ジェイ・ルービン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ジェイ・ルービンJay Rubin, 1941年 - )は、アメリカ日本文学翻訳家、研究者。ハーバード大学名誉教授。

特に村上春樹の作品を複数英訳したことで広く知られているが、芥川龍之介夏目漱石の翻訳も行っており、また、日本語の学習書や文学評論も出版している。

経歴[編集]

ワシントンD.C.生まれ。ユダヤ系アメリカ人である[1]シカゴ大学で日本文学のPh.D.を取得し、18年間ワシントン大学で教鞭を執った後、ハーバード大学の教授に就任。2008年退職、名誉教授。

はじめ明治期の検閲について研究したが、村上春樹の英訳で知られるようになる。謡曲も研究対象とする。

2003年、村上の長編小説『ねじまき鳥クロニクル』の翻訳により、第14回野間文芸翻訳賞を受賞した。

2015年5月、初めての小説『The Sun Gods』を著した。同書は柴田元幸と平塚隼介に翻訳され、7月31日、新潮社より『日々の光』として刊行された[2]

エピソード[編集]

  • 日本語の意味を忠実に再現する作風で知られる。村上春樹の談によれば「ジェイ・ルービンはハーヴァード大学の正教授で、社会的にもきちんとした偉い人で、ユーモアの感覚みたいなのはすごくあるんだけど、翻訳作業については非常に真面目で厳格な人で、わかんないことがあるといつも電話をかけてくるんです。」[3]
  • 2006年6月、村上春樹の短編集『Blind Willow, Sleeping Woman』がフランク・オコナー国際短編賞を受賞した際、アイルランドで開かれた授賞式に村上の代わりに出席した[4]
  • エルサレム賞を受賞した村上春樹は、2009年2月15日、イスラエルで英語でスピーチを行った。ルービンは村上に急遽頼まれて原稿を英語に訳したという[5]
  • NHKラジオ第2の語学番組『英語で読む村上春樹』(2013年4月放送開始)で取り上げられた村上の6作品のうち5作品(「象の消滅」「かえるくん、東京を救う」「踊る小人」「トニー滝谷」「眠り」)は、ルービンの翻訳によるものである。
  • 小説『日々の光』は2015年に出版されたが、書かれたのは1987年だという[1]

翻訳作品(村上春樹)[編集]

長編小説など[編集]

タイトル 詳細情報 日本語タイトル 備考
The Wind-Up Bird Chronicle クノップフ社(1997年10月21日) ねじまき鳥クロニクル
Norwegian Wood Vintage Books(2000年9月12日)[6] ノルウェイの森
After Dark クノップフ社(2007年5月) アフターダーク
1Q84 BOOK 1, BOOK 2 クノップフ社(2011年9月18日) 1Q84 「BOOK 3」はフィリップ・ガブリエルの翻訳
Absolutely on Music ペンギン・ランダムハウス(2016年11月15日) 小澤征爾さんと、音楽について話をする

短編小説[編集]

タイトル 詳細情報 日本語タイトル 備考
The Second Bakery Attack Playboy』1992年1月号 パン屋再襲撃 短編集『The Elephant Vanishes』に収録
On Seeing the 100% Perfect Girl One Beautiful April Morning 訳し下ろし 四月のある晴れた朝に100パーセントの女の子に出会うことについて 同上
Sleep ザ・ニューヨーカー』1992年3月30日号[7] 眠り 同上
The Little Green Monster 訳し下ろし 緑色の獣 同上
A Family Affair 訳し下ろし ファミリー・アフェア 同上
A Window 訳し下ろし 同上
The Dancing Dwarf 訳し下ろし 踊る小人 同上
The Elephant Vanishes 『ザ・ニューヨーカー』1991年11月18日号[8] 象の消滅 同上
UFO in Kushiro 『ザ・ニューヨーカー』2001年3月19日号[9] UFOが釧路に降りる 短編集『after the quake』に収録
Landscape with Flatiron Ploughshares』2002年9月22日号 アイロンのある風景 同上
All God's Children Can Dance Harper's Magazine』2001年10月号 神の子どもたちはみな踊る 同上
Thailand Granta』2001年7月7日号 タイランド 同上
Super-Frog Saves Tokyo GQ』2002年6月号 かえるくん、東京を救う 同上
Honey Pie 『ザ・ニューヨーカー』2001年8月20日号、27日号[10] 蜂蜜パイ 同上
Birthday Girl Harper's』2003年7月号 バースデイ・ガール 短編集『Blind Willow, Sleeping Woman』に収録
Aeroplane: Or, How He Talked to Himself as If Reciting Poetry 『ザ・ニューヨーカー』2002年7月1日号[11] 飛行機―あるいは彼はいかにして詩を読むようにひとりごとを言ったか 同上
Dabchick McSweeney's』2000年晩冬号 かいつぶり 同上
A "Poor Aunt" Story 『ザ・ニューヨーカー』2001年12月3日号[12] 貧乏な叔母さんの話 同上
Nausea 1979 訳し下ろし 嘔吐1979 同上
The Seventh Man Granta』1998年3月号 七番目の男 同上
Tony Takitani 『ザ・ニューヨーカー』2002年4月15日号[13] トニー滝谷 同上
The Rise and Fall of Sharpie Cakes 訳し下ろし とんがり焼の盛衰 同上
Hanalei Bay ガーディアン』2006年4月15日号 ハナレイ・ベイ 同上
The Kidney-Shaped Stone That Moves Every Day 『ザ・ニューヨーカー』2005年9月26日号[14] 日々移動する腎臓のかたちをした石 同上

翻訳作品(その他)[編集]

主要な著書[編集]

  • 文芸評論・学術・学習書・小説・エッセイ
    • Injurious to public morals : writers and the Meiji state / Seattle : University of Washington Press , c1984.(『風俗壊乱―明治国家と文芸の検閲』 世織書房、2011年4月8日、今井泰子・大木俊夫・木股知史・河野賢司・鈴木美津子訳)[15]
    • Making sense of japanese : what the textbooks don't tell you / Tokyo : Kodansha International , 1998.
    • Haruki Murakami and the music of words / London : Vintage , 2005. (『ハルキ・ムラカミと言葉の音楽』 新潮社、2006年9月、畔柳和代訳)
    • The Sun Gods / Seattle : Chin Music Press , 2015. (『日々の光』 新潮社、2015年7月、柴田元幸・平塚隼介訳)
    • 『村上春樹と私』 東洋経済新報社、2016年11月24日
  • 編纂
    • Modern Japanese writers / New York : Charles Scribner's Sons , c2001.

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 初小説 『The Sun Gods』 上梓 村上春樹作品の英訳者 ジェイ・ルービン氏インタビュー | シアトル最大の日本語情報サイト Junglecity.com
  2. ^ ジェイ・ルービン 柴田元幸 平塚隼介『日々の光』|新潮社
  3. ^ 村上春樹・柴田元幸翻訳夜話』文藝春秋、2000年、18頁。
  4. ^ “村上春樹氏にフランク・オコナー国際短編賞”. 産経新聞 ENAK. (2006年6月29日). http://www.sankei.co.jp/enak/2006/sep/kiji/25murakamiharuki.html 2014年4月25日閲覧。 
  5. ^ 文藝春秋』2009年4月号、「僕はなぜエルサレムに行ったのか」、158頁。
  6. ^ ノルウェイの森』はアルフレッド・バーンバウムが翻訳したものも存在する。ただしバーンバウム版は現在絶版となっている。
  7. ^ FICTION SLEEP BY HARUKI MURAKAMI. March 30, 1992The New Yorker
  8. ^ FICTION THE ELEPHANT VANISHES BY HARUKI MURAKAMI. November 18, 1991The New Yorker
  9. ^ FICTION UFO IN KUSHIRO BY HARUKI MURAKAMI. March 19, 2001The New Yorker
  10. ^ FICTION HONEY PIE BY HARUKI MURAKAMI. August 20, 2001The New Yorker
  11. ^ FICTION AIRPLANE BY HARUKI MURAKAMI. July 1, 2002The New Yorker
  12. ^ FICTION A POOR-AUNT STORY BY HARUKI MURAKAMI. December 3, 2001The New Yorker
  13. ^ FICTION TONY TAKITANI BY HARUKI MURAKAMI. April 15, 2002The New Yorker
  14. ^ FICTION THE KIDNEY-SHAPED STONE THAT MOVES EVERY DAY BY HARUKI MURAKAMI. September 26, 2005The New Yorker
  15. ^ 世織書房 書籍案内 風俗壊乱―明治国家と文芸の検閲 ジェイ・ルービン=著

関連項目[編集]

外部リンク[編集]