レキシントンの幽霊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
レキシントンの幽霊
著者 村上春樹
発行日 1996年11月30日
発行元 文藝春秋
ジャンル 小説
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 上製本
ページ数 237
コード ISBN 4-16-316630-0
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

レキシントンの幽霊』(レキシントンのゆうれい)は、村上春樹短編小説集。

概要[編集]

1996年11月、文藝春秋より刊行された。装丁は坂川栄治。表紙の写真は戸田嘉昭。1999年10月、文春文庫として文庫化された。いくつかの作品は収録にあたり加筆されている。

収録された7つの作品のうち、「レキシントンの幽霊」を除く6つの作品すべてが英訳されている。現在それらは『The Elephant Vanishes』(クノップフ社、1993年)と『Blind Willow, Sleeping Woman』(クノップフ社、2006年)の2冊の短編集で読むことができる。

収録作品[編集]

タイトル 初出 英訳 備考
1 レキシントンの幽霊 群像』1996年10月号 『群像』に掲載されたのはショート・バージョン。本書にはロング・バージョンが収録された。
2 緑色の獣 文學界』1991年4月臨時増刊号
「村上春樹ブック」
The Little Green Monster
(『The Elephant Vanishes』, 1993)
3 沈黙 『村上春樹全作品 1979〜1989』第5巻(講談社、1991年1月) The Silence
(『The Elephant Vanishes』, 1993)
本書に収録される前に、1993年3月、全国学校図書館協議会から「集団読書用テキスト」として発売された。
4 氷男 『文學界』1991年4月臨時増刊号
「村上春樹ブック」
The Ice Man
(The New Yorker. February 10, 2003)[1]
5 トニー滝谷 文藝春秋』1990年6月号 Tony Takitani
(The New Yorker. April 15, 2002)[2]
『文藝春秋』に掲載されたのはショート・バージョン。1991年7月刊行の『村上春樹全作品 1979~1989』第8巻にロング・バージョンが収録された。本書に収められたのはロング・バージョンである。2005年には市川準監督のもと、映画化された。
6 七番目の男 『文藝春秋』1996年2月号 The Seventh Man
(Granta. March, 1998)
7 めくらやなぎと、眠る女 『文學界』1995年11月号 Blind Willow, Sleeping Woman
(Harper's. June, 2002)
『文學界』1983年12月号に掲載され『螢・納屋を焼く・その他の短編』に収録された「めくらやなぎと眠る女」を、本書への収録にあたり一部を削除てある。区別のため便宜的に「めくらやなぎと眠る女」に改題されている[3]

脚注[編集]

関連項目[編集]