スーパーWASP

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スーパーWASPのカメラ

スーパーWASPは全天に亘って、15等級までの太陽系外惑星通過を検出するプロジェクトである。WASPとはWide Angle Search for Planetsという言葉の略である。

スーパーWASPは、2つの機械的な観測から成り立っている。北半球ではカナリア諸島ラ・パルマ島ロケ・デ・ロス・ムチャーチョス天文台、南半球では南アフリカ共和国南アフリカ天文台が担当している。それぞれの天文台には、2k×2kの高品質のCCDイメージセンサを備えた8機のキヤノン200 mm f1.8レンズを設置している。望遠鏡はOptical Mechanics, Inc.で作られたものである[1]。キヤノンのレンズの広い視野により、それぞれの天文台で点当たり500°という広い範囲の観測が可能である。

天文台は継続的に観測を行ない、およそ1分間に1枚の画像を撮影する。これは一晩では合計100ギガバイトのデータ量に及ぶ。トランジット法を用いることにより、集められたデータでそれぞれの画像ごとの各恒星の明るさを測定し、恒星の前面を通過する大きな惑星による恒星の明るさのわずかな変化を検出することができる。

スーパーWASPは、Instituto de Astrofisica de Canarias、the Isaac Newton Group of Telescopes、キール大学レスター大学オープン大学クイーンズ大学ベルファストセント・アンドルーズ大学の8つの研究機関からなるコンソーシアムによって運営されており、将来の地球型惑星探索のために惑星の進化を解明することが期待されている。

成果[編集]

2006年9月26日、スーパーWASPのチームは2つの太陽系外惑星WASP-1b(恒星の周囲600万kmの距離を2.5日周期で公転)とWASP-2b(恒星の周囲450万㎞の距離を2日周期で公転)の発見を公表した[2]

2007年10月31日、スーパーWASPのチームは3つの太陽系外惑星WASP-3bWASP-4bWASP-5bの発見を公表した。この3つの太陽系外惑星は木星質量とほぼ同じで、主星に非常に近い軌道を公転しているため公転周期は2日以下である。これらは、既知の太陽系外惑星では最も短い周期である。恒星から非常に近い位置にあるため、惑星の表面温度は2000度を超えている。北半球と南半球の両方でトランジット法により惑星を検出したのは、スーパーWASPが初めてで、またこれまで唯一である[3]。WASP-4bとWASP-5bは南アフリカのWASPのカメラで初めて発見された惑星であり、WASP-3bはラ・パルマ島のカメラで3番目に発見された惑星である。

2009年8月には、主星(WASP-17)の自転方向と逆方向に公転すると考えられている初めての惑星WASP-17bの発見が公表された。

スーパーWASPによって発見された惑星[編集]

恒星 星座 赤経 赤緯 等級 距離 (光年) スペクトル型 惑星 質量
(木星質量)
半径
(木星半径)
軌道周期
()
軌道長半径
(天文単位)
軌道離心率 軌道傾斜角
(°)
Discovery
year
WASP-1 アンドロメダ座 00h 20m 40s +31° 59′ 24″ 11.79 1031 F7V b 0.89 1.44 2.51997 0.0382 0 83.9 2006
WASP-2 いるか座 20h 30m 54s +06° 25′ 46″ 11.98 493 K1V b 0.914 1.117 2.152226 0.03138 0 84.8 2006
WASP-3 こと座 18h 33m 32s +35° 39′ 42″ 10.64 727 F7V b 1.76 1.31 1.846834 0.0317 0 2007
WASP-4 ほうおう座 23h 34m 15s -42° 03′ 41″ 12.6 851 G7V b 1.1215 1.416 1.3382282 0.0230 0 89.35 2007
WASP-5 ほうおう座 23h 57m 24s -41° 16′ 38″ 12.26 967 G4V b 1.58 1.09 1.6284296 0.02683 0 85+ 2007
WASP-6 みずがめ座 23h 12m 37s -22° 40′ 06″ 12.4 1001 G8V b 0.5 1.3 3.36 0.0269 2008
WASP-7 けんびきょう座 20h 44m 10s -39° 13′ 31″ 9.51 460 F5V b 0.96 0.915 4.954658 0.0618 0 89.6 2008
WASP-8 未公表a 未公表a 未公表a 9.9 160 G6 b 2.23 1.17 8.16 0.0793 2008
WASP-10 ペガスス座 23h 15m 58s +31° 27′ 46″ 12.7 290 K5 b 3.06 1.08 3.0927616 0.0371 0.057 86.8 2008
WASP-11/HAT-P-10 ペガスス座 03h 09m 29s +30° 40′ 25″ 11.89 408 K3V b 0.460 1.045 3.7224690 0.0439 0 88.5 2008
WASP-12 ぎょしゃ座 06h 30m 32.794s +29° 40′ 20.29″ 11.7 871 G0V b 1.12 1.68 1.09 0.0207 2008
WASP-13 やまねこ座 09h 20m 24.71s +33° 52′ 57.0″ 10.7 509 G1V b 0.46 1.21 4.35 0.0522 86.9 2008
WASP-14 うしかい座 14h 33m 06s +21° 53′ 41″ 9.75 520 F5V b 7.725 1.259 2.243756 0.037 0.095 84.79 2008
WASP-15 うみへび座 13h 55m 42.71s -32° 09′ 34.6″ 10.9 1005 F5 b 0.54 1.16 3.75 0.0472 2008
WASP-16 おとめ座 14h 18m 43.92s -20° 16′ 31.8″ 11.3 G3V b 0.855 1.008 3.12 0.0421 0 85.22 2009
WASP-17 さそり座 15h 59m 51s -28° 03′ 42″ 11.6 1000 F6 b 0.49 1.74 3.74 0.051 0.129 87.8 2009
WASP-18 ほうおう座 01h 37m 25s -45° 40′ 41″ 9.29  ?  ? b ~10  ? 0.94  ?  ?  ? 2009
  • WASP-9b は発見が公表された後に報告が取り下げられたため欠番となっている。
  • WASP-11b/HAT-P-10b は、スーパーWASP計画が恒星の座標を明かさずに観測を続けていた天体をHATネット計画が独立して発見・報告したものである。

脚注[編集]

  • Note a: 2009年5月27日時点で、WASP-8b、WASP-9bについての天球座標系等は公表されていない。

関連項目[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]