THE SCRAP 懐かしの一九八〇年代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
THE SCRAP
懐かしの一九八〇年代
著者 村上春樹
イラスト 和田誠
発行日 1987年2月1日
発行元 文藝春秋
ジャンル エッセイ
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 並製本
ページ数 224
コード ISBN 4-16-341280-8
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

THE SCRAP 懐かしの一九八〇年代』(ざすくらっぷ なつかしのせんきゅうひゃくはちじゅうねんだい)は、村上春樹エッセイ集。タイトルの正式表記は「‘THE SCRAP’ 懐かしの一九八〇年代」(ただし「T」の前のシングルクウォートは上下反転している)。

概要[編集]

1987年2月、文藝春秋より刊行された。装丁は和田誠。『Sports Graphic Number』連載のコラム「スクラップ」(1982年4月20日発行第49号 - 1986年2月25日発行141号)と、同誌に単独で掲載された「だいじょうぶです。面白いから――東京ディズニーランド」(1983年4月20日発行第73号)と「オリンピックにあまり関係ないオリンピック日記」(1984年9月25日発行臨時増刊号)をまとめたエッセイ集である。

内容[編集]

  • ピープル』に載ったカレン・カーペンターの死亡記事を読んでいると、心が痛む。
  • ソフィーの選択』はおそらくアラン・J・パクラのベスト・フィルムではないかと思う。
  • 夏の朝食はわかめサラダに限る。
  • 8年前、僕に「犬のおまわりさん」を唄わせたのは「生活向上委員会」というジャズ・グループにいた原田というピアニストである[1]

脚注[編集]

  1. ^ 本書 207頁。「原田」はピアニストの原田依幸と思われる。