月曜日は最悪だとみんなは言うけれど

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
月曜日は最悪だとみんなは言うけれど
著者 D・T・マックス、村上春樹ほか
訳者 村上春樹
イラスト 村田篤司
発行日 2000年4月30日
発行元 中央公論新社
ジャンル 文芸評論エッセイ小説
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 上製本
ページ数 260
コード ISBN 978-4120030055
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

月曜日は最悪だとみんなは言うけれど』(げつようびはさいあくだとみんなはいうけれど)は、村上春樹編・訳によるアメリカ現代文学のアンソロジー。エッセイ作家論短編が収録されている。

概要[編集]

2000年4月30日、中央公論新社より刊行された。それぞれの訳文の前に、村上の長めの解説文が付されている。表紙の絵は村田篤司。装丁は渡辺和雄

2006年3月、「村上春樹 翻訳ライブラリー」シリーズの一冊として新書化された。その際、村上のエッセイ「翻訳の寿命は、いったいどれくらいのものなのだろう」が新たに収録された。

本書のタイトルは、ブルーズ曲「ストーミー・マンデー」(Stormy Monday)の歌詞の一節から取られている[1]

収録作品[編集]

タイトル 著者 初出
誰がレイモンド・カーヴァーの小説を書いたのか?
The Carver Chronicles
D・T・マックス
D. T. Max
中央公論』1999年2月号
グッド・レイモンド
Personal History, Good Raymond
リチャード・フォード
Richard Ford
『中央公論』1999年4月号
私の中のヴェトナム
The Vietnam in Me
ティム・オブライエン
Tim O'Brien
『中央公論』1999年6月号
ノガレス
Nogales
ティム・オブライエン
Tim O'Brien
『中央公論』1999年10月号
ルーン・ポイント
Loon Point
ティム・オブライエン
Tim O'Brien
エスクァイア日本版』1993年10月号
ジョン・アーヴィングの世界 (改訂版)
John Irving's (Revised) World
ジョン・ポール・ニューポート
John Paul Newport
『中央公論』1999年9月号
私は……天才だぜ!
I Am a...Genius!
トム・ジョーンズ
Thom Jones
『中央公論』2000年2月号
シークレット・エージェント
Secret Agent
デニス・ジョンソン
Denis Johnson
訳し下ろし
翻訳の寿命は、いったいどれくらいのものなのだろう 村上春樹 読売新聞」2006年1月12日夕刊
※「村上春樹 翻訳ライブラリー」版のみ収録

脚注[編集]

  1. ^ トム・ジョーンズの2作目の短編小説集に収められた一編の中に、「ストーミー・マンデー」の歌詞が引用されていることによる。「They call it stormy Monday, but, Tuesday's just as bad」を村上は「月曜日は最悪だとみんなは言うけれど、火曜日だって負けずにひどい」と訳した。(本書 221頁)

関連項目[編集]