湘南ステーションビル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
湘南ステーションビル株式会社
SHONAN STATION BUILDING Co., Ltd.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
254-0034
神奈川県平塚市宝町1番1号
設立 1971年昭和46年)12月9日
業種 サービス業
法人番号 5021001037207 ウィキデータを編集
事業内容 ショッピング施設の営業・運営 他
代表者 代表取締役社長 小澤 裕
資本金 2億円
売上高 362億9,800万円(2013年度実績)
純利益 2億5715万6000円(2019年03月31日時点)[1]
純資産 77億5741万1000円(2019年03月31日時点)[1]
総資産 166億9684万4000円(2019年03月31日時点)[1]
従業員数 118名(2014年9月現在)
決算期 3月末
主要株主 東日本旅客鉄道(株)
日産車体(株)
神奈川中央交通(株)
平塚信用金庫
小田急電鉄(株) 他
外部リンク http://www.lusca.co.jp/
テンプレートを表示

湘南ステーションビル株式会社(しょうなんステーションビル、: SHONAN STATION BUILDING Co., Ltd.)は、神奈川県平塚市に本社を置く企業。

東日本旅客鉄道株式会社(JR東日本)の子会社連結子会社)。駅ビルラスカ」を運営。

歴史[編集]

  • 1971年昭和46年)12月9日 - 平塚ステーションビル株式会社を設立。
  • 1973年(昭和48年)6月26日 - ラスカを新規オープン。
  • 2003年平成15年)12月12日 - エキスト湘南平塚を新規オープン。
  • 2005年(平成17年)4月1日 - 平塚ステーションビル株式会社(JR平塚駅でラスカ・エキスト湘南平塚を運営)が、株式会社ルミネ茅ヶ崎(JR茅ケ崎駅で茅ヶ崎ルミネを運営)、株式会社アボンデ(JR熱海駅で熱海アボンデを運営)を吸収合併し、湘南ステーションビル株式会社へ商号変更[2]
  • 2005年(平成17年)6月25日 - 小田原ラスカを新規オープン、それに合わせ、ラスカを平塚ラスカへ改称[3]
  • 2006年(平成18年)3月1日 - 茅ヶ崎ルミネを茅ヶ崎ラスカへ、熱海アボンデを熱海ラスカへ、それぞれ改称[3]
  • 2011年(平成23年)4月1日 - エキスト湘南平塚を平塚ラスカ南館へ改称。
  • 2016年(平成28年)11月25日 - ラスカ熱海を新規オープン。

店舗[編集]

ラスカ茅ヶ崎

※旧:茅ヶ崎ルミネ→茅ヶ崎ラスカ

ラスカ平塚

※旧:ラスカ→平塚ラスカ

日本国有鉄道が初めて出資した駅ビル(民衆駅も参照)。

ラスカ平塚南館

※旧:エキスト湘南平塚→平塚ラスカ南館

  • 所在地:神奈川県平塚市代官町1番1号[4](JR平塚駅隣接)
ラスカ小田原

※旧:小田原ラスカ

ラスカ熱海

※旧:熱海駅デパート→熱海アボンデ→熱海ラスカ

※建て替え前の所在地は静岡県熱海市田原本町11番2号[5]

熱海駅舎改築事業のため2010年(平成22年)3月31日をもって閉鎖し、建て替え工事を経て、2016年(平成28年)11月25日に2代目となる店舗で営業再開[6]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]