村上春樹、河合隼雄に会いにいく

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
村上春樹、河合隼雄に会いにいく
著者 河合隼雄村上春樹
イラスト 菅原美奈子
発行日 1996年12月5日
発行元 岩波書店
ジャンル 対談
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 上製本
ページ数 206
コード ISBN 4-00-002221-0
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

村上春樹、河合隼雄に会いにいく』(むらかみはるきかわいはやおにあいにいく)は、河合隼雄村上春樹の対談集。

概要[編集]

1996年12月、岩波書店より刊行された。『世界』1996年4月号、5月号に収められたものが初出。のち1999年1月に新潮文庫として文庫化された。

対談は、1995年11月、京都で二晩かけて行われた。単行本の版元である岩波書店の編集者や、村上の作品の翻訳を手がけているジェイ・ルービン、村上の妻も参加したが、彼らの発言は取り除かれている[1]

河合と村上のその他の対談[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 本書、新潮文庫、10-12頁。

外部リンク[編集]