ラオスにいったい何があるというんですか?

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ラオスにいったい何があるというんですか?
紀行文集
著者 村上春樹
発行日 2015年11月21日
発行元 文藝春秋
ジャンル 紀行
随筆
ノンフィクション
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 四六判 上製 仮フランス装
ページ数 256
公式サイト books.bunshun.jp
コード ISBN 978-4-16-390364-4
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

ラオスにいったい何があるというんですか? 紀行文集』(ラオスにいったいなにがあるというんですか きこうぶんしゅう)は、村上春樹紀行[1]

2015年11月21日、文藝春秋より刊行された[2]。装丁は大久保明子。表紙の写真は岡村啓嗣。また同日、電子書籍版も配信開始された[3]。電子書籍版には、単行本にはないカラー写真約50点が各章の終わりに挿入されている。

2018年4月に文春文庫で再刊、「熊本再訪」を初収録している。

内容[編集]

タイトル 場所 初出 備考
1 チャールズ河畔の小径 ボストン 『太陽』1995年11月号臨時増刊
2 緑の苔と温泉のあるところ アイスランド 『TITLE』2004年2月号
3 おいしいものが食べたい オレゴン州ポートランド
メイン州ポートランド
『AGORA』2008年3月号、4月号
4 懐かしいふたつの島で ミコノス島
スペッツェス島
『AGORA』2011年4月号
5 もしタイムマシーンがあったなら ニューヨークのジャズ・クラブ 『AGORA』2009年11月号
6 シベリウスとカウリマスキを訪ねて フィンランド 『AGORA』2013年7月号
7 大いなるメコン川の畔で ラオスルアンプラバン 『AGORA』2014年10月号
8 野球と鯨とドーナッツ ボストン 『AGORA』2012年4月号
9 白い道と赤いワイン イタリアトスカナ 『AGORA』2015年6月号
10 漱石からくまモンまで 熊本県 CREA』2015年9月号
11 「東京するめクラブ」より、熊本再訪のご報告 熊本県 『CREA』2016年12月号 文庫判初収録
  1. 「緑の苔と温泉のあるところ」は当時『TITLE』に不定期連載されていた「東京するめクラブ」シリーズの特別編として書かれた。『東京するめクラブ 地球のはぐれ方』(文藝春秋、2004年11月)には収録されなかった。雑誌掲載時のタイトルは「アイスランド独りするめ旅行。」。

  2. 2015年6月、村上は都築響一とともに5日間熊本県を回った。2011年に郷里の熊本に戻った「東京するめクラブ」のもう一人のメンバーの吉本由美と同窓会(リユニオン)をおこなうことが第一の理由だったという[4]

書籍情報[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]