地球半径

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ちきゅうはんけい
地球半径
The Earth seen from Apollo 17.jpg
記号 RER
天文単位系
長さ
SI 正確に 6 378 137m
定義 地球の赤道半径
由来 地球の赤道半径
テンプレートを表示

地球半径(ちきゅうはんけい、Earth Radius)とは、天文学において地球半径を長さの単位として用いる場合における、その数値である。その値は6 378 137 m = 6378.137 kmであり、その記号はRE、またはRである。

地球半径は、測地測量の基準とするGRS80準拠楕円体WGS84準拠楕円体で用いられる地球の赤道半径の定義値と同一である。ただし、赤道半径の実測値の最良推定値は、6 378 136.6 m ± 0.1 m である(地球#実測による大きさ)。

地球半径は、主に小さな太陽系外惑星の大きさの比較に用いられる。地球半径は以下の単位に換算される。

関連項目[編集]

出典[編集]