スーパー・アース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
スーパーアースから転送)
移動先: 案内検索
スーパー・アースGJ 1214 bの推定サイズを示すイラスト(中央)。左は地球、右は海王星

スーパー・アース英語:super-Earth、巨大地球型惑星)とは、太陽系外惑星のうち地球の数倍程度の質量を持ち、かつ主成分が岩石や金属などの固体成分と推定された惑星のことである。

スーパー・アースの範疇については、おおむね地球質量の数倍 - 10倍程度とされるが、現在のところ固定的な定義はなく、定められる予定もない。

概要[編集]

1995年ペガスス座51番星にて系外惑星が発見されて以来、観測された系外惑星の多くは木星質量前後の巨大ガス惑星であった。しかしその後技術・精度の向上に伴って土星、さらには海王星クラスの低質量惑星が次々と発見され、2005年以降は地球の数倍程度とみられる惑星も報告されるようになってきた。これらのうち地球の10倍程度程度の質量を持つ地球型惑星をスーパー・アース(巨大地球型惑星)と呼ばれるようになった。

スーパーアースでは、その大きさゆえ内部で高圧による圧縮の効果(特に圧縮による温度変化)が大きいためマントルがコアの熱を吸い上げる効率が悪くコアの対流が活発になりにくいため、磁場が弱いだろうと予想されている。またプレートの厚み(マントルの厚みの20%もの分厚いプレートができる可能性がある)も大きいと予想され、したがってプレート運動が生じにくいと予想される。プレート運動を起こすには、プレートを何らかの力で割って、かつそれを何らかの力で沈みこませる必要があるがプレートが分厚くかつマントル対流が弱い、巨大な惑星では難しい。これは生命の維持と発展に不可欠な物質循環が起こりにくいことを示している[1]

スーパー・アースの起源としては、従来の地球型惑星の形成説だけでなく、ガス惑星の大気が中心星からの放射によって剥ぎ取られたという説[2]などがあり、現在研究が進められている。また、太陽の数分の1以下の低質量恒星である赤色矮星での発見が相次いでおり、今後の重要な観測ターゲットとして専門家から注目されている。

また井田茂は、惑星の構成物質にが多く含まれ、なおかつ中心星に近い場合は惑星全域が海に覆われた「オーシャン・プラネット(海洋惑星)」となる可能性も指摘している。(アストロアーツ『月刊星ナビ』2007年9月号)

欧州南天天文台(ESO)によれば、銀河系内のスーパーアースは数百億個存在すると推計している。また、地球から30光年以内のスーパーアースは約100個と推計している[3]

主なスーパー・アースの例[編集]

関連項目[編集]

出典[編集]

 関連文献 [編集]

  • 『スーパーアース (PHPサイエンス・ワールド新書)』井田 茂

外部リンク・参考資料[編集]