自衛隊大阪地方協力本部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
自衛隊大阪地方協力本部
JSDF Osaka Provincial Cooperation Office
Osaka National Government Building No.2.JPG
自衛隊大阪地方協力本部(大阪合同庁舎第2号館)
種別 自衛隊地方協力本部
管轄区域 大阪府
所在地 〒540-0008
大阪府大阪市中央区大手前四丁目1番67号
大阪合同庁舎第2号館3階
リンク 公式サイト

自衛隊大阪地方協力本部(じえいたいおおさかちほうきょうりょくほんぶ、Osaka Provincial Cooperation Office)は、大阪府大阪市中央区大手前4-1-67大阪合同庁舎第2号館3階[1]に所在する、自衛隊地方協力本部のひとつ。陸・海・空自衛隊共同の機関だが、通常は陸上自衛隊の中部方面総監の指揮監督下にある。防衛省自衛隊の総合窓口として大阪府管内で活動する。本部長は陸将補の階級にある自衛官が充てられる。

沿革[編集]

  • 1955年(昭和30年)9月1日 - 陸上自衛隊大阪地方連絡部が編成される[2]
  • 1956年(昭和31年)8月 - 自衛隊大阪地方連絡部に改編される
  • 1975年(昭和50年)4月 - 地区隊を6個から5個へ改編
  • 2003年(平成15年)3月 - 地区隊を5個から3個へ改編
  • 2006年(平成18年)7月31日 - 自衛隊大阪地方協力本部に改編される

出先機関[編集]

主要幹部[編集]

官職名 階級 氏名 補職発令日 前職
自衛隊大阪地方協力本部長 陸将補 梅田将 2017年03月27日 東北方面総監部幕僚副長
歴代の自衛隊大阪地方連絡部長及び自衛隊大阪地方協力本部長
(将補たる自衛官または事務官)
階級 氏名 在職期間 出身校・期 前職 後職
01 1等陸佐 武進 1955年09月01日 - 1958年03月15日 伊丹駐とん地業務隊長
→1955年8月2日
陸上自衛隊練馬駐とん地業務隊長
02 1等陸佐 竹内仁司 1958年03月16日 - 1960年07月31日 第8混成団本部副団長
兼 北熊本駐とん地司令
陸上自衛隊富士学校
→1960年8月12日 同校管理部長
03 1等陸佐 松本章雄 1960年08月01日 - 1962年01月15日 京都帝国大学 第10混成団副団長 陸上自衛隊業務学校副校長
04 陸将補 渡部長作 1962年01月16日 - 1963年07月31日 陸士43期・
陸大54期
陸上自衛隊需品補給処長 陸上幕僚監部付
→1964年1月1日 退職
05 陸将補 東峰常二 1963年08月01日 - 1965年03月15日 拓殖大学 第3師団副師団長
兼 千僧駐とん地司令
陸上幕僚監部付
→1965年7月1日 退職
06 陸将補 肥田木安 1965年03月16日 - 1966年03月15日 陸士46期 陸上幕僚監部厚生課長 陸上幕僚監部付
07 陸将補 斉藤稔 1966年03月16日 - 1968年07月15日 京都帝国大学 陸上幕僚監部総務課長 北部方面総監部幕僚長
兼 札幌駐とん地司令
08 陸将補 川名聡雄 1968年07月16日 - 1971年03月15日 陸士50期・
陸大59期
第6師団副師団長
兼 神町駐とん地司令
第10師団長
09 陸将補 吉松秀信 1971年03月16日 - 1972年06月30日 陸士54期 東部方面総監部幕僚副長 中部方面総監部幕僚長
兼 伊丹駐とん地司令
10 陸将補 馬郡芳郎 1972年07月17日 - 1973年07月15日 陸士53期 第1師団副師団長
兼 練馬駐とん地司令
陸上幕僚監部付
→1974年1月1日 退職
11 陸将補 渡邊勉 1973年07月16日 - 1974年07月15日 陸士57期 第6師団司令部幕僚長 第5師団副師団長
兼 帯広駐とん地司令
12 陸将補 藤吉俊男 1974年07月16日 - 1976年06月30日 陸士58期 統合幕僚会議事務局第3幕僚室 中部方面総監部幕僚長
兼 伊丹駐とん地司令
13 陸将補 松浦昇 1976年07月01日 - 1978年06月30日 陸士60期 北部方面通信群長 北部方面総監部幕僚副長
14 陸将補 沖田裕 1978年07月01日 - 1980年03月16日 陸航士60期 西部方面総監部幕僚副長 東部方面総監部幕僚長
兼 市ケ谷駐とん地司令
15 陸将補 小森昭治 1980年03月17日 - 1981年06月30日 陸航士60期 西部方面総監部幕僚副長 第5師団長
16 陸将補 阿達憲 1981年07月01日 - 1983年06月30日 横浜工専 陸上自衛隊化学学校 西部方面総監部幕僚長
健軍駐屯地司令
17 陸将補 種具正二郎 1983年07月01日 - 1985年03月15日 中央大学 東部方面総監部幕僚副長 中部方面総監部幕僚長
伊丹駐屯地司令
18 陸将補 山西義信 1985年03月16日 - 1986年07月31日 香川大学 陸上幕僚監部人事部募集課長 陸上自衛隊東北地区補給処
19 陸将補 大竹卓美 1986年08月01日 - 1988年03月15日 香川大学 東北方面総監部幕僚副長 陸上自衛隊需品学校
20 陸将補 内田十允 1988年03月16日 - 1989年06月29日 防大4期 東北方面総監部幕僚副長 東部方面総監部幕僚長
市ヶ谷駐屯地司令
21 陸将補 澤田良男 1989年06月30日 - 1991年03月15日 防大6期 北部方面総監部幕僚副長 陸上幕僚監部教育訓練部長
22 陸将補 石田潔 1991年03月16日 - 1992年06月15日 防大7期 東北方面総監部幕僚副長 北部方面総監部幕僚長
札幌駐屯地司令
23 陸将補 千田稔 1992年06月16日 - 1994年03月22日 防大8期 東北方面総監部幕僚副長 西部方面総監部幕僚長
兼 健軍駐屯地司令
24 陸将補 小柳毫向 1994年03月23日 - 1995年06月29日 防大11期 陸上幕僚監部防衛部運用課長 陸上幕僚監部監理部長
25 陸将補 持田修 1995年06月30日 - 1997年03月25日 防大13期 陸上幕僚監部監理部総務課
広報室長
第9師団副師団長
青森駐屯地司令
26 陸将補 吉川洋利 1997年03月26日 - 1999年03月28日 防大14期 陸上幕僚監部教育訓練部訓練課長 陸上自衛隊富士学校機甲科部長
27 陸将補 矢澤昌志 1999年03月29日 - 2001年03月26日 防大15期 北部方面総監部防衛部長 陸上幕僚監部監察官
28 陸将補 笠原直樹 2001年03月27日 - 2003年03月26日 防大16期 情報本部情報官 陸上自衛隊研究本部幹事
兼 企画室長
29 陸将補 酒井健 2003年03月27日 - 2004年08月29日 陸自生徒13期・
防大19期
東部方面総監部幕僚副長 東部方面総監部幕僚長
朝霞駐屯地司令
30 陸将補 荒川龍一郎 2004年08月30日 - 2006年08月03日 防大21期 第8師団副師団長
北熊本駐屯地司令
陸上幕僚監部人事部長
31 陸将補 河村仁 2006年08月04日 - 2008年03月23日 防大22期[3] 中部方面総監部幕僚副長 防衛研究所副所長
32 陸将補 江口直也 2008年03月24日 - 2010年07月25日 防大26期・
ドイツ連邦指揮大学
統合幕僚監部防衛計画部計画課長 陸上幕僚監部監理部長
33 陸将補 中野成典 2010年07月26日 - 2012年03月29日 防大25期 第4師団副師団長
福岡駐屯地司令
陸上自衛隊補給統制本部副本部長
34 陸将補 山岡建男 2012年03月30日 - 2013年08月21日 防大27期 統合幕僚監部報道官 陸上自衛隊関西補給処
35 陸将補 大塚裕治 2013年08月22日 - 2015年08月03日 防大32期 陸上幕僚監部総務課広報室長 陸上幕僚監部監理部長
36 陸将補 中野義久 2015年08月04日 - 2016年06月30日 防大31期 第5施設団
小郡駐屯地司令
陸上自衛隊施設学校
37 陸将補 蛭川利幸 2016年07月01日 - 2017年03月26日 防大31期 東部方面総監部幕僚副長 中部方面総監部幕僚長
兼 伊丹駐屯地司令
38 陸将補 梅田将 2017年03月27日 - 神奈川大学
(法学部)[4]
東北方面総監部幕僚副長

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 自衛隊年鑑2009 ISBN 978-4-938467-20-3
  2. ^ 自衛隊法施行令の一部を改正する政令(昭和30年9月1日政令第218号)”. 国立公文書館デジタルアーカイブ. 2016年5月6日閲覧。
  3. ^ 航空工学修士(スタンフォード大学
  4. ^ 防大第33期相当・生徒25期

関連項目[編集]

外部リンク[編集]