温矮星」と呼ばれる、恒星の中でも最小級の分類に属されるため、主星から受ける熱やエネルギーはそれほど大きくないであろう。公転周期は約12日で、g:f=4:3という軌道共鳴の関係が見られる[2]

TRAPPIST-1gはTRAPPIST-1のハビタブルゾーン内を公転しているとされ、表面温度は199K(-74℃)である。仮に水が存在するとしても、これは水がに凍ってしまう温度になる。しかし、仮に自転と公転の同期が発生しているとすると、惑星の片面は常に恒星にさらされるため、氷が解けてを形成しているかもしれない。この条件が整っている場合、生命が誕生している可能性も考えられる。しかし、自転と公転が同期していれば、惑星全体で昼側から夜側への強風が吹き、地球とは環境が大きく異っている可能性もある[6]。地球にどれだけ組成が似ているかを示すESIの値は、0.58である[10]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b パーセクは1 ÷ 年周視差(秒)より計算、光年は1÷年周視差(秒)×3.2615638より計算

出典[編集]

  1. ^ Planet TRAPPIST-1 g”. The Extrasolar Planet Encycloapedia. 2017年5月8日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g Gillon, Michaël; Triaud, Amaury H. M. J.; Demory, Brice-Olivier; Jehin, Emmanuël; Agol, Eric; Deck, Katherine M.; Lederer, Susan M.; de Wit, Julien et al. (2017). “Seven temperate terrestrial planets around the nearby ultracool dwarf star TRAPPIST-1”. Nature 542 (7642): 456-460. doi:10.1038/nature21360. ISSN 0028-0836. http://www.eso.org/public/archives/releases/sciencepapers/eso1706/eso1706a.pdf. 
  3. ^ a b c d e f Wang, Songu; Wu, Dong-Hong; Barclay, Thomas; Laughlin, Gregory P. (2017年4月13日). “Updated Masses for the TRAPPIST-1 Planets”. arXiv:1704.04290 [astro-ph.EP]. 
  4. ^ a b c d e f g h 2MASS J23062928-0502285 -- High proper-motion Star”. SIMBAD. 2017年5月8日閲覧。
  5. ^ Luger, Rodrigo; Sestovic, Marko; Kruse, Ethan; Grimm, Simon L.; Demory, Brice-Oliver (2017年3月12日). “A terrestrial-sized exoplanet at the snow line of TRAPPIST-1”. arXiv:1703.04166 [astro-ph.EP]. 
  6. ^ a b 超低温の矮星の周りに、生命が存在しうる地球サイズの惑星3つを発見”. AstroArts (2016年5月9日). 2017年5月8日閲覧。
  7. ^ Could these newly-discovered planets orbiting an ultracool dwarf host life?”. ガーディアン (2016年5月2日). 2017年5月9日閲覧。
  8. ^ Temperate Earth-sized planets transiting a nearby ultracool dwarf star”. ヨーロッパ南天天文台 (2016年5月2日). 2017年5月8日閲覧。
  9. ^ Mercury fact sheet”. NASA. 2017年5月8日閲覧。
  10. ^ Habitable Exoplanets Catalog”. Planetary Habitability Laboratory. プエルトリコ大学アレシボ校. 2017年5月8日閲覧。

関連項目[編集]