職業としての小説家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
職業としての小説家
著者 村上春樹
イラスト 写真:荒木経惟
発行日 2015年9月10日
発行元 スイッチ・パブリッシング
ジャンル エッセイ
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 上製本
ページ数 315
コード ISBN 978-4884184438
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

職業としての小説家』(しょくぎょうとしてのしょうせつか)は、村上春樹の自伝的エッセイ[注 1]

概要[編集]

2015年9月10日、スイッチ・パブリッシングより刊行された[1]。雑誌『MONKEY』に連載されたエッセイ「村上春樹私的講演録 職業としての小説家」、『考える人』に掲載された講演原稿[注 2]、および書き下ろしの文章から成る。

台頭するインターネット書店への対抗策として、紀伊國屋書店が本書の初版10万冊のうち9割を出版社から直接買い取ったことで話題となった。紀伊國屋書店は9万冊のうち3万~4冊を自社店舗で販売し、残りを他社の書店に供給するという戦略をとった[2]

2016年10月1日、新潮文庫として文庫化された[3]

『MONKEY』Vol.7(2015年10月15日)に「『職業としての小説家』刊行記念 村上春樹インタビュー」が掲載された。聞き手は川上未映子[4][注 3]。川上のインタビューはのちに『みみずくは黄昏に飛びたつ』(新潮社)に収録された。

内容[編集]

タイトル 掲載誌 取り上げられている主な人物・作品・事物
第一回 小説家は寛容な人種なのか 『MONKEY』2013年10月7日発行 Vol.1 マルセル・プルーストジェームズ・ジョイス
第二回 小説家になった頃 『MONKEY』2014年2月15日発行 Vol.2 デイブ・ヒルトン[注 4]アゴタ・クリストフ、『風の歌を聴け
第三回 文学賞について 『MONKEY』2014年6月15日発行 Vol.3 レイモンド・チャンドラーネルソン・オルグレン芥川龍之介賞群像新人文学賞
第四回 オリジナリティーについて 『MONKEY』2014年10月15日発行 Vol.4 『火星の人類学者』(オリヴァー・サックス)、『春の祭典』、ズビグニェフ・ヘルベルト
第五回 さて、何を書けばいいのか? 『MONKEY』2015年2月15日発行 Vol.5 ポール・ヴァレリー、『KAFKA/迷宮の悪夢』(1991年)、『E.T.』(1982年)、
アーネスト・ヘミングウェイ
第六回 時間を味方につける──長編小説を書くこと 『MONKEY』2015年6月15日発行 Vol.6 アイザック・ディネーセン、『ダンス・ダンス・ダンス』、レイモンド・カーヴァー
第七回 どこまでも個人的でフィジカルな営み 書き下ろし アンソニー・トロロープ、フランツ・カフカ
第八回 学校について 書き下ろし 福島第一原子力発電所事故
第九回 どんな人物を登場させようか? 書き下ろし サマセット・モームカート・ヴォネガット・ジュニア、『悪霊
第十回 誰のために書くのか? 書き下ろし コインロッカー・ベイビーズ』(村上龍)、「ガーデン・パーティー」(リック・ネルソン[注 5][注 6]
第十一回 海外へ出て行く。新しいフロンティア 書き下ろし アマンダ・アーバン、サニー・メータ、ゲーリー・フィスケットジョン、ロバート・ゴッドリーブ、
リンダ・アッシャー、チップ・キッド、アルフレッド・バーンバウムジェイ・ルービン
フィリップ・ガブリエル、テッド・グーセン
第十二回 物語があるところ・河合隼雄先生の思い出 考える人』2013年夏号 河合隼雄

翻訳[編集]

翻訳言語 翻訳者 発行日 発行元
中国語 (繁体字) 頼明珠 2016年1月22日 時報文化
中国語 (簡体字) 施小煒 2017年1月 南海出版公司
韓国語 梁潤玉 2016年4月25日 現代文学

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 帯文の言葉より。「自分的エッセイ 村上春樹『職業としての小説家』」と書かれてある。
  2. ^ 2013年5月6日、村上は河合隼雄物語賞・学芸賞創設を記念して公開インタビューとスピーチを京都大学で行った。そのスピーチの原稿が『考える人』2013年夏号に掲載された。
  3. ^ 2015年11月28日~29日に郡山市で開催された文学講座「ただようまなびや 文学の学校」に村上はゲスト出演。会場で朗読を行うほか、28日に川上未映子が行った短歌のワークショップにも参加した[5]
  4. ^ 村上はデビュー間もない頃『ナンバー』1980年10月5日号に「デイヴ・ヒルトンのシーズン」というエッセイを寄稿している。同エッセイは長い時を経て『村上春樹 雑文集』(新潮社、2011年1月)に収録された。
  5. ^ 村上は「僕が作家になり、本を定期的に出版するようになって、ひとつ身にしみて学んだ教訓があります。それは『何をどのように書いたところで、結局はどこかで悪く言われるんだ』ということです」と言い、リック・ネルソンが1972年に発表したヒット曲「思い出のガーデン・パーティー」の歌詞を引用する。「もし全員を楽しませられないのなら/自分で楽しむしかないじゃないか」[6]
  6. ^ 辺境・近境』所収の「メキシコ大旅行」でも村上は「ガーデン・パーティー」の歌詞を引用している。「彼はそんな熱い思いを託して『ガーデン・パーティー』という曲を書いた。リックはその中でこう歌った。『もし思い出の他に歌うものがないのなら、僕はトラック運転手にでもなるさ(If memories were all I sang, I'd rather drive a truck)』と」[7]

出典[編集]