1973年のピンボール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1973年のピンボール
著者 村上春樹
イラスト 佐々木マキ
発行日 1980年6月17日
発行元 講談社
ジャンル 小説
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 上製本
ページ数 208
コード ISBN 4-06-116862-2
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

1973年のピンボール』 (せんきゅうひゃくななじゅうさんねんのピンボール) は、村上春樹の2作目の長編小説

概要[編集]

文芸誌『群像1980年3月号に掲載され、同年6月17日講談社より単行本化された[1]。表紙の絵は佐々木マキ1983年9月8日講談社文庫として文庫化された[2]2004年11月16日、文庫の新装版が出版された[3]

本人は異なる証言をしているが[注 1]、タイトルは大江健三郎の『万延元年のフットボール』のパロディという説がある。第83回芥川賞(1980年上半期)の候補作となった。

「鼠三部作」の2作目。1973年9月に始まり、11月に終わる。第1章から第25章まで、「僕」の物語の章と鼠の物語の章に分かれ、二つの物語系列がパラレル(平行)に進行していく。

村上は当初、小説をリアリズムで書こうとしたが挫折し、「鼠」の章のみリアリズムで書いたと述べている[5]。推敲を何度も重ねることで知られる村上だが、終盤の倉庫の箇所は一切書き直しなしで書いたという[6]

初期の長編2作は講談社英語文庫の英訳版(『Hear the Wind Sing』と『Pinball, 1973』)が存在するにもかかわらず、村上自身が初期の長編2作を「自身が未熟な時代の作品」と評価しており、長い間日本国外での英訳版の刊行は一切行われていなかった[7]。しかし2015年8月4日にテッド・グーセンの新訳により、『風の歌を聴け』との合本でHarvill Seckerから出版された。また同日、オーディオブック版もRandom House Audioから発売された[8][9]

2016年7月1日電子書籍版が配信開始。

あらすじ[編集]

「僕」の物語[編集]

1973年、大学を卒業し翻訳で生計を立てていた「僕」は、ふとしたことから双子の女の子と共同生活を始めることになる。そんなある日、「僕」の心をピンボールが捉える。1970年ジェイズ・バーで「鼠」が好んでプレイし、その後「僕」も夢中になったスリーフリッパーのピンボール台「スペースシップ」を捜し始める。

「鼠」の物語[編集]

鼠は1970年に大学を辞めて以来、故郷の街のジェイズ・バーに通ってバーテンジェイを相手に現実感のない日々を送っていた。1973年9月のはじめ、新聞の不要物売買コーナーで電動タイプライターを見つける。タイプライターの持ち主の女と鼠は関係を持つ。

登場人物[編集]

作中の語り手。友人と翻訳専門の事務所を設立し、英語の翻訳をしている。郊外のアパートに住んでいる。
双子の女の子
「僕」の同居人。トレーナー・シャツの胸にある208と209のプリントでしか見分けがつかない。
友人
「僕」と翻訳専門の事務所を設立し、フランス語の翻訳をしている。
事務員の女の子
ビジネス・スクールを卒業し、「僕」と友人の事務所に勤める。
1970年に大学をやめて以来、現実感を喪失している。
ジェイ
ジェイズ・バーバーテンダー。中国人。片手の猫と暮らしている。
鼠の女
突堤の近くのアパートに住む。美術大学の建築学科を卒業し、設計事務所に勤めている。27歳。
直子
1969年に「僕」とつきあっていたが死亡している。
井戸掘り職人
井戸掘りの天才。直子が17歳の秋に列車に轢かれ死亡。
直子の父
仏文学者。大学の職を辞してからは古い書物の翻訳をしていた。
髪の長い少女
「僕」が大学生の時に同じアパートに住んでいた。1970年3月に大学をやめ故郷に帰る。
土星生まれの男
大学の一部を占拠する政治的なグループに所属。
ピンボール・マニアのスペイン語講師
大学でスペイン語を教えている。年は30を幾つか出たあたり。
ピンボールのコレクター
かつて養鶏場だった倉庫に78台のピンボール・マシンを集めている。

登場する文化・風俗[編集]

アルテックA5 アメリカの音響機器メーカー「アルテック」が発売していた大型スピーカーシステムのひとつ。
土星生まれの男が属するグループが占拠した大学の九号館には、「二千枚のレコード・コレクションとアルテックA5を備えた小綺麗な音楽室」[10]があり、秋の終わりまでにはグループの全員がクラシック・マニアになっていたと「僕」は書き記す。
ハロー・メリー・ルウ リッキー・ネルソンが1961年に発表したシングル「トラベリン・マン」のB面に収められた曲。「トラベリン・マン」は全米チャート1位を記録し、「ハロー・メリー・ルウ」は同9位を記録した。
「十二の歳に直子はこの土地にやってきた。。一九六一年、西暦でいうとそういうことになる。リッキー・ネルソンが『ハロー・メリー・ルウ』を唄った年だ」[11]
ラバー・ボール ボビー・ヴィーが1960年に発表したシングル曲。
リチャード・ニクソン アメリカの第37代大統領。本書では2回登場する。1回目は「歴代大統領の銅像が全部建てられるくらいの銅貨」という比喩のあと。「僕」は「もっともあなたにリチャード・M・ニクソンの銅像を建てる気があればのことだが」と述べる[注 2]
2回目は双子が驚くほど世間を知らないと「僕」が語る場面。「ベトナムが二つの部分にわかれて戦争をしていることを納得させるのに三日かかり、ニクソンがハノイを爆撃する理由を説明するのにあと四日かかった」[13]
レフ・トロツキー ウクライナ生まれの革命家、ソビエト連邦の政治家。本書では2回登場する。
勇気ある追跡 1969年公開のアメリカ映画。ジョン・ウェイン、グレン・キャンベル出演の西部劇。
ペニー・レイン ビートルズが1967年に発表したシングル曲。事務員の女の子の人となりについて「僕」はこう述べる。「一日に二十回も『ペニー・レイン』を(それもサビ抜きで)口ずさむことを別にすればこれといった欠点はなかった」[14]
ウィリアム・スタイロン アメリカの小説家・随筆家。『ソフィーの選択』(1979年)の著者として知られる。
シンシナティ・キッド 1965年公開のアメリカ映画。本文に書かれてあるとおり[15]スティーブ・マックイーンエドワード・G・ロビンソンが出演している。
純粋理性批判 イマヌエル・カントの著書。「僕」は双子のいれてくれたコーヒーを飲みながら『純粋理性批判』を何度も読み返す[16]
ケネス・タイナン 英国の演劇評論家、劇作家ロマン・ポランスキーが1971年に発表した映画『マクベス』の共同脚本も書いている。
「僕」の仕事のひとつとして、「一九七一年九月号の『エスカイヤ』に載っているケネス・タイナンの『ポランスキー論』」[17]が登場する。
フョードル・ドストエフスキー ロシアの代表的小説家のひとり。「『殆んど誰とも友だちになんかなれない。』 それが僕の一九七〇年代におけるライフ・スタイルであった。ドストエフスキーが予言し、僕が固めた」[18]
ミルドレッド・ベイリー 1930年代に活躍した女性ジャズ歌手。ベイリーの「イッツ・ソー・ピースフル・イン・ザ・カントリー」を「僕」が口笛で二回吹くと、双子の女の子はいい曲ねと賞める[19]
ビックス・バイダーベック アメリカのジャズ・コルネット奏者。1931年8月に28歳の若さでこの世を去った。村上は和田誠との共著『ポートレイト・イン・ジャズ』(新潮社、1997年12月)の中でビックス・バイダーベックに触れている。

『群像』版と単行本と『村上春樹全作品』の本文異同[編集]

以下は『群像』1980年3月号掲載版と単行本と『村上春樹全作品1979~1989』の本文異同である(主なもののみ)。山﨑眞紀子著『村上春樹の本文改稿研究』(若草書房、2008年1月)に拠った。

『群像』 単行本 『村上春樹全作品1979~1989』
タイトル『一九七三年のピンボール タイトル『1973年のピンボール 同左
ペプシの紙コップが一つ置かれていた 紙コップが一つ置かれていた 同左
まるでチェシャ猫のように まるで「不思議の国のアリス」に出てくるチェシャ猫のように 同左
「トムとジェリー。」
「バットマンとロビン。」
削除 削除
餌にはリグレイのペパーミント・ガムを使った。 餌にはペパーミント・ガムを使った。 同左
肺をこじらせて死んだ。 同左 肺炎をこじらせて死んだ[注 3]
ジェームス・B・ハートレイはその哲学的なピンボール研究書「ボーナス・ライト」の序文で ピンボール研究書「ボーナス・ライト」の序文で 同左
スティーヴ・マクイーン 同左 スティーヴ・マクィーン[注 4]
すぐにラジエーターが故障するフォルクス・ワーゲン[注 5] 同左 すぐにエンジンが故障するフォルクス・ワーゲン[注 6]
誰も受話器を取らぬままに死んだ。 誰も受話器を取らぬままに止んだ。 同左
何故だかわからない。でもそれは馬鹿気ていた。 でもそれは馬鹿気ていた。 同左
もう誰にも何も与えることはできないのかもしれない。パンの耳さえも……。 もう誰にも何も与えることはできないのかもしれない。 同左
ティッシュ・ペーパーを細かく引き裂いて 新聞紙を細かく引き裂いて 同左
その年の冬のことだった。 一九七〇年の冬のことだった。 同左

翻訳[編集]

翻訳言語 翻訳者 発行日 発行元
英語 アルフレッド・バーンバウム 1985年9月 講談社英語文庫
テッド・グーセン 2015年8月4日 Harvill Secker
フランス語 Hélène Morita 2016年1月16日 Belfond
ドイツ語 Ursula Gräfe 2015年5月20日 DuMont Buchverlag
イタリア語 Antonietta Pastore 2016年5月24日 Einaudi
スペイン語 Lourdes Porta Fuentes 2015年10月1日 Tusquets Editores
ポルトガル語 Maria João Lourenço 2016年5月31日 Casa das Letras
ノルウェー語 Yngve Johan Larsen 2015年 Pax forlag
ポーランド語 Anna Zielińska-Elliott 2014年5月 Muza
ロシア語 Вадим Смоленский 2002年 Eksmo
中国語 (繁体字) 頼明珠 1992年2月25日 時報文化
中国語 (簡体字) 林少華 2008年8月 上海訳文出版社
韓国語 金蘭周(キム・ナンジュ) 1997年1月15日 열림원
ユン・ソンウォン 2007年12月 文学思想社
タイ語 นพดล เวชสวัสดิ์ 2002年11月 สำนักพิมพ์แม่ไก่ขยัน

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 村上本人はこう述べている。「ぼくは、一つの言葉から、なんかつくるっていうの好きなんですよね。『1973年のピンボール』にしても、まず、ピンボールについての小説を書きたい。ピンボールっていう題があるから、じゃ、年号をつけようか。〝1973年のピンボール〟でいこう、と」[4]
  2. ^ 村上がアメリカの大統領を比喩に用いた他の例。「もちろんそれらがそれらなりに見事な光沢を放った日々もあったのだろうが、そのような輝かしい日々が、ジミー・カーターが米国大統領に就任する以前の時代に属するであろうことについては、いささかの金を賭けてもいいと僕は思った。もちろん賭が成立するとしての話だが」[12]
  3. ^ 2004年11月に出版された改版の文庫は、『村上春樹全作品』と同じく「肺炎」。
  4. ^ 2004年11月に出版された改版の文庫は、『村上春樹全作品』と同じく「スティーヴ・マクィーン」。
  5. ^ フォルクス・ワーゲンの旧ビートルは空冷式エンジンのため、ラジエーターは存在しない。この間違いに関して読者から手紙が来たことを村上はエッセイに記している[20]
  6. ^ 2004年11月に出版された改版の文庫は、『村上春樹全作品』と同じく「エンジン」。

出典[編集]

  1. ^ 『1973年のピンボール』(村上春樹)|講談社BOOK倶楽部
  2. ^ 『1973年のピンボール』(村上春樹, 佐々木マキ):講談社文庫|講談社BOOK倶楽部
  3. ^ 『1973年のピンボール』(村上春樹):講談社文庫(新装版)|講談社BOOK倶楽部
  4. ^ 村上龍・村上春樹 『ウォーク・ドント・ラン』講談社、1981年7月、21-22頁。
  5. ^ 「聞き書 村上春樹この十年 1979年~1988年」『村上春樹ブック』(『文學界』1991年4月臨時増刊)。
  6. ^ 村上龍・村上春樹 『ウォーク・ドント・ラン』前掲書、117頁。
  7. ^ 都甲幸治『偽アメリカ文学の誕生』(水声社)。
  8. ^ “Haruki Murakami's first novel to be retranslated and republished in English”. ガーディアン. (2014年9月5日). http://www.theguardian.com/books/2014/sep/05/haruki-murakami-first-novel-retranslated-english-hear-the-wind-sing 2014年9月18日閲覧。 
  9. ^ Pinball, 1973 by Haruki Murakami - Random House Audio
  10. ^ 本書、講談社文庫、旧版、6-7頁。
  11. ^ 本書、講談社文庫、旧版、16頁。
  12. ^ もし僕らのことばがウィスキーであったなら新潮文庫、97-100頁。
  13. ^ 本書、講談社文庫、旧版、38頁。
  14. ^ 本書、講談社文庫、旧版、32頁。
  15. ^ 本書、講談社文庫、旧版、33頁。
  16. ^ 本書、講談社文庫、旧版、34頁。
  17. ^ 本書、講談社文庫、旧版、35頁。
  18. ^ 本書、講談社文庫、旧版、39頁。
  19. ^ 本書、講談社文庫、旧版、53頁。
  20. ^ 村上朝日堂の逆襲新潮文庫、120-122頁。

関連項目[編集]