東京奇譚集

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
東京奇譚集
Five Strange Tales from Tokyo
著者 村上春樹
イラスト 松永かの
発行日 2005年9月16日[1]
発行元 新潮社
ジャンル 小説
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 上製本
ページ数 212
公式サイト 村上春樹『東京奇譚集』特設ページ
コード ISBN 4-10-353418-4
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

東京奇譚集』(とうきょうきたんしゅう)は、村上春樹の連作短編小説集。

概要[編集]

2005年9月16日新潮社より発売された(奥付の発行日は9月18日)[1]2007年12月1日、新潮社より新潮文庫として文庫化された[2]。単行本の表紙の絵と挿絵は松永かの。文庫本の表紙の絵は榎俊幸。

本作の収録作品は『新潮』掲載直後から『ザ・ニューヨーカー』等の雑誌で英訳され始め、1年強の間に5編すべてが訳されることとなった。それらは現在、2006年7月刊行の短編小説集『Blind Willow, Sleeping Woman』(クノップフ社)で読むことができる。

「週に一本のペースで、一ヵ月のあいだに五本の作品を書き上げた」と村上は述べている[3]

収録作品[編集]

タイトル 初出 英訳
1 偶然の旅人 新潮』2005年3月号 Chance Traveler
(Harper's. July, 2005)
2 ハナレイ・ベイ 『新潮』2005年4月号 Hanalei Bay
(The Guardian. April 15, 2006)
3 どこであれそれが見つかりそうな場所で 『新潮』2005年5月号 Where I'm Likely to Find It
(The New Yorker. May 2, 2005)
4 日々移動する腎臓のかたちをした石 『新潮』2005年6月号 The Kidney-Shaped Stone That Moves Every Day
(The New Yorker. September 26, 2005)
5 品川猿 書き下ろし A Shinagawa Monkey
(The New Yorker. February 13, 2006)

翻訳[編集]

海外においては、本書よりも短編集『めくらやなぎと眠る女 TWENTY-FOUR STORIES』の方が多く訳された。下記以外の言語については、「めくらやなぎと眠る女 (短編小説集)#翻訳」を参照のこと。

翻訳言語 翻訳者 発行日 発行元
ロシア語 Андрей Замилов 2010年4月 Eksmo
中国語 (繁体字) 頼明珠 2006年2月7日 時報文化
中国語 (簡体字) 林少華 2006年7月 上海訳文出版社
韓国語 任洪彬(イム・ホンビン) 2006年4月1日 文学思想社
梁潤玉(ヤン・ユンオク) 2014年8月6日 ビチェ
タイ語 2013年5月 กำมะหยี่

脚注[編集]

  1. ^ a b 村上春樹 『東京奇譚集』 | 新潮社
  2. ^ 村上春樹 『東京奇譚集』 新潮文庫 | 新潮社
  3. ^ 『めくらやなぎと眠る女 TWENTY-FOUR STORIES』新潮社、2009年11月、16頁。

関連項目[編集]