ザ・スコット・フィッツジェラルド・ブック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ザ・スコット・フィッツジェラルド・ブック
著者 村上春樹
F・スコット・フィッツジェラルド
訳者 村上春樹
イラスト 和田誠
発行日 1988年4月8日
発行元 TBSブリタニカ
ジャンル エッセイ小説
日本の旗 日本
言語 日本語
ページ数 282
コード ISBN 978-4484882079
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

ザ・スコット・フィッツジェラルド・ブック』は、村上春樹エッセイ集および翻訳書。

1988年4月、TBSブリタニカより刊行された。エッセイが8編、そしてスコット・フィッツジェラルドの翻訳が2編収められている。装丁と表紙の絵は和田誠。1991年4月、中央公論社より中公文庫として文庫化された。

2006年3月、「村上春樹 翻訳ライブラリー」シリーズの一冊として新書化された。その際、アーノルド・ギングリッチのエッセイ「スコット、アーネスト、そして誰でもいい誰か」の翻訳が新たに収録された。

内容[編集]

タイトル 執筆者 初出
コンクリートとガラスの楽園
ニューヨーク州ニューヨーク
村上春樹 『サントリークォータリー』1983年14号
「アラーの園」の人々
カリフォルニア州ハリウッド
村上春樹 『サントリークォータリー』1983年16号
ロックヴィル巡礼
メリーランド州ロックヴィル
村上春樹 『サントリークォータリー』1983年19号
奇妙に心地よい太陽の照る場所
アラバマ州モントゴメリイ
村上春樹 マリ・クレール』1986年11月号
ホワイト・ベア湖の夢 村上春樹 『サントリークォータリー』1985年21号
『夜はやさし』の二つのヴァージョン 村上春樹 『フィッツジェラルドの文学』(荒地出版社
ゼルダ・フィッツジェラルドの短い伝記 村上春樹 『妻の名のもとに』(集英社
映画『華麗なるギャツビー』についてのコメント 村上春樹 『名作52 読む見る聴くPart1』(集英社
自立する娘
On Your Own
スコット・フィッツジェラルド 訳し下ろし
リッチ・ボーイ(金持の青年)
The Rich Boy
スコット・フィッツジェラルド 訳し下ろし
スコット、アーネスト、そして誰でもいい誰か
Scott, Ernest and Whoever
アーノルド・ギングリッチ ※「村上春樹 翻訳ライブラリー」版のみに収録

脚注[編集]

関連項目[編集]