宗像サニックスブルース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
宗像サニックスブルース
原語表記 宗像サニックスブルース
クラブカラー     
愛称 ブルース[1]
創設年 1994年
代表者 藤井雄一郎(部長)
監督 藤井雄一郎
所属リーグ トップキュウシュウA
ファーストカラー
セカンドカラー
公式サイト
http://rugby.sanix.jp/
テンプレートを表示

宗像サニックスブルース(むなかたサニックスブルース、Munakata Sanix Blues)は、2015年現在トップキュウシュウAに参加する福岡県実業団ラグビーチームである。本拠地は宗像市グローバルアリーナ

歴史[編集]

1994年サニックスラグビー部として福岡県社会人Cリーグ(西日本社会人Aリーグから見ると5部相当)に加盟し、同リーグ戦に優勝。その後、飛び級という異例な形で1995年に西日本Bリーグ(2部)に加盟。1997年には同Aリーグ(1部)への加盟を果たす。1999年には西日本Aリーグで念願の初優勝を果たし、全国社会人ラグビーフットボール大会に出場するが、予選リーグ(プール)戦で敗退。

その後も西日本リーグで2002年まで4連覇を達成し、九州ラグビー界の新興勢力ながらも、その実力は九州一を誇る強豪に成長する。2003年に発足した第1回ジャパンラグビートップリーグに参加し、チーム名も「福岡サニックスボムズ」とするが、関東・関西の強豪に前に屈し、2勝9敗・勝ち点14の最下位(12位)でトップリーグの2部組織の一つ・トップ九州Aリーグ(1部)に降格。2004年にトップ九州と、その後のトップチャレンジAに優勝して1年でトップリーグ復帰を果たす。

チーム名を「福岡サニックスブルース」に変更した2005年はトップリーグ史上初の全敗(11敗・勝ち点2)を記録したが、入替戦で近鉄ライナーズに勝ってトップリーグ残留を決めた。2012年は最下位(14位)となり入替戦で豊田自動織機シャトルズに敗れ、9年ぶりに再降格となった。2014年トップチャレンジ1で1位となり1年でトップリーグ再復帰を果たすものの、同年は最下位(16位)となり3度目の再降格となった。

2014年4月29日、宗像市内で行われた記者会見で同日よりチーム名を福岡サニックスブルースから「宗像サニックスブルース」に変更した。

トップリーグでは2009年の7位が最高である。

獲得タイトル[編集]

トップリーグレギュラーシーズン戦績[編集]

2015年陣容[編集]

[2]

ポジション 選手名 出身校 代表
キャップ
PR/HO 髙野大智 関西大
畠山和真 日本体育大
ヘンカス・ファン・ヴィック 不明
高島卓久馬 日本体育大
シン・ドンウォン クライストチャーチ男子高
杉浦敬宏 愛知工業大
松園正隆 日本体育大
隈本浩太 志學館大
LO ジャック・ポトヒエッター ダニエルピエナル高 不明
豪州
福坪龍一郎 鹿屋工業高
ファアティンガ・レマル 不明 不明
サモア
西井利宏 大阪体育大
新本亘 専修大
野田忠 近畿大
秋田太朗 福岡工業大
フィフィタ・シオサイア 流通経済大
FL/No.8 星本泰憲 近畿大
田村衛土 マッセー大
鶴岡怜志 流通経済大
濱里祐介 大阪体育大
金堂礼 東海大
下山翔平 鹿児島大
新井信善 関東学院大
ポジション 選手名 出身校 代表
キャップ
SH/SO 中村洋平 立教大
猿渡知 帝京大
金城佑 朝日大
四斗辺幸大 大阪教育大
福崎竜也 ロトルア男子高
田代宙士 大分舞鶴高
村上大記 筑波大
CTB/WTB/FB シリバ・アヒオ 立正大
金川禎臣 日本大
濱里耕平 名護高
ブライス・ロビンス ニュープリマス・ボーイズ高 25
ドウェイン・スウィーニー ハミルトンボーイズ高
王授榮 朝明高
山田大生 東海大第五高
カーン・ヘスケス オタゴ大 8
權正赫 帝京大
屋宜ベンジャミンレイ 流通経済大
アンドリュー・エブリンハム 不明
濱里周作 名護高
名富朗 中部大
古賀龍二 福岡工業大

在籍した選手[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]