過食

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
過食症から転送)
ビンジ・イーティング
分類および外部参照情報
診療科・
学術分野
精神医学心身医学
テンプレートを表示

過食(かしょく、Overeating、食べ過ぎ)とは、臓器が必要とする以上のエネルギーを、生物が過度に摂取すること。体重増加や肥満をまねく。

またビンジ・イーティング(Binge eating)、ドカ食いむちゃ食いとは無秩序な摂食パターンの一つであり、コントロール不能な摂食エピソードに特徴づけられる。これは摂食障害で一般的であり、それには神経性大食症むちゃ食い障害(過食性障害,ビンジ・イーティング障害)が含まれる。また、食物を多く扱うことから、キッチンイーターとも呼ばれる。ビンジ・イーティングにおいては、当人は限度を超えた量の食物を急速に消費する。ビンジ・イーティングの診断においてはセルフコントロール喪失感が要素となる[1]

リスク
窒息によって死ぬ場合もある[2]
栄養障害 - 一部の栄養素は摂取量によっては害になる。
過食症
ストレスなどにより過食してしまう症状。1959年6月に Albert J. Stunkard 医学博士が著した『Eating patterns and obesity』という論文が初めて報告した[3]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Mitchell, James E.; Michael J. Devlin; Martina de Zwaan; Carol B. Peterson; Scott J. Crow (2007). Binge-Eating Disorder: Clinical Foundations and Treatment. Guilford Press. p. 4. ISBN 1606237578. https://books.google.com.au/books?id=HAMP-fbg0o0C 2016年9月15日閲覧。 
  2. ^ Albala, Ken (2015) (英語). The SAGE Encyclopedia of Food Issues. SAGE Publications. p. 275. ISBN 9781506317304. https://books.google.com/books?id=8_caCAAAQBAJ&pg=PA276 
  3. ^ Stunkard, Albert J. (1959年6月1日). “Eating patterns and obesity” (英語). Psychiatric Quarterly. pp. 284–295. doi:10.1007/BF01575455. 2022年7月8日閲覧。

関連項目[編集]