色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年
著者 村上春樹
イラスト モーリス・ルイス
発行日 2013年4月12日[1]
発行元 文藝春秋
ジャンル 小説
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 上製本
ページ数 376
公式サイト 村上春樹『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』 特設サイト - 本の話WEB
コード ISBN 978-4-16-382110-8
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』(しきさいをもたないたざきつくると、かれのじゅんれいのとし[注 1])は、村上春樹の13作目の長編小説

出版[編集]

2013年4月12日文藝春秋より発売された(奥付の発行日は4月15日、文藝春秋公式サイトの発売日は4月16日)[2]。表紙の絵はモーリス・ルイスが描いた「Pillar of Fire」(1961年製作)。装丁は大久保明子。表紙と扉には「Colorless Tsukuru Tazaki and His Years of Pilgrimage」という英題が記されている。2015年12月4日文春文庫として文庫化された。また同日、電子書籍版が配信開始された[3][4]

出版前[編集]

2013年2月16日文藝春秋が4月に村上春樹の新作書き下ろし長編小説を刊行することを発表[5]3月15日には、タイトルが『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』であること、発売日が4月12日に決まったことが公表された[6]

同日から予約が開始され、Amazon.co.jpでは11日間で1万部を突破。これは前作『1Q84 BOOK3』よりも1日早く、Amazon.co.jpでは最速であった[7]。文藝春秋では、同社の単行本としては最多となる初版30万部を準備。さらに発売前に3度の重版をかけ、部数は発売時点で4刷50万部に達した[8][9]

発売前には、2月28日[10]と3月15日[6]に村上春樹のメッセージが発表されるなど、断片的な情報を伝えるリリースが7回にわたり行われたが[11]、小説の具体的な内容は明らかにされなかった。また、通例、刊行に先立って書評家、他の出版社、新聞、書店などに配布される、「プルーフ」と呼ばれる校正刷りの段階の原稿も作成されず、発売前に内容を知り得たのは極少数の人に限られた[12]

出版後[編集]

発売日である2013年4月12日には、東京都内の深夜営業の本屋では午前0時からの販売開始に150人以上列を作った本屋もあった[1]。発売後7日で部数が8刷100万部を突破した[13][14]。そしてトーハン発表の「2013年年間ベストセラー」総合2位を記録した[15]

作中に登場するロシアのピアニスト、ラザール・ベルマンが演奏するリストのピアノ独奏曲集である「巡礼の年」の輸入盤CDが店頭で品切れが続出し、国内盤CDは廃盤になっていたが、ユニバーサルミュージックが急遽、同年5月15日に再発売することを決定した[1]

2014年8月12日、英訳版『Colorless Tsukuru Tazaki and His Years of Pilgrimage』が発売された。電子書籍およびオーディオブックも同時に発売された。英国や米国等では11日の夜からイベントを催す書店もあり、ニューヨーク・マンハッタン島にある書店は、発売時に店内が約70人のファンで埋まったという[16]。 ロック・ミュージシャンのパティ・スミスは『ニューヨーク・タイムズ』に書評を寄稿し、「これは『ブロンド・オン・ブロンド』ではない。『血の轍』だ」と評した[17][注 2] [注 3]

2014年8月30日、ロンドンの書店で「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」の英訳版発売に際し、村上春樹のサイン会が開かれた[19][20][21]。書店前には徹夜組を含め約400人のファンが行列をつくり、海外での人気の高さを改めて印象付けた[19][20][21]。また、「ニューヨーク・タイムズ」のベストセラー・リストで、2週連続でハードカバー・フィクション部門の第1位を獲得した[22]

あらすじ[編集]

多崎つくるは高校時代、4人の友人といつも行動を共にしていた。5人は名古屋市の郊外にある公立高校で同じクラスに属していた[注 4]。友人4人はいずれも地元の大学に進むが、多崎は東京の工科大学に進んだ。多崎は大学2年生の7月から、翌年の1月にかけてほとんど死ぬことだけを考えて過ごし、大学卒業後は鉄道会社に就職した。現在、二つ年上の38歳の女性・木元沙羅と交際中である。

沙羅は「あなたに抱かれているとき、あなたはどこかよそにいるみたいに感じられた。もし私とあなたがこれからも真剣におつきあいをするなら、よく正体のわからない何かに間に入ってほしくない」と南青山のフランス料理店で言った。そしてつくる自身が絶縁された4人の友人たちに会って直接話をすることで、事態を打開するように勧める。「あなたはナイーブで傷つきやすい少年としてではなく、一人の自立したプロフェッショナルとして、過去と正面から向き合わなくてはいけない。自分が見たいものを見るのではなく、見なくてはならないものを見るのよ」[注 5]

沙羅の調査の結果、友人グループのうち「アオ」と「アカ」は故郷の名古屋にいて、「クロ」はフィンランドヘルシンキに移り住み、「シロ」は他界していることが分かる。つくるは最初に訪ねた「アオ」から、前述の絶縁のいきさつを知らされる。「アオ」と会った翌日、「アカ」のオフィスを訪ねる。

つくるはフィンランドに飛び、「クロ」と夫のエドヴァルトと二人の娘と会う。そして「クロ」から、かつてつくるのことを好きだったと打ち明けられる。沙羅の話をすると「クロ」は言った。

「ねえ、つくる、君は彼女を手にいれるべきだよ。どんな事情があろうと。私はそう思う」

日本に帰り、どうしようもなく思いがこみ上げ沙羅に夜中電話をする。

登場人物[編集]

多崎つくる(たざき つくる)(戸籍上は「多崎作」)
主人公。作中の現在は36歳。独身。子供の頃から鉄道を眺めることが好きだった。東京都在住。鉄道会社で駅を設計する仕事に携わっている。
赤松 慶(あかまつ けい)
主人公の高校時代の友人5人組グループの一員。グループ内の愛称は「アカ」。名古屋市在住。高校時代の成績は優秀。名古屋圏の大企業を相手に社員研修を提供するビジネスで成功している。
青海 悦夫(おうみ よしお)
主人公の高校時代の友人5人組グループの一員。グループ内の愛称は「アオ」。名古屋市在住。高校時代はスポーツマン。トヨタ自動車の高級ブランド「レクサス」を扱うディーラーに勤務している。
白根 柚木(しらね ゆずき)
主人公の高校時代の友人5人組グループの一員。グループ内の愛称は「シロ」。音楽の才能に秀でた美少女だった。グループメンバーが主人公と絶縁するきっかけを作った。音楽大学を卒業後、自宅でピアノを教えていたが、やがて浜松市に移った。
黒埜 恵里(くろの えり)/エリ・クロノ・ハアタイネン
主人公の高校時代の友人5人組グループの一員。グループ内の愛称は「クロ」。陶芸家。名古屋の女子私立大学の英文科を卒業したあと、陶芸を学ぶために愛知県立芸術大学工芸科に入り直す[25]フィンランドから日本に陶芸を学びにきた男性と結婚し、ヘルシンキに住む。「シロ」のことは「ユズ」と呼んでおり、自らの娘にも「ユズ」と名付けた。
木元 沙羅(きもと さら)
つくるの現在の友人の女性。つくるより2歳年上。旅行会社勤務。東京に住む。
灰田 文紹(はいだ ふみあき)
つくるの大学時代の数少ない友人。学年は二つ下。物理学科専攻。秋田県出身。
灰田の父
つくるの大学時代には秋田の公立大学で哲学科の講師をしていた。大学闘争時代に大学を休学し、一年間の放浪生活を送る。
緑川(みどりかわ)
灰田の父が学生時代にバイトをしていた温泉宿の長逗留客。ジャズピアニスト。灰田の父に持つと死ぬ「死のトークン」の話をする。

登場する文化・風俗[編集]

翻訳[編集]

翻訳言語 タイトル 翻訳者 発行日 発行元
英語 Colorless Tsukuru Tazaki and His Years of Pilgrimage フィリップ・ガブリエル 2014年8月12日 Knopf
フランス語 L'Incolore Tsukuru Tazaki et ses années de pèlerinage Hélène Morita 2014年9月4日 Belfond
ドイツ語 Die Pilgerjahre des farblosen Herrn Tazaki Ursula Gräfe 2014年1月10日[38] DuMont Buchverlag Gmbh
イタリア語 L'incolore Tazaki Tsukuru e i suoi anni di pellegrinaggio Antonietta Pastore 2014年5月 Einaudi
スペイン語 Los años de peregrinación del chico sin color Gabriel Álvarez Martínez 2013年10月 Tusquest Editores, S.A
カタルーニャ語 El noi sense color i els seus anys de pelegrinatge Jordi Mas López 2013年 Edicions Empúries
ポルトガル語 A Peregrinação do Rapaz Sem Cor Maria João Lourenço 2014年9月 Casa das Letras(ポルトガル)
O Incolor Tsukuru Tazaki e Seus Anos de Peregrinação Eunice Suenaga 2014年11月1日 Alfaguara(ブラジル)
オランダ語 De kleurloze Tsukuru Tazaki en zijn pelgrimsjaren ヤコバス・ウェスタホーヴェン 2014年1月9日 Atlas-Contact
スウェーデン語 Den färglöse herr Tazaki Eiko Duke, デューク・雪子 2014年5月19日 Norstedts
フィンランド語 Värittömän miehen vaellusvuodet Raisa Porrasmaa 2014年9月 Tammi
ポーランド語 Bezbarwny Tsukuru Tazaki i lata jego pielgrzymstwa Anna Zielińska-Elliott 2013年11月6日 Muza
チェコ語 Bezbarvý Cukuru Tazaki a jeho léta putování Tomáš Jurkovič 2015年3月 Odeon
ハンガリー語 A színtelen Tazaki Cukuru és zarándokévei Nagy Anita 2013年 Geopen Könyvkiadó
ルーマニア語 Tsukuru Tazaki cel fără de culoare și anii săi de pelerinaj Florin Oprina 2013年 Polirom
セルビア語 Bezbojni Cukuru Tazaki i njegove godine hodočašća Nataša Tomić 2013年 Geopoetika
スロベニア語 Brezbarvni Tsukuru Tazaki in njegova leta romanja Aleksander Mermal 2015年 Mladinska knjiga
ロシア語 Бесцветный Цкуру Тадзаки и годы его странствий Дмитрий Коваленин 2015年4月17日 Эксмо
中国語 (繁体字) 沒有色彩的多崎作和他的巡禮之年 頼明珠 2013年10月1日 時報出版
中国語 (簡体字) 没有色彩的多崎作和他的巡礼之年 施小煒 2013年10月 南海出版公司
韓国語 색채가 없는 다자키 쓰쿠루와 그가 순례를 떠난 해 梁億寬(ヤン・オクグァン) 2013年7月1日[39] 民音社

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 単行本の奥付のふりがなによる。
  2. ^ 『ブロンド・オン・ブロンド』はボブ・ディランが1966年に発表した二枚組のアルバム。『血の轍』は同じくボブ・ディランが1975年に発表したアルバム。
  3. ^ 2014年、村上は「ヴェルト文学賞」を受賞するが、同年11月7日にベルリンで行われた授賞式に、パティ・スミスはゲスト参加した。村上の授賞スピーチのあと、「大好きな作家。あなたが生きていてうれしい」と挨拶をして歌を披露した[18]
  4. ^ 村上は本作品を次のように述懐している。「『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』を書いている間、あたかも自分が名古屋出身者であるかのような気持ちになっていました。ほんとに。昔、ジョン・F・ケネディ大統領がベルリンを訪れたとき、壁の前で『私は一人のベルリン市民だ(Ich bin ein Berliner)』と演説しましたが、僕もあの小説を書いているあいだは『一人の名古屋市民』だったかもしれません」[23]
  5. ^ 職業としての小説家』の中で村上はこう語っている。「実を言うと僕は沙羅がそう言うまで、多崎つくるがその四人に会いに行くことになるなんて、考えもしませんでした。僕としては、自分の存在が否定された理由もわからないまま、多崎つくるがその人生を静かに、ミステリアスに生きていかなくてはならないという、比較的短い話を書くつもりだったのです。でも沙羅がそう言ったことで(彼女がつくるに向かって口にしたことを僕はそのまま文章にしただけです)、僕は彼を名古屋に行かせないわけにはいかなったし、そして果てはフィンランドにまで送り込むことになりました」[24]
  6. ^ バリー・マニロウは村上の著書においては含みのある書き方をされることが多い。『ねじまき鳥クロニクル』(新潮社)ではかつら工場で働く笠原メイが次のように書き記す。「仕事場には有線放送の音楽が流れています。音楽の種類は時間によって違っています。もしねじまき鳥さんがバリー・マニロウとエア・サプライのファンなら、ここが気に入るかもしれません」[29]
  7. ^ 一方、ペット・ショップ・ボーイズに関しては村上はファンであることを明言している。「村上朝日堂ホームページ」では次のように書いている。「ペットショップ・ボーイズのどこが悪いんだ、というあなたの意見には全面的に賛成します。僕は好きです。ゲイで何が悪い、ぴらぴらしているのがイヤならヒラメのエンガワを食べるなよな、というのが僕の意見です。'being boring'は僕も大好きです」[31]「『ドミノ・ダンシング』、いいですよね。ペットショップ・ボーイズのお友達は、僕のお友達です。Mi casa, su casaです」[32]

出典[編集]

  1. ^ a b c “村上春樹さんの新刊販売開始 深夜に行列、ファン興奮”. 朝日新聞. (2013年4月12日). http://www.asahi.com/culture/update/0412/TKY201304110511.html 2013年4月28日閲覧。 
  2. ^ 『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』村上春樹 | 単行本 - 文藝春秋BOOKS
  3. ^ 文春文庫『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』村上 春樹 | 文庫 - 文藝春秋BOOKS
  4. ^ 『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』村上春樹 | 電子書籍 - 文藝春秋BOOKS
  5. ^ 村上春樹さんの長編書き下ろし小説、4月刊行へ : ニュース : 本よみうり堂 YOMIURI ONLINE(読売新聞)、2013年2月18日
  6. ^ a b 村上春樹さん新作は「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」 4月12日発売 MSN産経ニュース、2013年3月15日
  7. ^ 村上春樹新作小説4・12発売!「色彩」「多崎つくる」「巡礼」の謎 | 特集 週刊文春WEB、2013年4月11日
  8. ^ 村上春樹さん「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」 新作をめぐる熱狂 MSN産経ニュース、2013年4月10日
  9. ^ 村上春樹さん新作を発売 3年ぶり、既に50万部 MSN産経ニュース、2013年4月12日
  10. ^ 村上春樹さん「書いているうちに長編になった」 新作でメッセージ MSN産経ニュース、2013年2月28日
  11. ^ 内容極秘、謎めく春樹新作…発売前から50万部 : ニュース : 本よみうり堂 YOMIURI ONLINE(読売新聞)、2013年4月9日
  12. ^ 秘密主義徹底の村上春樹の新作 謎の多さに書店も大わらわ 女性セブン2013年4月25日号(NEWSポストセブン)、2013年4月11日
  13. ^ “春樹効果、クラシック界にも 小説に登場の曲、品切れに”. 朝日新聞. (2013年4月20日). http://www.asahi.com/culture/update/0420/TKY201304200025.html 2013年4月28日閲覧。 
  14. ^ “書店員は村上春樹をどう売るのか?『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』をもっと楽しむ”. 日経ビジネス. (2013年4月26日). http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20130424/247181/?top_updt 2013年4月28日閲覧。 
  15. ^ トーハン調べ 2013年 年間ベストセラー
  16. ^ “村上春樹「多崎つくる」に熱狂 英語版、全米で一斉発売”. 産経ニュース. (2014年8月18日). http://sankei.jp.msn.com/life/news/140818/bks14081810430003-n1.htm 2014年8月20日閲覧。 
  17. ^ “Deep Chords: Haruki Murakami’s ‘Colorless Tsukuru Tazaki and His Years of Pilgrimage’”. The New York Times. (2014年8月5日). http://www.nytimes.com/2014/08/10/books/review/haruki-murakamis-colorless-tsukuru-tazaki-and-his-years-of-pilgrimage.html 2014年8月20日閲覧。 
  18. ^ “5年ぶり生ハルキ 壁崩壊25年のベルリンでスピーチ”. スポーツニッポン. (2014年11月9日). http://www.sponichi.co.jp/society/news/2014/11/09/kiji/K20141109009249950.html 2014年11月26日閲覧。 
  19. ^ a b “村上春樹さんがサイン会=400人行列-ロンドン”. 時事通信社. (2014年8月30日). http://www.jiji.com/jc/c?g=int&k=2014083000312 2014年8月31日閲覧。 
  20. ^ a b “村上春樹さん:「多崎つくる」ロンドンサイン会に長蛇”. 毎日新聞. (2014年8月31日). http://mainichi.jp/select/news/20140831k0000m030116000c.html 2014年8月31日閲覧。 
  21. ^ a b “ロンドンで村上春樹サイン会にファン殺到”. 日刊スポーツ. (2014年8月30日). http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp1-20140830-1359193.html 2014年8月31日閲覧。 
  22. ^ “村上春樹『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』英訳本 著者サイン入り豪華装丁版を抽選で3名様に限定販売”. 共同通信 PRワイヤー. (2014年9月12日). http://prw.kyodonews.jp/opn/release/201409113614/ 2014年9月17日閲覧。 
  23. ^ やはり名古屋は魔都なのか (2015年4月25日) - 村上さんのところ/村上春樹 期間限定公式サイト
  24. ^ 職業としての小説家スイッチ・パブリッシング、2015年9月10日、233-234頁。
  25. ^ 本書、単行本、138頁、301頁。
  26. ^ 米光一成. “最速レビュー。村上春樹『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』に驚いた”. エキサイトレビュー. 2013年4月13日閲覧。
  27. ^ 本書、単行本、36頁。
  28. ^ 本書、単行本、54頁。
  29. ^ 『ねじまき鳥クロニクル』第3部、新潮文庫、197頁。
  30. ^ a b 本書、単行本、61-62頁。
  31. ^ スメルジャコフ対織田信長家臣団朝日新聞社、2001年4月、読者&村上春樹フォーラム156。
  32. ^ 『スメルジャコフ対織田信長家臣団』前掲書、読者&村上春樹フォーラム169。
  33. ^ 本書、単行本、66頁。
  34. ^ 本書、単行本、78頁。
  35. ^ 本書、単行本、89頁。
  36. ^ 本書、単行本、166頁。
  37. ^ 本書、単行本、260頁。
  38. ^ “村上春樹作品のドイツ語訳に関する一考察”. nippon.com. (2014年2月24日). http://www.nippon.com/ja/views/b03701/ 2014年2月25日閲覧。 
  39. ^ “村上春樹氏の新作、韓国で空前の売れ行き 5万部の増刷も決定”. ライブドアニュース. (2013年7月3日). http://news.livedoor.com/article/detail/7824332/ 2014年2月18日閲覧。 

外部リンク[編集]