法政大学ラグビー部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
法政大学ラグビー部
正式名称 法政大学ラグビー部
クラブカラー      オレンジ、     青(法政ブルー)
愛称 ホウセイ
創設年 1924年
本拠地 東京都八王子市
代表者 金子征史
監督 日本の旗 島津久志
所属リーグ 関東大学ラグビーリーグ戦グループ1部
チームカラー
公式サイト
www.hoseirugby.com
テンプレートを表示

法政大学体育会ラグビー部(ほうせいだいがくたいいくかいラグビーぶ、Hosei Univ Rugby Football Club)は、関東大学ラグビーリーグ戦グループ1部に所属する法政大学ラグビー部である。略称は法大(ほうだい)。

概要[編集]

関東大学リーグ戦の公式戦(2011年10月・関東学院大学戦・秩父宮ラグビー場

1924年創部。1933年度に東京商科大学(現一橋大学)と共に関東五大学対抗戦に加入し、関東七大学対抗戦に発展した。1964年、第1回日本選手権に出場したが、1回戦で近鉄に敗れた。その後、1967年度に関東大学ラグビー対抗戦を脱退した。なお関東大学ラグビー対抗戦では4回優勝を果たした。

1967年度の関東大学ラグビーリーグ戦創設の中心となったチームの一つである(関東大学ラグビー対抗戦の分裂と関東大学ラグビーリーグ戦グループの創設については関東大学ラグビーリーグ戦グループの項を参照)。[1]関東大学ラグビーリーグ戦での13回の優勝は全参加校中最多である。[2]

1965年第1回大学選手権で優勝。第2回日本選手権に出場したが、第17回全国社会人大会で優勝した八幡製鐵に6-15で敗れた。また、第1回から4年連続決勝で早稲田大学と優勝を争った。なお、1967年度は優勝、[3]1965年度1966年度は準優勝。

1988年に入ってから、黄と紺青からオレンジと青(法政ブルー)のストライプユニフォームに変更した。

1992年度には8年ぶりにリーグ戦で優勝して大学選手権準決勝で選手権3連覇を狙う明治大学に42-18で大勝。同決勝で同じく優勝候補の早稲田大学と対戦し、終盤劇的な逆転トライで勝利し、25年ぶり3度目の大学日本一に輝いている。なお同年度の日本選手権では第45回全国社会人大会で優勝した神戸製鋼に3-41で敗れた。

翌年度もリーグ戦で優勝して大学選手権決勝に進出したが、明治大学に12-41で敗れた。

2000年度は大学選手権準決勝で、優勝候補で前年王者の慶應義塾大学と対戦。下馬評不利の中、激しいタックルで慶應の攻撃を防ぎ15-13で勝利し決勝に進出する。決勝では同じ関東大学ラグビーリーグ戦に所属する関東学院大学と対戦した(初の関東大学ラグビーリーグ戦に所属するチーム同士の決勝)が、15-42で敗れ準優勝に終わった。

2004年度はリーグ最終戦で関東大学ラグビーリーグ戦5連覇中の関東学院大学を42-29で破り、6年ぶりにリーグ戦で優勝したが、大学選手権準決勝では関東学院大学に21-24で敗れた。なおこの年度以降リーグ戦優勝から遠ざかっている。

2006年度には、リーグ最終戦で関東学院大学(この年度大学選手権優勝)を逆転で35-29で破って6勝1敗で関東学院大学と東海大学と共に同率勝率だったが得失点差で2位となった。なおこの年度の大学選手権では2回戦で京都産業大学に28-36で敗れた。

2008年度は6勝1敗で2位となり、同年度の大学選手権では準決勝で帝京大学に10-36で敗れた。なおこの年度以降大学選手権準決勝から遠ざかっている。

2010年度は2勝5敗で大東文化大学と日本大学と共に同率勝率だったがいずれも直接対決で敗れたため7位となり、19年振りに大学選手権出場を逃した。そして、ラグビー部史上初めて2部リーグとの入替戦に回ることになった。入替戦では2部2位の山梨学院大学を31-12で破り、1部残留を決めた。

2013年度は3勝4敗で日本大学と同率勝率だったが直接対決で敗れたため6位となり、3年振りに大学選手権出場を逃した。

※年は全て年度。

戦績[編集]

近年のチームの戦績は以下のとおり。

年度 所属 順位 主将 大学選手権
1996 1部 4位 4 3 東隆弘 1回戦 11-68 早稲田大学
1997 3位 5 2 大屋尊政 2回戦 10-14 明治大学
1998 優勝 6 1 大西良 2回戦 28-35 早稲田大学
1999 5位 4 3 岡本孝司 1回戦 7-33 慶應義塾大学
2000 2位 6 1 渡邉庸介 準優勝 決勝 15-42 関東学院大学
2001 2位 6 1 浅野良太 準決勝 23-38 関東学院大学
2002 2位 6 1 麻田一平 準決勝 7-43 早稲田大学
2003 2位 6 1 佐藤崇幸 準決勝 21-48 関東学院大学
2004 優勝 7 0 大隈隆明 準決勝 21-24 関東学院大学
2005 2位 5 2 野村直矢 準決勝 5-61 早稲田大学
2006 2位 6 1 友井川拓 2回戦 28-36 京都産業大学
2007 4位 4 3 和田耕二 2回戦 7-39 早稲田大学
2008 2位 6 1 有田将太 準決勝 10-36 帝京大学
2009 3位 5 2 文字隆也 2回戦 24-33 慶應義塾大学
2010 7位 2 5 山森裕之 ※入替戦 31-12 山梨学院大学 1部残留
2011 5位 3 4 竹下祥平 1回戦 19-39 天理大学
2012 4位 4 3 武者大輔 セカンドステージ敗退
2013 6位 3 4 堀大志
2014 3位 5 2 西内勇人 セカンドステージ敗退
2015 5位 3 4 吉村公太朗 セカンドステージ敗退
2016 7位 2 5 坂本泰敏 ※入替戦 40-16 立正大学 1部残留
2017 4位 3 4 東川寛史 3回戦 31-55 京都産業大学

主な選手[編集]

  • 東川寛史 (CTB・WTB、高校日本代表主将、U20日本代表、2017年度主将 / 東福岡高出身)
  • 斉田倫輝 (LO、U20日本代表、2017年度副将 / 仙台工業高出身)
  • 杉本悠太郎 (CTB、2017年度副将 / 國學院久我山高出身)
  • 増田和征 (FL・№8、2017年度副将 / 京都成章高出身)
  • 金子崇 (PR・HO、高校日本代表 / 東福岡高出身)
  • 尾崎達洋 (FB、U20日本代表 / 桐蔭学園高出身)
  • 土山勇樹 (PR、高校日本代表 / 東福岡高出身)
  • 松島史弥 (FL・№8、高校日本代表 / 尾道高出身)
  • 金井大雪 (SO・CTB、U20日本代表 / 深谷高出身)
  • ウォーカーアレックス拓也(LO・FL、高校日本代表 / 東福岡高出身)

在籍した選手[編集]

所在地[編集]

  • 法政大学ラグビー部
東京都八王子市寺田町1017-1
  • 法政大学多摩キャンパス内グラウンド
東京都町田市相原4342

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 他にリーグ戦創設時に在籍した大学は東洋大学中央大学日本大学専修大学国士舘大学防衛大学校大東文化大学
  2. ^ 2位は関東学院大学の10回、3位は大東文化大学の7回である。(2015年現在)
  3. ^ なお同年度の日本選手権では第19回全国社会人大会で優勝した近鉄に14-27で敗れた。

外部リンク[編集]