ジュノー (探査機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジュノー
Juno
JUNO - PIA13746.jpg
木星に到着したジュノーの想像図
所属 アメリカ航空宇宙局 (NASA)
公式ページ www.missionjuno.swri.edu
国際標識番号 2011-040A
カタログ番号 37773
状態 運用中
目的 木星探査
観測対象 木星
打上げ場所 ケープカナベラル空軍基地 LC-41
打上げ機 アトラスV 551型
打上げ日時 2011年8月5日
16時25分 (UTC)
質量 3,625kg
発生電力 太陽電池
観測機器
MAG 磁力計
MWR マイクロ波放射計
Gravity Science 重力測定実験
JEDI エネルギー粒子検出装置
JADE オーロラ分布観測実験システム
Waves 電波実験
UVS 紫外線撮像スペクトロメーター
JIRAM 赤外線オーロラマッピング装置
JunoCam ジュノーカメラ
テンプレートを表示

ジュノー (Juno) は、中規模の太陽系探査を行うニュー・フロンティア計画の一環として2011年8月5日に打ち上げられたNASA木星探査機である。当初の打ち上げ予定は2009年6月だったが、予算の都合により延期された。2016年7月5日には木星極軌道への投入に成功した。今後は木星の組成、重力場磁場、極付近の磁気圏の詳細な調査を行う予定である。

ジュノーには、木星の衛星を発見したことで知られるイタリアの天文学者ガリレオ・ガリレイを記念するプレートと、ローマ神話の神ジュピターとその妻ジュノー、およびガリレオを模したLEGO人形3体が搭載されている[1]

概要[編集]

ジュノーの飛行経路。

ジュノーは2011年8月5日アトラスVロケットで打ち上げられた。 2012年8月30日、地球スイングバイへ向けた最初の軌道修正が行われたが、エンジンの噴射後に推進剤の圧力が想定より高くなるトラブルが発生したため2度目の軌道修正を延期した[2]。10日後の同年9月14日に2度目の軌道修正が行われた[3]2013年10月9日、ジュノーは地球表面から558kmまで接近し、スイングバイで時速12万6000kmから時速14万kmに加速した。最接近の10分後ジュノーは何らかの故障を検知してセーフモードになり10月11日までこの状態が続いたが、軌道の変更自体は成功しジュノーは木星へ向かう軌道に乗った[4]2016年7月5日に木星を周回する軌道に入った[5][6]

2017年2月18日、NASAはジュノーが同年2月2日に木星の南極上空を通った際に撮影した木星の写真を公開した[7]

ジュノーは、任務を終えたとき意図的に木星の大気圏に突入させ処分することになっている。これは、ジュノーに付着している地球の微生物を生命の存在の可能性があると考えられるエウロパに持ち込み、エウロパの環境を汚染してしまう危険性を排除するためである[8]

年譜[編集]

  • 2011年8月5日 アトラスVロケットで打ち上げ。
  • 2012年8月30日 地球スイングバイへ向けた1回目の軌道修正[2]
  • 2012年9月14日 地球スイングバイへ向けた2回目の軌道修正[3]
  • 2013年10月9日 地球スイングバイ[4]
  • 2016年7月5日 木星の極軌道に入る。
  • 2017年2月18日 ジュノーが撮影した木星の写真がNASAによって公開。
  • 2021年7月30日 軌道を離脱させ木星の大気圏に突入させて処分予定[9]

特徴[編集]

ジュノーの観測機器

木星以遠を調査する惑星探査機としては初めて、原子力電池 (RTG) ではなく太陽電池パネルで電力を得るシステムを採用した[10]。 木星軌道では地球軌道で得られる太陽エネルギーの4%しか得ることができないため、3枚の大型の太陽電池パネルを展開して必要な電力を確保する。もし、地球軌道で使えば12-14kWの電力が得られるが、木星軌道では486Wの発電量となる[11][12]

画像[編集]

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ “LEGOフィギュアが木星探査機の乗組員に”. WIRED. http://wired.jp/2011/08/04/legoフィギュアが木星探査機の乗組員に/ 2011年11月3日閲覧。 
  2. ^ a b “Jupiter-Bound Probe's Maneuver in Deep Space Delayed”. SPACE.COM. (2012年9月5日). http://www.space.com/17460-juno-jupiter-spacecraft-engine-maneuver-delay.html 2012年9月6日閲覧。 
  3. ^ a b “Juno's Two Deep Space Maneuvers are 'Back-To-Back Home Runs'”. NASA. (2012年9月17日). http://www.jpl.nasa.gov/news/news.php?release=2012-291&rn=news.xml&rst=3519 2012年12月24日閲覧。 
  4. ^ a b “NASA Jupiter Probe Recovers from Earth Flyby Glitch”. SPACE.COM. (2013年10月14日). http://www.space.com/23189-juno-jupiter-spacecraft-glitch-recovery.html 2013年10月16日閲覧。 
  5. ^ 探査機「ジュノー」、木星上空に到達 2016年07月05日 11時04分読売新聞2016年7月5日閲覧
  6. ^ NASA探査機「ジュノー」、木星到達 構造や磁場観測 2016/7/5 12:03 (2016/7/5 13:05更新) 日本経済新聞2016年7月5日閲覧
  7. ^ 木星の南極上空から見た嵐、無人探査機「ジュノー」が撮影 AFP(2017年2月19日)2017年2月19日閲覧
  8. ^ “Juno slingshots past Earth on its way to Jupiter”. Iowa Now. (2013年10月7日). http://now.uiowa.edu/2013/09/juno-slingshots-past-earth-its-way-jupiter 2014年2月11日閲覧。 
  9. ^ https://pds.jpl.nasa.gov/ds-view/pds/viewMissionProfile.jsp?MISSION_NAME=JUNO
  10. ^ “ULA Atlas V launches NASA’s Juno on a path to Jupiter”. NASASpaceflight.com. (2011年8月5日). http://www.nasaspaceflight.com/2011/08/ula-atlasv-nasa-juno-jupiter/ 2014年2月11日閲覧。 
  11. ^ “Juno Spacecraft Information”. Spaceflight101.com. http://www.spaceflight101.com/juno-spacecraft-information.html 2014年2月11日閲覧。 
  12. ^ “Radiation: Lessons Learned”. ESA. http://sci.esa.int/science-e/www/object/doc.cfm?fobjectid=46360 2014年2月11日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]