荻晃太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
荻 晃太 Football pictogram.svg
名前
愛称 オギ
カタカナ オギ コウタ
ラテン文字 OGI Kota
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1983-05-05) 1983年5月5日(35歳)
出身地 岐阜県美濃市[1]
身長 185cm
体重 76kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 ヴィッセル神戸
ポジション GK
背番号 29
利き足 右足[2][3]
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2002-2010 ヴィッセル神戸 46 (0)
2007 大宮アルディージャ (loan) 0 (0)
2008 FC東京 (loan) 0 (0)
2009-2015 ヴァンフォーレ甲府 188 (0)
2016-2017 名古屋グランパス 0 (0)
2018- ヴィッセル神戸
1. 国内リーグ戦に限る。2017年12月25日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

荻 晃太(おぎ こうた、1983年5月5日 - )は、岐阜県美濃市出身のサッカー選手。Jリーグヴィッセル神戸所属。ポジションはゴールキーパー(GK)

来歴[編集]

小学校4年生(10歳[3])の時にサッカーを始める[4][5]。中学生の頃からGKに専念するようになった[5]1999年岐阜工業高校に進学し、3年時の全国高校選手権では準優勝を果たした[6][7]。同期は片桐淳至[7]岩田卓也土屋貴啓など[8]

2002年ヴィッセル神戸に入団。掛川誠が正GKを務めており、しばらく出場機会に恵まれなかったが、チームのJ2降格が決定した2005年J1最終節にリーグ戦初出場[2]。掛川が退団した2006年から正GKに抜擢され、スチュワート・バクスター監督がリベロのようだと評した守備範囲の広さを武器に[2][注 1]活躍。プロ5年目にしてA契約に移行した[11]。同年の福岡とのJ1・J2入れ替え戦ではチームを救う好セーブを連発し[4]J1昇格に貢献した[2]

2007年は新加入の榎本達也にポジションを奪われ[4]、シーズン途中に大宮アルディージャレンタル移籍するが[12]江角浩司からレギュラーを奪えず天皇杯1試合の出場に留まった。2008年にはFC東京にレンタル移籍[13][14]。正GK塩田仁史の控えとしてリーグ戦全34試合全てでベンチ入りし[15]、チームをバックアップ。ナビスコカップ第6節「東京ダービー」ではスタメン起用され勝利に貢献した。

2009年ヴァンフォーレ甲府へ3チーム目のレンタル移籍[16]。神戸時代にチームメイトだった阿部謙作から正GKと背番号1を奪うとDFダニエルらと共に守備を立て直し、シーズン通しての失点数を仙台に次ぐ2番目の少なさに抑え、チームのJ1昇格争いの立役者となった。2010年もレンタル期間を延長。甲府のJ1昇格に貢献し、2011年から完全移籍した[1][17]。同年は6年ぶりにJ1の舞台に立ったが、チームの不振と自身の負傷から、シーズン後半は荒谷弘樹にポジションを譲った[18]。結局、17位に終わり1年でJ2へ逆戻りとなった。荒谷が引退した2012年は開幕から正GKを務め、安定感を高めて[19] J2新記録となる24試合無敗の立役者となり、1年でのJ1復帰に貢献した。同年11月15日、モデルで女優の長井梨紗と結婚した。2013年は開幕直後こそ正GKを務めるも、第3節名古屋戦でのファンブルによる決勝点献上[20] や、並行開催のカップ戦河田晃兵が上々のプレーを見せたこともあって、序盤は控えに配される試合が続いた[21]。シーズン中盤より再び出場機会を得たものの、終盤は再び河田に定位置を譲り[22]、この年は17試合の出場に留まった。2014年は序盤岡大生に先発を譲り欠場が続くも、中断期間前最後の試合となった第14節戦で完封勝利を果たすとその後はレギュラーの座を奪い返し、通年では23試合出場19失点[23] という堅守を築き、クラブ史上最高位での2年連続J1残留に貢献した。

2015年はシーズン序盤はレギュラーを勤めていたが、シーズン中盤に定位置を失い控えに回る。シーズン終了後に名古屋グランパスへ移籍。

2016年5月9日、第1子の男児が誕生[24]

2018年、ヴィッセル神戸に完全移籍[25]

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2002 神戸 29 J1 0 0 0 0 1 0 1 0
2003 27 0 0 0 0 0 0 0 0
2004 0 0 0 0 0 0 0 0
2005 34 1 0 0 0 0 0 1 0
2006 J2 45 0 - 0 0 45 0
2007 21 J1 0 0 1 0 - 1 0
大宮 35 0 0 - 1 0 1 0
2008 FC東京 31 0 0 1 0 0 0 1 0
2009 甲府 1 J2 44 0 - 0 0 44 0
2010 28 0 - 0 0 28 0
2011 J1 23 0 1 0 1 0 25 0
2012 J2 42 0 - 0 0 42 0
2013 J1 17 0 2 0 2 0 21 0
2014 23 0 4 0 2 0 29 0
2015 11 0 4 0 1 0 16 0
2016 名古屋 28 0 0 1 0 0 0 1 0
2017 22 J2 0 0 - 0 0 0 0
2018 神戸 29 J1
通算 日本 J1 75 0 14 0 8 0 97 0
日本 J2 159 0 - 0 0 159 0
総通算 234 0 14 0 8 0 256 0
その他の公式戦
出場歴

代表・選抜歴[編集]

  • U-17ユース選抜 (2000年)[14]

CM[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
注釈
  1. ^ 荻自身は「シュートを打たれる前に防ぐのが一番」[9]「失敗を恐れずどんどん前に出る守りが僕のプレー」とコメントしている[10]
出典
  1. ^ a b c d e GK荻晃太選手 ヴァンフォーレ甲府へ完全移籍のお知らせ ヴィッセル神戸 (2010年12月30日)
  2. ^ a b c d 選手データベース 荻晃太 - ウェイバックマシン(2010年1月10日アーカイブ分) WEBサッカーマガジン (2008年2月21日)
  3. ^ a b 『Jリーグ選手名鑑 2014J1・J2・J3エルゴラッソ特別編集』 三栄書房2014年、88頁。
  4. ^ a b c d e 『FC東京ファンブック2008』 毎日新聞社2008年、57頁。
  5. ^ a b 最後尾から攻撃組み立て 朝日新聞デジタル (2013年3月2日)
  6. ^ 【第80回全国高校サッカー選手権大会】試合スコア速報 スポーツナビ (2002年1月8日)
  7. ^ a b 片桐と荻、Jのピッチで岐阜工「同窓対決」が実現 - ウェイバックマシン(2009年4月3日アーカイブ分) 岐阜新聞 (2009年03月16日)
  8. ^ 岐阜県代表 県立 岐阜工 (2年ぶり17回目) スポーツナビ
  9. ^ GK荻 きょう東京デビュー 東京中日スポーツ (2008.06.08)
  10. ^ 【ヤマザキナビスコカップ 東京V vs FC東京】試合終了後の各選手コメント J's GOAL (2008.06.08)
  11. ^ GK荻晃太選手、プロA契約「900分以上」出場達成! - ウェイバックマシン(2006年9月9日アーカイブ分) ヴィッセル神戸 (2006年4月17日)
  12. ^ 荻晃太選手、大宮アルディージャへ期限付き移籍決定 - ウェイバックマシン(2007年10月24日アーカイブ分) ヴィッセル神戸 (2007年8月28日)
  13. ^ GK荻晃太選手、FC東京へ期限付き移籍のお知らせ - ウェイバックマシン(2007年12月30日アーカイブ分) ヴィッセル神戸 (2007年12月29日)
  14. ^ a b 荻 晃太選手 期限付移籍加入決定のお知らせ - ウェイバックマシン(2007年12月30日アーカイブ分) FC東京 (2007年12月29日)
  15. ^ 選手出場記録 Jリーグ (2008年12月6日)
  16. ^ 荻晃太選手 ヴィッセル神戸より期限付き移籍加入 - ウェイバックマシン(2011年10月28日アーカイブ分) ヴァンフォーレ甲府 (2009年1月7日)
  17. ^ 荻晃太選手 ヴィッセル神戸より完全移籍加入のお知らせ - ウェイバックマシン(2011年10月28日アーカイブ分) ヴァンフォーレ甲府 (2010年12月30日)
  18. ^ 選手出場記録 Jリーグ (2011年12月3日)
  19. ^ 【J2:第30節 甲府 vs 山形】レポート J's GOAL (2012年8月23日)
  20. ^ 心を切り替え日々努力 朝日新聞デジタル (2013年4月4日)
  21. ^ 選手出場記録 (1/2) Jリーグ (2013年12月7日)
  22. ^ 選手出場記録 (2/2) Jリーグ (2013年12月7日)
  23. ^ 2014年J1 年間ベストイレブン Football LAB (2014年12月19日)
  24. ^ “「純と愛」女優・長井梨紗が第1子長男出産 夫はJリーガー”. 日刊スポーツ. (2016年5月18日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/05/18/kiji/K20160518012610080.html 2016年5月18日閲覧。 
  25. ^ “名古屋グランパスよりGK荻晃太選手 完全移籍加入のお知らせ” (プレスリリース), ヴィッセル神戸, (2017年12月25日), https://www.vissel-kobe.co.jp/news/article/14212.html 2017年12月25日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]