またたび浴びたタマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
またたび浴びたタマ
著者 村上春樹
イラスト 友沢ミミヨ
発行日 2000年8月30日
発行元 文藝春秋
ジャンル 回文かるた・絵本
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 並製本・函入
ページ数 192
コード ISBN 978-4-16-356510-1
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

またたび浴びたタマ』(またたびあびたタマ)は、村上春樹作、友沢ミミヨ絵の回文の本。

2000年8月30日、文藝春秋より刊行された[1]。装丁は大久保明子。「二〇〇〇年のお正月にそれ(注・回文を作ること)以外に何をしたのか、今となってはぜんぜん思い出せない」くらい没頭して作ったと村上は語っている[2]

内容[編集]

回文は全部で45。「あ」から「わ」までの44文字に対応した回文がひとつずつ掲載されている(「よ」のみ2つあるので計45)。それぞれにかるたを模して描かれた友沢のイラストがあり、村上の小話、エッセイが添えられている。

回文の例。「浦和で蒔いた、ははは、と母は大麻で笑う」、「トナカイ好きな鱚、いか納豆」[3]、「裸体が渋い武士がいたら」など。

脚注[編集]

  1. ^ 『またたび浴びたタマ』村上春樹・文 友沢ミミヨ・画 | 単行本 - 文藝春秋BOOKS
  2. ^ 本書 あとがき。
  3. ^ かつて村上が『ビックリハウス』に投稿して採用された作品とのこと。

関連項目[編集]