波の絵、波の話

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
波の絵、波の話
Pictures of Wave, Tales of Wave
著者 稲越功一村上春樹
訳者 村上春樹
発行日 1984年3月25日
発行元 文藝春秋
ジャンル 写真集詩集ほか
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 上製本
ページ数 96
コード ISBN 4-16-338810-9
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

波の絵、波の話』(なみのえ なみのはなし)は、稲越功一(写真)と村上春樹(文)の写真集。稲越功一の写真が中心の書籍である。

1984年3月、文藝春秋より刊行された。アート・ディレクションは渡邊かをる。デザインは渡邊かをる、吉岡博恭、弘中克典。

村上春樹の執筆部分[編集]

エッセイあるいは短編小説 6編

  • 「一枚のLP」[1]
  • 「僕は、1973年のピンボールに、やあ、と言った。」
  • 「1980年におけるスーパー・マーケット的生活」
  • 「マカハ・ビーチの氷河期」
  • 「地下鉄丸の内線レストラン・ガイド」
  • 「街のまぼろし」

翻訳(歌詞) 7編

原題 邦題 作者 歌手・演奏者 備考
Moonlight Drive ムーンライト・ドライブ ジョン・デンスモアロビー・クリーガーレイ・マンザレクジム・モリソン ザ・ドアーズ 村上は、和田誠との共著『村上ソングズ』(中央公論新社、2007年12月)の中でこの曲を訳し直している。
Sometimes I'm Happy サムタイムズ・アイム・ハッピー ヴィンセント・ユーマンズ、アーヴィング・シーザー
They Can't Take That Away from Me 誰にも奪えぬこの想い ジョージ・ガーシュウィンアイラ・ガーシュウィン フレッド・アステア 和田誠が『村上ソングズ』の中でこの曲を訳している。
By the Time I Get to Phoenix 恋はフェニックス ジム・ウェッブ グレン・キャンベル 村上は、ジム・ウェッブが書いてグレン・キャンベルが歌った曲をほかにも訳している。
ガルベストンGalveston)」を『村上ソングズ』の中で訳した。
The Way You Look Tonight 今宵の君は ドロシー・フィールズ、ジェローム・カーン フレッド・アステア
Lookin' Out My Back Door ルッキン・アウト・マイ・バック・ドア ジョン・フォガティ クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル
Caroline, No キャロライン・ノー ブライアン・ウィルソントニー・アッシャー ザ・ビーチ・ボーイズ 村上は、ウィルソンとアッシャーが書いてビーチ・ボーイズが歌った曲をほかにも訳している。「神のみぞ知る」を『村上ソングズ』の中で訳した。

翻訳(小説) 1編

脚注[編集]

  1. ^ エッセイ「一枚のLP」は、「はじめてジャズという音楽に触れたのは一九六四年一月、十四の歳のことであった。アート・ブレイキーとジャズ・メッセンジャーズ、完璧なバンドだった。メンバーを一人残らず覚えている。フレディ・ハバードウェイン・ショーターシダー・ウォルトンレジー・ワークマン、そしてヴォーカルにジョニー・ハートマン。たしかあの日の神戸の街には雪が降っていたはずだ」という書き出しで始まる。このときの体験を村上は『ポートレイト・イン・ジャズ』(新潮社、1997年12月)と『意味がなければスイングはない』(文藝春秋、2005年11月)の中でも書いているが、共に年号を「1963年」に訂正している。
  2. ^ 1981年刊行の短編集『What We Talk About When We Talk About Love』(クノップフ社)に収められていた短編。『THE COMPLETE WORKS OF RAYMOND CARVER 2 愛について語るときに我々の語ること』(中央公論社、1990年8月)が出版された際の日本語タイトルは「ファインダー」。

関連項目[編集]