生放送アニメ 直感×アルゴリズム♪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
生放送アニメ『直感×アルゴリズム♪』
直播动漫『麟&犀×AI韵律♪』
ジャンル バーチャルアイドル、双方向生放送、多言語交流
アニメ
原作 project-algorhythm(企画・著作)
監督 池浦さだ夢、西垣匡基、大歳倫弘
キャラクターデザイン KEI
配信サイト ニコニコ生放送、ミグライブ
配信期間 2017年8月17日 - 10月5日
話数 全8話
アニメ:生放送アニメ『直感×アルゴリズム♪ 2nd Season』
直播动漫『麟&犀×AI韵律♪第二季』
原作 project-algorhythm(企画・著作)
監督 坪田塁
シリーズ構成 坪田塁
脚本 坪田塁
キャラクターデザイン KEI(原案)
NOB-C
音楽 栗原悠希
アニメーション制作 ダブトゥーンスタジオ
製作 ジャストプロ
配信サイト ニコニコ生放送、ミグライブ、bilibiliYouTube Live
配信期間 2018年10月8日 - 2019年2月11日
話数 全17話
テンプレート - ノート
プロジェクト アニメ
ポータル アニメ

生放送アニメ 直感×アルゴリズム♪』(なまほうそうアニメ ちょっかんアルゴリズム、Live Animation Heart X Algorhythm: 直播动漫 麟&犀×AI韵律♪[1])は、日中共同制作の視聴者参加型アニメシリーズ。2017年8月から10月まで1stSeason、2018年10月より2019年2月まで2ndSeasonが放送。

キャッチコピーは「アナタノ 直感ヲ クスグルョ。」。略称『直アル♪』。

概要[編集]

日本のNTTドコモと中国の中国移動(チャイナ・モバイル)のグループ会社「ミグ動漫」による共同制作のCGアニメ。

2言語で制作されており、2017年8月から10月まで1st Season、2018年10月8日から2019年2月11日まで内容を刷新した2nd Seasonが月曜の21:00より配信されている(各パート40-45分)。いずれの放送もネット配信のため、テレビやラジオのような2か国語放送は用いられない。

人工知能AIアイドルが日中の架け橋となるためにアイドルになるという設定で、日本ではニコニコ生放送、中国では咪咕动漫(ミグアニメ)、咪咕直播(ミグライブ)の2国間同時配信を実施(2ndでは加えてbilibiliYouTube Liveでの放送も実施)。事前製作済みのアバンアニメから視聴者参加型の生放送パートに直結する。中国では例の吹替アニメ放送時に挿入される中文字幕が、生放送では使われない。

1st Seasonでは中国語と日本語を織り交ぜており、メインキャラクターの2人は番組中それぞれの言語でしか話すことができないと言う体制であった。 2nd Seasonでは中国語と日本語の2体制に分かれたため、それぞれのパートでメインキャラクターの2人ともが前者と後者の言語で話すスタイルになった。ただしどちらの言語版でもそれぞれ生放送パートを行うため、アドリブで内容が異なる体制を取っている。

生放送ではニコニコ上でのコメント参加の他、Twitter又はweiboで視聴者が番組に参加することができる。

制作プロデューサーである副島義貴、永松正は以前『みならいディーバ(※生アニメ)』の製作に関わっており、NTTドコモで中国とのグローバルコンテンツを企画するにあたり、みならいディーバを紹介しVIRTUAL IDOL PROJECTに繋がっていった。システムも同様にライブエンターテイメント向けの慣性式モーションキャプチャーによるリアルタイムCGアニメーションシステム『DL-EDGE®』を使用している。タイトルは日中双方で激しい議論があり結果的に両国で別のタイトルを使用することとなった[2][3]。この経緯は2018年12月18日に配信された『吉田尚記 dスタジオ』のニコニコ生放送の中で述べている。

番組終了後の2017年10月6日にタワーレコード渋谷店でファンイベント『尻友感謝祭』が開催された。これにはクラウドファンディングスタイルの体験型音楽プラットフォーム『WIZY』を活用している[4]。中国でも2017年11月18日に厦門市でイベント『麟犀之夜』が開催された。

2nd Season[編集]

2nd Seasonの放送直前に2018年9月20日から23日まで幕張メッセで開催された東京ゲームショウ2018ではHoloModelsとのタイアップを実施した。また、5G(第5世代移動通信システム)を視野に入れたコンテンツとしての運用も行われており、バーチャルキャストでの配信や、バーチャルYouTuberとのコラボも実施している。

2nd Seasonでは中国語と日本語の間に視聴者によるリクエスト曲を流す『尻友生肉曲』パートが挿入されている。

2019年2月16日にDMM.VR THEATER YOKOHAMA でARライブ『直感xアルゴリズム♪ Tacitly 1st AR LIVE』開催。ゲストはえのぐ(鈴木あんず、白藤環、日向奈央、栗原桜子、夏目ハル) と東雲めぐ、米米米(まいべいべー)(つや姫、ミルキークイーン、萌えみのり)。2019年4月28日には『尻友感謝祭2019 in新宿ロフトプラスワン』を開催。

登場キャラクター[編集]

主に1stでの内容を記載。

Kilin(キリン、麒麟)
声 - 鈴木みのり/
イメージカラーは赤。日本語で話す。アニメパートの字幕は中国語。
ちょっと考え込むところがあるツンデレ系。コミュニケーションがうまく取れず思わず怒ってしまうこともあるが、Xiの事は大切に思っている。
Linlin(リンリン、麟麟)
声- 法元明菜(別人格(2nd))
2nd SEASONでは、Kilinはとある衝撃で別人格が発生している。以前のキリンと区別するため第7話よりLinlin(リンリン)と呼ばれるようになる。第12話のフェスでKilinとLinlinがそれぞれ別のAIとして復活する。
Xi(シー、犀)
声 - 岩井映美里 / 歌 - シャオ・ウー(小五沉沉沉)
イメージカラーは青。中国語で話す。アニメパートの字幕は日本語。
行動力があり物怖じしない天然系。生放送の時はよくお尻を振ってスパッツを見せる。
2nd SEASONでは、別人格になったKilinを中々認めることができず、辛く当たってしまう。
新Xi人格
声 - シャオ・ウー
第2期第15話に登場。Xiの姉に当たるAI。
Bunny P(バニー・ピー)
声 - 劉セイラ
ウサギのドット絵のようなプロデューサー。ストーリーパートでは「ばにばに」としか話せないが、直接頭に伝えるため2人には通じる。字幕は日中両表記。生ライブ中は日中バイリンガルで話す。
第5話で突如解散を宣言、第6話で人類抹殺を計画していたことが判明する。マザーユーラシアに反旗を翻したプログラムであり、タイムワープの際に潜り込んでした。しかしマザーユーラシアに怒られ邪悪な感情を消され再構築された。
包子(パオズ)
中華まん包子)型のキャラクター。twitterやweiboにも出ている。
尻友(しりとも)
第3話の投票で決定した、ファン(視聴者)の呼び名。

実写パート出演[編集]

1stで登場。第7話は実写ドラマパートが挿入された。

Kogoro
演 - 永野宗典(ヨーロッパ企画)
日本人の青年。このアニメの異変に気付き行動する。
Wang
演 - 本多力(ヨーロッパ企画)
中国人のプログラマー。アニメ配信中に感染したウィルスを解析して未来からのモノだと気づき、Kogoroに助けを求める。
Kondo
演 - 土佐和成(ヨーロッパ企画)
SEGAのアニメスタッフ。実は誰が作ったアニメ企画なのかはハッキリしておらず、未来からデータが送られていた。Kogoroと共にマザーユーラシアのメッセージを聞く。
電話の男
声 - 池浦さだ夢(男肉duSoleil)
Kogoroの友人の社会人。
マザーユーラシア
未来から来た人工知能。50年後に人類は滅ぼされ人工知能に支配されていたが、それは尚早ではなかったかと疑問を持ち、過去に調査プログラムKilinとXiを送り込んだ。一度消滅したKilinとXiを再構築させる。

スタッフ[編集]

1st Season[編集]

  • 監督・構成・脚本 - 池浦さだ夢男肉 du Soleil)、西垣匡基(ヨーロッパ企画)、大歳倫弘(ヨーロッパ企画)
  • キャラクターデザイン - KEI
  • 制作プロデューサー - 副島義貴、劉維、永松正、町田裕孝
  • 制作ディレクター - 田向太郎
  • 美術監督、3Dディレクター - 向井慎太郎
  • 3Dモデル - 池内愛
  • 3Dデザイナー - 谷まゆか、川崎正照、廣谷徹、三本木万知、渡辺達也
  • 2Dデザイナー - モザ、寺澤隆徳
  • ビジュアルエフェクト - 鈴木一也
  • 編集 - 清原一樹
  • 振付 - 池浦さだ夢
  • 企画協力 - 上田誠(ヨーロッパ企画)
  • 音楽プロデューサー - 池田俊貴
  • 音楽制作 - Warner Music Japan Inc.
  • アニメーション制作 - セガ・インタラクティブ、RED WORKS TEAM(Powered by DL-EDGE ®)
  • 企画・著作・原作 - project-algorhythm
第7話実写パート
  • 監督 - 西垣匡基(ヨーロッパ企画)
  • 撮影・編集 - 柴田有麿
  • 助監督 - 杉田訓大、植田佑玖

2nd Season[編集]

  • 企画 - project-algorhythm
  • 監督・構成・脚本 - 坪田塁
  • キャラクター原案 - KEI
  • キャラクターデザイン - NOB-C
  • FLASHアニメーション監督 - 森井ケンシロウ
  • 音楽 - 栗原悠希
  • 音楽ディレクター - 横山佑輝
  • エンジニア - You-oh Oki(SCRAMBLES)
  • CGプロデューサー - 酒居慎吾
  • オープニング・エンディングモーションアクター - non、こりん(absteem creation)
  • 撮影スタジオ - ドキドキファクトリー[UNISON STUDIO]
  • 総合プロデューサー - 福原廣匡
  • 演出助手 - 松谷ヒロキ
  • アニメーション制作 - ダブトゥーンスタジオ
  • CGアニメーション制作 - CreativeStudioMzo(DMM.futureworks)(協力 - ポリゴンマジック)
  • 制作 - ジャストプロ
  • 著作・原作 - project-algorhythm

楽曲[編集]

1st Season[編集]

オープニングテーマ「Sympathy」(第4話 - 第8話)
作詞・作曲 - LamazeP / 中国語翻訳・譜割り - project algorhythm / 歌 - Kilin(鈴木みのり)、Xi(シャオ・ウー) / 振付 - 池浦さだ夢
エンディングテーマ「記念日 / 纪念日」(第2話 - 第8話)
作詞・作曲 - LamazeP / 中国語翻訳・譜割り - project algorhythm / 歌 - Kilin(鈴木みのり)、Xi(シャオ・ウー) / 振付 - 池浦さだ夢
劇中歌
「ニイハオ / 你好」(第3、5、8話)
作詞・作曲 - 40mP / 中国語翻訳・譜割り - project algorhythm / 歌 - Kilin(鈴木みのり)、Xi(シャオ・ウー) / 振付 - 池浦さだ夢
「直感HIPHOP / 直觉HIPHOP」(第5、8話)
作詞・作曲 - 池浦さだ夢 / 作曲 - chocoholic / 歌 - Kilin(鈴木みのり)、Xi(シャオ・ウー)
「subroutine」(第6話)
作詞 - 西垣匡基 / 作曲 - Chocoholic / 中国語翻訳・譜割り - project algorhythm / 歌 - Kilin(鈴木みのり)、Xi(シャオ・ウー) / 振付 - 池浦さだ夢
「panelworld」(第8話)
作詞・作曲 - LamazeP / 中国語翻訳・譜割り - project algorhythm / 歌 - Kilin(鈴木みのり)、Xi(シャオ・ウー) / 振付 - 池浦さだ夢

2nd Season[編集]

オープニング「Future Rhythm」
作詞・作曲 - 栗原悠希 / 編曲 - 深澤恵梨香 / 歌 - Kilin(法元明菜)、Xi(岩井映美里(日)、シャオ・ウー(中)) / 振付 - ゲッツ(absteem creation)
エンディング「520」
作詞 - 坪田塁 / 作曲 - 栗原悠希 / 編曲 - 倉内達矢 / 歌 - Kilin(法元明菜)、Xi(岩井映美里(日)、シャオ・ウー(中)) / 振付 - ゲッツ(absteem creation)
第10-11話はXiのみで歌う。第17話ではアンコール曲。
劇中歌
「涙、はらはら / 泪如雨下」(第1、11、17話)
作詞 - 坪田塁 / 作曲 - 栗原悠希 / 編曲 - 井口イチロウ(SCRAMBLES) / 訳詞 - project-algorhythm / 歌 - Xi/岩井映美里or小五沉沉沉
「B.R.E.A.K」(第2、10、17話)
作詞・作曲 - 栗原悠希 / 訳詞 - project-algorhythm / 歌 - Kilin/法元明菜
「ミラクルSPARK / 奇迹 SPARK」(第3、12、14、17話)
作詞・作曲 - 栗原悠希 / 編曲 - 佐藤カズキ(SCRAMBLES) / 訳詞 - project-algorhythm / 歌 - Kilin/法元明菜、Xi/岩井映美里or小五沉沉沉
第14話はフリーおっさんボイスで歌う。
「remain」(第4、17話)
作詞・作曲 - 栗原悠希 / 編曲 - 深澤恵梨香 / 訳詞 - project-algorhythm / 歌- Xi/岩井映美里or小五沉沉沉
「subroutine」(第5、17話)
「Joker’s joke」(第6、12、17話)
作詞・作曲 - 栗原悠希 / 編曲 - 倉内達矢 / 訳詞 - project-algorhythm / 歌 - Kilin/法元明菜、Xi/岩井映美里or小五沉沉沉
「ASYME DANCE」(第7、12、17話)
作詞・作曲 - 栗原悠希 / 編曲 - 豊住サトシ(SCRAMBLES) / 訳詞 - project-algorhythm / 歌 - Kilin/法元明菜、Xi/岩井映美里or小五沉沉沉
「フタリセカイ / 二人世界」(第9、12、17話)
作詞 - 坪田塁 / 作曲 - 栗原悠希 / 編曲 - 深澤恵梨香 / 訳詞 - project-algorhythm / 歌 - Kilin/法元明菜、Xi/岩井映美里or小五沉沉沉
「Sympathy」(第12、17話)
「Future Rhythm」(第12話)
歌 - Kilin(鈴木みのり)、Xi/岩井映美里or小五沉沉沉
「きみがすき / 最喜欢你」(第12、17話)
作詞・作曲 - 栗原悠希 / 編曲 - Pegasus arts project / 訳詞 - project-algorhythm / 歌 - Kilin/法元明菜、Xi/岩井映美里or小五沉沉沉
「WA・O・N」(第15、17話)
作詞・作曲 - 栗原悠希 / 編曲 - 倉内達矢 / 訳詞 - project-algorhythm / 歌 - Kilin/法元明菜、Xi/岩井映美里or小五沉沉沉
「SILLY TO MORE!」(第17話)
作詞 - 坪田塁、栗原悠希&尻友 /作曲 - 栗原悠希 / 編曲 - 深澤恵梨香 / 訳詞 - project-algorhythm / 歌 - Kilin/鈴木みのり/法元明菜、Xi/岩井映美里or小五沉沉沉

各話リスト[編集]

1st Season

サブタイトルは生配信時には公開されず、ニコニコ動画配信時に付けられる。

話数 サブタイトル
(中国語題)
監督・脚本 絵コンテ 放送日
第1話 とれたてAI
(AI新生)
西垣匡基 穴山里枝子 2017年
8月17日
第2話 踊ってAI
(AI舞蹈)
池浦さだ夢 8月24日
第3話 恋してAI
(AI恋爱)
西垣匡基 8月31日
第4話 集めてAI
(AI收集)
大歳倫弘 9月7日
第5話 ライブなAI
(AI直播)
池浦さだ夢 9月14日
第6話 さよならAI
(AI再見)
西垣匡基 9月21日
第7話 消えたAI
(AI消失)
大歳倫弘 9月28日
第8話 またいつかAI
(AI再会)
西垣匡基 10月5日
  • 2017年8月3日開催の発表会イベント「直感x番組PR♪」を8月24日に放送。
  • 第7話には最後にアフタートークを放送。第8話は45分の拡大放送。
2nd Season

サブタイトルは生配信時には公開されず、ニコニコ動画配信時に付けられる。

話数 サブタイトル
(中国語題)
放送日
第0話 2nd Season放送前Special 2018年
9月30日
第1話 約束
(約定)
10月8日
第2話 性格
(性格)
10月15日
第3話 共鳴
(共鸣)
10月22日
第4話 復元
(复原)
10月29日
第5話 移行
(转移)
11月5日
第6話 衝突
(冲突)
11月12日
第7話 接近
(靠近)
11月19日
第8話 困惑
(困惑)
11月26日
第9話 裏腹
(表里)
12月3日
第10話 消失
(消失)
12月10日
第11話 覚悟[5]
(觉悟)
12月17日
第12話 決意
(决心)
12月27日
第13話 更新
(更新)
2019年
1月7日
第14話 変声
(変声)
1月14日
第15話 小五(もしくは指南)
(小五)
1月21日
第16話 一心
(同心)
11月28日
第17話 尻友[6] 2月11日

放送局[編集]

日本国内 インターネット / 放送期間および放送時間
配信期間 配信時間 配信サイト 備考
2017年8月17日 - 10月5日 木曜 21:00-21:30 ニコニコ生放送
木曜 20:00-20:30 咪咕动漫(ミグアニメ)
咪咕直播(ミグライブ)
中国国内
2017年8月31日- 10月5日 bilibili 中国国内
第3話より

関連番組[編集]

直感アルゴリズム出張版 麟麟家-LinLin HOUSE-
ニコニコ生放送とbilibiliのバーチャルキャストによる同時配信。第1回は2018年12月4日、第2回は2019年1月9日に放送。第3回の2019年2月6日、第4回は2発14日、第5回は2月20日、第6回は2月27日、第7回3月6日より、毎週水曜日の21:00に定期配信。日中共同制作のため、中国語と日本語を織り交ぜての体制であった。
出演はKilin(法元明菜) 。

関連項目[編集]

同様に「声優×モーションキャプチャー×3DCG」を使用したアニメ番組。
第2期第8話では『みならいディーバ』に言及。「伝説のはりつけアイドル」と呼ばれた。

脚注[編集]

外部リンク[編集]