阿部伸行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
阿部 伸行 Football pictogram.svg
名前
愛称 アベノブ[注 1]、ノブ[2]
カタカナ アベ ノブユキ
ラテン文字 ABE Nobuyuki
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1984-04-27) 1984年4月27日(34歳)
出身地 東京都東大和市[3]
身長 186cm
体重 80kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 AC長野パルセイロ
ポジション GK
背番号 16
利き足 左足[2]
ユース
1994-1996
1997-1999
2000-2002
2003-2006
大和サンデーズ
東大和市立第三中学校
FC東京U-18
流通経済大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2005-2006 流通経済大学 17 (0)
2007-2010 FC東京 0 (0)
2011-2014 湘南ベルマーレ 74 (0)
2015-2016 ギラヴァンツ北九州 48 (0)
2017- AC長野パルセイロ
1. 国内リーグ戦に限る。2016年11月20日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

阿部 伸行(あべ のぶゆき、1984年4月27日 - )は、東京都東大和市出身のサッカー選手。ポジションはゴールキーパー(GK)

来歴[編集]

小学校4年生(9歳[2])時にサッカーを始める[1]。FC東京ファンの両親の影響もあって[1]、高校生時にはFC東京U-18に加入。高校2年時(2001年)にはクラブユース選手権で優勝を経験している[3]。シュートストップを磨いて[1]、3年時(2002年)にはトップチームの練習に帯同したものの昇格は叶わず[4]2003年流通経済大学へ進学。同大学サッカー部では先輩の塩田仁史が卒業しFC東京へ入団した後を引き継ぎゴールマウスを守った。コーチングやキック精度を高め[1]、4年時(2006年)には関東大学リーグ1部で優勝。同期には阿部嵩糸数昌太久保田圭一難波宏明西森正明船山祐二らがいた。全日本大学選抜にも選出され、2度のデンソーカップ優勝を果たし、ベストGKにも選出された[3]2004年1月にはカタール国際ユーストーナメントで正GKを務めた。

2005年にJFA特別指定選手となりFC東京の練習に参加[5]2007年に大学を卒業し、FC東京に正式に入団した[6]。FC東京において下部組織から大学経由でトップチーム入りした例は阿部が初[1]。2007年は、塩田と土肥洋一の控えとしてリーグ戦4試合でベンチ入りしたが[7]、土肥が退団した2008年には新加入の荻晃太が第2GKに据えられ、ベンチ入りすらできなかった。2009年は、塩田が虫垂炎腸閉塞を発症するなどシーズン開幕前からGKに離脱者が相次いだが、阿部もキャンプでフルメニューをこなすことができず、開幕スタメンには権田修一が入り、そのまま正GKとして定着。塩田もシーズン半ばに復帰したため、阿部が出場機会を得ることはなく[8]2010年限りで退団した。2008年から2010年にはJリーグ選手協会の副支部長を務めている[9]

2011年湘南ベルマーレに完全移籍[3][10]。同年10月8日天皇杯2回戦ファジアーノ岡山ネクスト戦でプロ入り後初の公式戦出場を果たしたが[11]野澤洋輔西部洋平の前にレギュラーを掴むには至らなかった。持ち前のキックを武器に地道な努力を続け[12]、両選手が退団した2012年には京都との開幕戦で念願のリーグ戦初出場を果たし、その後も金永基を抑えて正GKの座を掴み、3年ぶりのJ1昇格に貢献した[12]2013年は自身初となるJ1での出場を続けていたが、J1第13節広島戦での頭部裂傷[13] を機に以後は控えとなり[14]、13試合の出場に留まった。同年結婚[12]。2014年は日本人最年長選手として若いチームを支えたが[15]、シーズン開幕前の負傷が響いて[16] 正GKには新加入の秋元陽太が据えられ、出場機会は無かった。同年限りで湘南とは契約満了[17]

2015年よりギラヴァンツ北九州へ完全移籍[18][19]

2017年AC長野パルセイロに完全移籍[20]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
2005 流経大 1 JFL 11 0 - - 11 0
2006 6 0 - 0 0 6 0
2007 FC東京 31 J1 0 0 0 0 0 0 0 0
2008 21 0 0 0 0 0 0 0 0
2009 0 0 0 0 0 0 0 0
2010 0 0 0 0 0 0 0 0
2011 湘南 27 J2 0 0 - 2 0 2 0
2012 37 0 - 1 0 38 0
2013 1 J1 13 0 2 0 0 0 15 0
2014 J2 0 0 - 0 0 0 0
2015 北九州 24 0 - 1 0 25 0
2016 24 0 - 2 0 26 0
2017 長野 16 J3 30 0 - 0 0 30 0
2018 -
通算 日本 J1 13 0 2 0 0 0 15 0
日本 J2 85 0 - 5 0 91 0
日本 J3 30 0 - 0 0 30 0
日本 JFL 17 0 - 0 0 17 0
総通算 145 0 2 0 5 0 153 0

タイトル[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
注釈
  1. ^ FC東京に在籍していた阿部吉朗川口信男(ノブ)との区別を図るため[1]
出典
  1. ^ a b c d e f g h 『FC東京ファンブック2007』 毎日新聞社2007年、54頁。
  2. ^ a b c 『Jリーグ選手名鑑 2014J1・J2・J3エルゴラッソ特別編集』 三栄書房2014年、207頁。
  3. ^ a b c d e f g h i 阿部伸行選手 湘南ベルマーレへ完全移籍決定のお知らせ FC東京 (2010年12月8日)
  4. ^ 流経大阿部獲得 大学選抜GK 東京中日スポーツ (2006年10月18日)
  5. ^ a b 阿部伸行選手(流通経済大学)「JFA・Jリーグ 特別指定選手」承認のお知らせ - ウェイバックマシン(2005年11月24日アーカイブ分) FC東京 (2005年8月31日)
  6. ^ 阿部伸行選手 (流通経済大学) 来季新加入内定のお知らせ - ウェイバックマシン(2006年10月28日アーカイブ分) FC東京 (2006年10月17日)
  7. ^ 選手出場記録 Jリーグ (2007年12月1日)
  8. ^ 選手出場記録 Jリーグ (2009年12月5日)
  9. ^ Jリーグ選手協会 JPFA 役員名簿2008 同2009 同2010
  10. ^ 阿部伸行選手 加入のお知らせ 湘南ベルマーレ、2010.12.08閲覧
  11. ^ 【馬入日記:10月8日】巻選手が復帰弾!&阿部選手が初出場! 湘南ベルマーレ、2011.10.08
  12. ^ a b c 阿部 古巣に存在感見せる (cache) 東京中日スポーツ (2013年5月11日)
  13. ^ 【湘南】阿部接触で流血も交代せず/J1 日刊スポーツ (2013年5月25日)
  14. ^ 選手出場記録 Jリーグ (2013年12月7日)
  15. ^ 月刊J2マガジン 2014年7月号』 ベースボール・マガジン社2014年、13頁。
  16. ^ [湘南]今季初のベンチ入りを果たした阿部伸行。「一言で言えば『やるしかない』」 blogola (2014年9月12日)
  17. ^ 契約満了選手のお知らせ 湘南ベルマーレ (2014年12月1日)
  18. ^ 阿部伸行選手 ギラヴァンツ北九州へ移籍のお知らせ 湘南ベルマーレ (2014年12月19日)
  19. ^ 阿部 伸行 選手 湘南ベルマーレより完全移籍加入のお知らせ ギラヴァンツ北九州 (2014年12月19日)
  20. ^ 阿部伸行選手 ギラヴァンツ北九州より完全移籍加入のお知らせ - 2016年12月23日 AC長野パルセイロ公式サイト
  21. ^ デンソーカップサッカー'04 College Soccer Central

関連項目[編集]

外部リンク[編集]