東急7700系電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
東急7000系電車 (初代) > 東急7700系電車
東急7700系電車
7901F (2006年10月28日 / 雪が谷大塚駅 - 御嶽山駅間)
7901F
(2006年10月28日 / 雪が谷大塚駅 - 御嶽山駅間)
基本情報
運用者 東京急行電鉄
製造所 東急車輛製造
種車 7000系(初代)
製造年 1962年 - 1965年
改造所 東急車輛製造、東横車輛電設
改造年 1987年 - 1991年
改造数 54両
運用開始 1987年8月1日
運用終了 2018年11月24日
主要諸元
編成 3両編成(過去6→4両編成)
軌間 1,067 mm
電気方式 直流1,500V
架空電車線方式
最高運転速度 85 km/h(池上線)
80 km/h(東急多摩川線)
設計最高速度 120 km/h
起動加速度 3.0 km/h/s
減速度(常用) 3.5 km/h/s
減速度(非常) 4.5 km/h/s
編成定員 3両編成:381(座席148)人
車両定員 先頭車124人(座席48人)
中間車133人(座席56人)
中間車車椅子スペース設置車134人(座席52人)
自重 ・3両ワンマン化改造後
デハ7700形 34.2t (35.0t)
デハ7800形 33.4t (33.8t)
クハ7900形 30.8t (30.4t)
カッコなしは7901F - 7914F[1], カッコは7915Fのデータ[2]
編成重量 98.4 t
ただし、7915Fは99.2 t
全長 18,000 mm
全幅 2,800 mm
全高 3,880 mm
4,000 mm(パンタグラフ搭載車)
台車 軸バネ式ダイレクトマウント空気バネ台車
空気バネ台車
TS-832形・TS-835形
主電動機 かご形三相誘導電動機
主電動機出力 170 kW
駆動方式 中空軸平行カルダン駆動方式
歯車比 6.07
制御方式 GTO-VVVFインバータ制御 (7901F - 7914F)
IGBT-VVVFインバータ制御 (7915F)
制動装置 回生ブレーキ併用電気指令式ブレーキ
保安装置 東急形ATS, TASC
テンプレートを表示

東急7700系電車(とうきゅう7700けいでんしゃ)は、1987年昭和62年)8月1日に営業運転を開始した東京急行電鉄通勤形電車。1987年(昭和62年)から1991年平成3年)にかけて7000系(初代)を改造した車両である。

2018年(平成30年)11月に東京急行電鉄における運用が終了した。本項では、東急から他社に譲渡された車両についても解説する。

なお、本項では解説の便宜上大井町五反田多摩川目黒)寄り先頭車の車両番号+F(Formation=編成の略)を編成名として記述(例:クハ7901以下4両編成=7901F, クハ7915以下3両編成=7915F)する。

概要[編集]

1962年に登場した7000系は、その後投入された7200系などの車両が1986年度末にほとんど冷房化される中、床下に冷房用の電源を設置するスペースがないことや、冷房装置搭載にともなう重量増に台車が対応できないことから冷房化が行われていなかった。また、製造より25年が経ち、電機品(電装品)や内装の老朽化・陳腐化が進んでいた。

しかし、7000系の車体はステンレス製であるため腐食による「痩せ」がなく、溶接部分が新製時の状態を維持していれば強度が落ちていないことが予想された。そこで実際に荷重試験を実施したところ強度が低下していなかったことから、骨組みと外板を残してそれ以外の、台車、電機品、および内装などを総取り替えし、その上で冷房装置を搭載する改造がなされることになった。これが7700系である。2018年時点で、その構体は50年以上使用し続けられていた。

冷房装置は9000系と同一品だが、キセ(カバー)のみ営団(当時)日比谷線車両限界に対応するため両肩部を斜めに削った形状とされた。10,000kcal/hの分散式で、1両あたり屋根上に3基搭載されている。これらの重量増を考慮して、車体の横骨や、屋根部分にが追加された。なお、7000系時代に設置されていた扇風機はまだ新しかったため、補助送風機として存置されている。

床下機器はほぼ全面的に交換され、モーター(主電動機)は定格出力60・70kW複巻整流子電動機から170kWの三相交流かご形誘導電動機に、主制御器抵抗制御からGTOサイリスタ素子によるVVVFインバータ制御[注 1]にそれぞれ変更され、モーターの出力増強に伴い編成構成が全電動車から、MT比1:1(4両編成時)[注 2]となった。

ブレーキ方式は、当初7000系の回生ブレーキ併用電磁直通空気式 (HSC-R) が引き継がれたが、当初より目蒲線に投入された7911F以降(→東急7700系電車#歴史)は電気指令式 (HRA) に変更され、HSC式の編成も後に電気指令式とされた[注 3]。また、ブレーキや空気バネなどに圧縮空気を供給する空気圧縮機 (CP) は、当初HB1500系とHS20系の2種類が併用されたが、後にすべてHS20系に統一された。

台車は老朽化が進んでおり、また、先述のとおり冷房装置搭載による重量増、および主電動機の交換にも対応できないため、バッド社・パイオニア III 形の技術提携による軸ばねを省略した一自由度系台車のTS-701から、8000系のTS-807(動力台車)、およびTS-815(付随台車)台車と同系の、TS-832(動力台車)、TS-835(付随台車)に交換された。この時期すでに9000系でボルスタレス台車が採用されていたが、当形式では流用する車体の状態が良く、台枠にも手を加える必要がなかったため、台枠構造に合わせたボルスタ(枕梁)付き台車の軸バネ式ダイレクトマウント空気バネ台車とした。

運転台では、操作系を主幹制御器とブレーキハンドルが独立のものから、ワンハンドル式へ変更され、コンソールも一新された。戸閉灯を大形化して電球からLEDに変更、ワイパーは空気式から電動式の大型のものに変更、雨樋の設置、警笛に電子ホーンの追加、側窓は上段下降・下段上昇式からバランサー付の上段下降・下段固定式に変更(1978年から1980年に車体更新が行われた車両を除く)などが行われ、窓枠部分が目立たなくなるなど、外観の印象も若干変わった。

車内の様子
仕切りが設けられ、区画ごとに色分けされた座席が特徴

内装では、座席配置は改造前と同様の全席ロングシートだが、座席表地の2色化と袖仕切りの新設が行われ、そのほか、化粧板と床材をすべて張り替え、室内灯の増設、非常通報装置を紐式から押しボタン式に変更されるなど、9000系に準じたリニューアルが行われた。

混雑率が低い路線のみで使用されることからドア脇への立ち席スペースの確保はなされていない。

本系列の改造工事は東急車輛製造甲種輸送しての施行または長津田車両工場内の東横車輛電設(現・東急テクノシステム)において実施された。

当初は7000系と同様に前面も無塗装だったが、同系列との識別を容易とするために、第1編成の営業運転開始後に赤帯が入れられた。その後、1988年春からステンレス車全系列に赤帯を入れることになり、7000系にも赤帯が入れられたが、本系列より太い帯として区別された。

方向幕は手動巻取式のままで、当初は白幕だったが、目蒲線転属後しばらくして黒幕に交換された。この幕は7200系(デヤ7200を含む)と7600系こどもの国線のデハ7057(デハ7052は白幕のまま)にも波及した[注 4]が、当形式と7600系はその後のワンマン化改造時にLED化されることになる。

保安装置は東急形ATS装置とTASCを搭載する。なお、通常のブレーキは運転士のブレーキ操作が優先であり、定位置停止に対しブレーキの遅れや不足があった場合はTASCがブレーキを補足する。併せて設置した情報伝送装置は地上子の情報を検知してTASCに伝える機能があり、TASCはこの情報を元に停止位置、速度を検知してブレーキ補足操作を行う。なお、本系列は目黒線田園都市線用のATC車上装置が搭載されていないため、車輪の転削や全般検査などで長津田検車区回送される際には7500系(デヤ7500形とデヤ7550形)の中間に挟まれて回送される。

形式と編成[編集]

1編成4両を基本として以下のように改造された。

最短でクハ7900形とデハ7700形の2両編成での運転が可能となっている。2000年の3両編成化以降、譲渡車も含めてすべての編成で車両番号の下2桁が揃っている。

  大井町五反田目黒多摩川
形式 詳細
クハ7900形 デハ7000形奇数番号車から改造された制御車
モーターは撤去され、120kVA出力の静止形インバータ (SIV) と空気圧縮機 (CP) などの補機類を搭載する。
デハ7800形 デハ7100形偶数番号車から改造された電動車。
モーターとパンタグラフや主制御器などの走行機器を搭載する。
サハ7950形(2000年に廃形式) デハ7100形奇数番号車から改造された付随車
モーターは撤去され、CPを搭載していた。
デハ7700形 デハ7000形偶数番号車から改造された制御電動車。
デハ7800形に運転台を取り付けた構造である。
二子玉川園(当時)・蒲田


歴史[編集]

本系列は目蒲線(当時)用として改造されたが、4両編成での使用予定に対して当時同線のホームは3両分だったため[注 5]、初期の改造車は暫定的に4両編成+2両編成の6両編成が組まれ、1987年8月1日から1988年(昭和63年)秋までの約1年間大井町線で使用された。このような編成は7910Fまでの10本(この時点では連結のため6両編成×5本)が該当する。なお、当初ブレーキ方式がHSC式であったこのグループは、7905 - 7910Fは1990年秋から1991年夏に、7901 - 7904Fは1992年度初頭よりHRA式に改修された[3] 。種車の7000系には一部ドアガラスがHゴム支持の車両が存在し、これらは7700系化後もHゴム支持のままで、7903Fの全車と7913Fの先頭車が該当していたが、2001年に中間車の廃車発生品である押え金支持のドアに交換された。

大井町線時代の7700系
 
← 大井町
二子玉川園 →
形式 クハ7900
(Tc)
デハ7800
(M)
サハ7950
(T)
デハ7700
(Mc)
クハ7900
(Tc)
デハ7700
(Mc)
搭載機器 CP,SIV VVVF CP VVVF CP,SIV VVVF
車両番号 7901
7903
7904
7908
7910
7801
7803
7804
7808
7810
7951
7953
7954
7958
7960
7701
7703
7704
7708
7710
7902
7905
7906
7909
7907
7702
7705
7706
7709
7707

凡例

目蒲線4両編成化に向けた試運転中の7904F
1989年3月 奥沢 - 大岡山間にて

1989年平成元年)には目蒲線駅ホームの4両編成対応化工事が完了し、大井町線投入分は他系列に置き換えられる形で同線に転属した。順次2両編成に対しての中間車増結と7911F - 7914Fの4本の増備が行われ、4両編成14本計56両の陣容となった。ただし、鵜の木駅は両端に踏切がありホーム延伸ができず、目黒寄りの1両は締切扱いで対応した。このため、当形式をはじめとする目蒲線所属編成および東横線所属の1000N系には自動扉非扱いスイッチ類を備えていた。

1994年(平成6年)には、1998年(平成10年)3月からワンマン運転を実施する池上線用の7200系を置き換えのため、最終3本が中間付随車のサハ7950形を切り離した3両編成となって同線に転用されることとなった。当初は7913Fと7914Fの2本のみが転属し、7912Fは余剰となったサハ7950形を活用すべく電装が行われたデハ7815(←サハ7962)を組み込んだまま目蒲線に残留した。この時にデハ7815は他編成と同じ機器ではなく、東急初のIGBT-VVVFインバータ装置[注 6]とシングルアーム式パンタグラフを搭載[注 7]する実用試験車とされた。7912Fが改造入場するとデハ7815は7902Fに移されたが、3編成とも翌1995年(平成7年)から運用開始し、同時に7913Fと7914Fから抜き取られたサハ7963・7964の改造も進められた。

1996年(平成8年)7月には、サハ7963・7964が先頭車改造と電装[注 8]を受け、クハ7915(←サハ7963)とデハ7715(←サハ7964)として出場した。[注 9]デハ7815はこの2両の中間に移され、3両編成となった7912Fとともに翌8月26日より池上線で営業運転を開始した。この時点で56両のまま4両編成11本・3両編成4本の陣容となった。

新たに改造された7915Fの構成は以下のとおりである。

  ↑五反田
形式 詳細
クハ7915 サハ7963から改造された制御車。
CPを搭載する。
デハ7815 サハ7962から改造された電動車。
CPやモーターとパンタグラフや主制御器などの走行機器を搭載する。
デハ7715 サハ7964から改造された制御電動車。
CPは撤去され、モーターとパンタグラフや主制御器などの走行機器とSIVを搭載する。
この車両のSIVは主制御器と一体である。
↓蒲田

この編成のパンタグラフ搭載位置は他編成が大井町・五反田・目黒寄りの車端であるのに対し、蒲田寄りの車端となっている。既存の冷房機器の間に割り込むように設置されているため、配管などの配置も異なっている。7715号のインバータ装置は3群で構成し、通常は2群をVVVFインバータとして、1群を静止形インバータ(140kVA出力)として使用する「デュアルモード」方式を採用し、故障時の冗長化を図っている。

この編成のみ車体側面端部に転落防止板を装備していたが、池上線と東急多摩川線の各駅にホームセンサーと柵が完備されたことから後に撤去されている。

2000年(平成12年)8月6日の目蒲線の東西分断に伴い、本系列の運転区間は南側の東急多摩川線内に縮小された。3本が余剰となり、残った編成もすべてサハ7950形が抜かれて3両に短縮された。余剰車は3本分の先頭車6両が2年間の留置の後に十和田観光電鉄に譲渡された以外すべて廃車・解体され、初の廃車が発生するとともにサハ7950形が形式消滅した[4]。サハ7950形に搭載されていたCPはデハ7800形へ移設されている。

2007年(平成19年)度より東急では新型車両7000系(2代)の導入を開始した。これにより、7915Fは2010年(平成22年)7月に休車となり、同年8月9日に長津田検車区へ回送[5]、同年9月21日付で廃車・解体処分となった[6]

2007年(平成19年)11月現在、東急に3両編成12本36両、十和田観光電鉄に2両編成3本6両が在籍していた。

2011年(平成23年)度は、7913Fが同年7月に廃車され、8月に解体処分された[7]

当初計画では、2011年度までに池上線および東急多摩川線に所属する3両編成28本(1000系13本、7600系3本、7700系12本)中19本が、7000系(2代)に置き換えられる予定であったが、計画が変更されて増備を一旦中止したため、同系の2011年度末時点の在籍数は予定増備数を下回る3両編成7本に留まった[8]。計画を変更した理由は、本系列の増備の途上で、日比谷線との相互直通運転終了に伴い東横線用の1000系に余剰が発生したことから、その1000系を活用するため、2014年度以降の7000系(2代)の増備は一旦中止となり、1000系を改造した1000系1500番台の導入によって行われた[9][10]

1000系1500番台の営業運転開始により、2014年(平成26年)4月に7908Fが営業運転を離脱し、搬出されている[10]。同年5月には7910F[10]2015年(平成27年)3月には7907F[11]、同年6月には7902Fが営業運転を離脱し、長津田車両工場へ回送された。このうち、デハ7702の前頭部が、西武新2000系クハ2098、京急800形デハ812-6と共に、藤久ビル東5号館(丸善 池袋店)に保存されている[12]

2015年(平成27年)9月現在では3両編成6本18両(7901F,7903F,7905F,7906F,7912F,7914F)が池上線・多摩川線(雪が谷検車区)に在籍した。全車がワンマン運転対応改造を受けており、池上線と東急多摩川線で両線用の1000系や7000系全編成と共通運用されていた。

上記の置き換え計画の変更に関連して、本系列の一部は継続して使用することに変更したが、その後本系列の老朽化の進行と1000系の改造種車が底を付いたことから、7000系(2代)の製造を再開することとなり、2017年(平成29年)に2編成を増備。2018年(平成30年)に6編成を投入し、本系列の全編成を置き換えることになった[13]

全6編成18両のうち15両が、養老鉄道に譲渡されることが、2018年(平成30年)8月22日に発表された[14]

2018年 (平成30年) 11月24日、最後の1編成となった7901Fがさよなら運転を行い(定期運行は11月22日に終了)、すべての編成が東急から姿を消すこととなった。

編成・車体カラー[編集]

7700系貫通形の
ワンマン運転改造後の運転台

上記の経緯により、東急では同一形式内で大きく分けて3形態が存在する。前記したが、2000年以降全編成がワンマン運転に対応しており、運転台にワンマン機器、車上ITV(ホーム監視モニター)、自動放送装置が設置されている。また、車掌スイッチは電気接点式の押しボタン式化や車外スピーカーの設置、TASC, 情報伝送装置を設置した。また、前面貫通扉と運転室と客室の仕切りが交換され[注 10]、搭載機器の増加もあって以前より運転室面積を拡大[注 11]されている。

また、車内非常通報装置を対話式に変更して3台に増設、同年から2002年交通バリアフリー法に対応するために全編成のデハ7800形の座席が一部撤去され、その部分に車椅子スペースが設置された。

7901F - 7911F[編集]

7910Fの種車となった7001F

目蒲線投入後、2000年の路線分断まで同線で4両編成を組んでいたグループで、先頭車の前面に細い赤帯が入っている。7904F・7909F・7911Fは路線分断時に運用離脱し、残る8本がサハ7950形の抜き取りと7912F - 7915Fと同等のワンマン運転対応改造が行われて現存している。前面の行先表示器は7912F以降に合わせてLED式に変更されたが、その後も車体装飾の変更や側面行先表示器の追加などは行われていない。

7910Fの種車は7000系で最初に落成(製造は1961年12月、入籍は1962年1月)した第1編成であり、構体は2012年当時の東急の鉄道車両の中では最も経年が古かった。なお、同編成は2012年4月16日より、池上線開業90周年を記念して前面の赤帯を撤去して「クラシックスタイル」として運用されていたが[15][16]、同編成は2014年5月に運用を離脱し、このうちデハ7810とクハ7910は先に搬出されたが、デハ7710は同年9月に長津田車両工場で開催された「東急電車まつり2014in長津田」で7600系デハ7662やデヤ7290とともに展示された後に搬出されている。7910Fの廃車により、東急の鉄道車両の中での最古参は7903Fとなった。同編成の種車は1963年10月に落成・入籍した7023Fで、2016年時点で車齢は53年に達する。

7903Fは「多摩川アートラインプロジェクト アートウィーク2007」の一環として2007年(平成19年)11月3日から同年11月30日まで前面貫通扉にシンボルマークが、それ以外に虹の7色の縦1本の線がラッピングされた「レインボートレーン」としてラッシュ時以外は基本的に東急多摩川線内で限定運用されていた。

7912F - 7914F[編集]

池上線のワンマン化に備えて1995年から1996年に目蒲線から池上線に転用されたグループで、転属の際に上記のワンマン運転改造が施工され、他編成との区別のために前面が中央が黒・その両隣にL字形の赤帯[注 12]・側面がドア以外の低い位置に太目の赤帯という塗装に変更された。同時に幕式だった行先表示器がLED化され、側面にも1両当たり片側に1か所ずつ追加で設置され、サボ受けが撤去された[注 13]。2011年に幌取り付けボルトが残存していた7913Fが廃車、のちに解体処分された。2018年7月に7914Fが、2018年9月に7912Fがそれぞれ養老鉄道へ譲渡されて、歌舞伎塗装は東急から消滅となった。

7915F[編集]

1996年に7912F - 7914Fから抜かれたサハ7950形3両を組み合わせて組成された編成で、前記したように中間車のみ改造が1年早い。機器類が他の14本と異なり、制御装置の素子にはIGBTを採用している。そのほか先頭車の前面や運転台、客室仕切部形状は1000系に準じており、部品が共通化されている[注 14]。3両編成完成時にワンマン運転対応設備と側面帯が装備され、池上線に投入された。

当初は車両間に転落防止幌が設置されていたが、その後撤去されている。また、運転台右端に列車情報モニタ装置ディスプレイ[注 15]が設置されていたが、これもその後撤去されている。試験車のためか故障が頻発していた。

2010年9月廃車。

7700系改造元一覧[編集]

  • 7901F:クハ7901養(デハ7045)-デハ7801(デハ7114)-サハ7951廃(デハ7113)-デハ7701養(デハ7064)
  • 7902F:クハ7902(デハ7063)-デハ7802(デハ7132)-サハ7952廃(デハ7133)-デハ7702丸(デハ7046)
  • 7903F:クハ7903養(デハ7023)-デハ7803養(デハ7112)-サハ7953廃(デハ7111)-デハ7703養(デハ7024)
  • 7904F:クハ7904十(デハ7047)-デハ7804廃(デハ7166)-サハ7954廃(デハ7163)-デハ7704十(デハ7048)
  • 7905F:クハ7905養(デハ7043)-デハ7805(デハ7156)-サハ7955廃(デハ7155)-デハ7705養(デハ7044)
  • 7906F:クハ7906養(デハ7041)-デハ7806(デハ7168)-サハ7956廃(デハ7167)-デハ7706養(デハ7042)
  • 7907F:クハ7907(デハ7051)-デハ7807(デハ7164)-サハ7957廃(デハ7165)-デハ7707(デハ7058)
  • 7908F:クハ7908(デハ7005)-デハ7808(デハ7106)-サハ7958廃(デハ7105)-デハ7708(デハ7006)
  • 7909F:クハ7909十(デハ7003)-デハ7809廃(デハ7104)-サハ7959廃(デハ7103)-デハ7709十(デハ7004)
  • 7910F:クハ7910(デハ7001)-デハ7810(デハ7102)-サハ7960廃(デハ7101)-デハ7710(デハ7002)
  • 7911F:クハ7911十(デハ7015)-デハ7811廃(デハ7152)-サハ7961廃(デハ7151)-デハ7711十(デハ7018)
  • 7912F(歌舞伎):クハ7912養(デハ7059)-デハ7812養(デハ7150)-サハ7962改(デハ7149)-デハ7712養(デハ7060)
  • 7913F(歌舞伎):クハ7913(デハ7019)-デハ7813(デハ7130)-サハ7963改(デハ7131)-デハ7713(デハ7020)
  • 7914F(歌舞伎):クハ7914養(デハ7027)-デハ7814養(デハ7120)-サハ7964改(デハ7119)-デハ7714養(デハ7062)
  • 7915F:7915(7963)-7815<-(7962)7715<(7964)
凡例

十和田観光電鉄譲渡車[編集]

十和田観光電鉄7700系
(2009年9月20日 / 七百駅)

2002年に余剰となっていた7904F・7909F・7911Fの両先頭車6両が同じく余剰となっていた7200系2両とともに青森県十和田観光電鉄に譲渡された。VVVFインバータ制御車の他社譲渡はこれが日本初である。形式称号は7700系のまま、「デハ」の呼称が「モハ」に、車両番号の末尾2桁が若い順に01 - 03に振り直されている。

外観は側面のコーポレートマークの交換・連結面に転落防止幌の設置や前面貫通渡り板の撤去を行った程度だが、入線に際して自動放送装置などのワンマン運転対応設備と運賃箱整理券発行器・運賃表示器・車内監視カメラ・非常通報装置が新設された。なお、車内のつり革には東急グループの東急百貨店Bunkamuraの広告が残っている。

同時に座席モケットが新品に交換され、交通バリアフリー法に対応して編成から外された車椅子スペース設置車のデハ7800形に代わってクハ7900形の一部座席を撤去した上で車椅子スペースが設置されている。

また、オールステンレス車体・VVVFインバータ制御・SIV・平行カルダン駆動、ワンハンドルマスコンかつ電気指令式ブレーキ・冷房装置・車椅子スペースは十鉄としては本系列が初の導入となった。

十和田観光電鉄線の廃止に伴い、2012年(平成24年)3月末をもって運用を終了し廃車された。

7700系譲渡車両一覧(十鉄)[編集]

  • クハ7901(クハ7904) - モハ7701(デハ7704)
  • クハ7902(クハ7909) - モハ7702(デハ7709)
  • クハ7903(クハ7911) - モハ7703(デハ7711)

養老鉄道譲渡車[編集]

養老鉄道7712緑歌舞伎
(2019年4月29日 撮影 東赤坂)
養老鉄道7703
(2019年4月30日 撮影 美濃山崎)

同線で運行している元近鉄600系電車の置換えのため[17]、東急での運用終了に先立つ2018年8月に、一般社団法人養老線管理機構への譲渡と2019年2月以降に運用開始予定であることが発表された[14]。譲渡される編成は2両編成と3両編成3本ずつの計15両である。

車体は製造から50年以上経過しているが、台車や電気系統などは比較的経年が浅いため、今後30年間(累計80年程度)の使用が見込まれている。

改造は近鉄塩浜検修車庫で行われる。外観については養老鉄道オリジナルの緑帯のほかに緑歌舞伎・東急時代の赤帯・赤歌舞伎の計4種類が用意される。TQ編成とし、形式称号はク又はモに変更されたが車番は東急時代のものを踏襲している[18]

内装は先頭車両に運賃箱とデジタル表示の運賃表示板、各編成1両に車椅子スペースを設置。シートモケットにはひょうたん柄を採用(優先席は青、その他は緑)。3両編成は中間車に転換クロスシートを8席設置する(伊豆急行8000系電車と同様、片側にロングシートを残し、クロスシートはもう片側のみ設置)。

2019年4月27日から3両編成が営業運転を開始した。これは平成最後の新形式車両の営業運転開始時期となった(平成最後の新形式車両の営業運転開始は、純然たる新造に限定すれば相鉄12000系電車となる)。2両編成も同年7月から営業運転に入る予定[19]

7700系譲渡車両一覧(養老鉄道)[編集]

  • モ7703 - モ7803 - ク7903
  • モ7712 - モ7812 - ク7912
  • モ7714 - モ7814 - ク7914
  • モ7701 - ク7901
  • モ7705 - ク7905
  • モ7706 - ク7906

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 東洋電機製造製。主制御器1基で1両分4個のモーターを制御する「1C4M」方式。なお、7000系時代は同2両分8個の「1C8M」方式だった。
  2. ^ パンタグラフ付きの車両(車両番号が偶数)はモーター付き、パンタグラフなしの車両(車両番号が奇数)はモーターなしとされた。
  3. ^ 同時期にVVVFインバータのソフトウェアの変更が行われたといわれており、当初7600系と同じだった磁励音から現在の音に変わったとされる。
  4. ^ この幕には目蒲線・池上線・大井町線関連の駅名が用意され、「多摩川園」や「武蔵小山」のほか「二子玉川園」は1番線到着用の緑地のものが入っていたが、その一方で東横線の駅名は用意されていなかった。
  5. ^ ただし、目黒駅 - 田園調布駅間の各駅はかつてラッシュ時に4両編成が運転されていた経緯から、ホームは4両分であった。また、蒲田駅も高架化の際、目蒲線ホームのみ4両分で建設されている。
  6. ^ インバータ装置のメーカーは他編成のGTO素子と同じ東洋電機製造である。IGBTの制御素子は同社としても初の採用だった。また、在来車での「1C4M」制御に対して「1C2M」2群制御である点も特徴である。
  7. ^ 冷房装置を移設せずにパンタグラフを搭載するための措置。一般に、シングルアーム式の方が通常のパンタグラフより占有面積が小さい。
  8. ^ サハ7964のみ、内容は基本的にデハ7815に準じる。
  9. ^ 施行は東急車輛製造に甲種輸送して実施。
  10. ^ 仕切窓や仕切扉を更新し、窓の小形化や右側の窓を除き遮光ガラス化、遮光幕を下降式の遮光板化などが実施された。
  11. ^ 仕切り設置位置が100mm後退し運転室奥行きを1,270mmから1,370mm化、中央の仕切扉がやや車掌台側に寄る。
  12. ^ 歌舞伎隈取(くまどり)に似ていることから「歌舞伎塗装」の通称がある。
  13. ^ 撤去跡はネジで塞がれている。
  14. ^ 当初から各駅停車以外の運用を持たないことから本系列で唯一急行灯が設置されていない。他の14本も既に使用停止している。
  15. ^ 9000系や1000系で採用された、プラズマディスプレイに故障時のガイダンス処置を表示するモニタ装置の発展形。機器の動作状態や故障時のガイダンス処置を表示する乗務員支援装置。

出典[編集]

  1. ^ 鉄道図書刊行会「鉄道ピクトリアル」1995年10月臨時増刊号新車年鑑1995年版183頁。なお、同記事は7912F - 7914Fが対象であるが、3両編成化改造後の7901F - 7910Fも機器配置が同じため、車両重量も同じであると思われる。
  2. ^ 交友社「鉄道ファン」1996年10月号「東急ニュース'96」内7700系(7915編成)主要諸元表
  3. ^ 鉄道ジャーナル社「鉄道ジャーナル」1992年7月号MINI TOPICS 120頁「東急目蒲線に1000N系再登場」
  4. ^ 鉄道友の会東京支部東急部会「2001年度 東急総決算」『RAIL FAN』第50巻第2号、鉄道友の会、2003年2月1日、 3頁。
  5. ^ 東急7700系7915編成が長津田検車区へ”. railf.jp(鉄道ニュース). 交友社 (2010年8月10日). 2015年3月27日閲覧。
  6. ^ 交通新聞社「鉄道ダイヤ情報」2011年1月号私鉄車両のうごき
  7. ^ 交通新聞社「鉄道ダイヤ情報」2012年1月号私鉄車両のうごき
  8. ^ 「大手私鉄車両ファイル 車両配置表」 交友社『鉄道ファン』2012年8月号(通巻616号)付録
  9. ^ イカロス出版「私鉄車両年鑑2014」「東急電鉄1000系1500番代」
  10. ^ a b c 鉄道ジャーナル社「鉄道ジャーナル」2014年9月号「東京急行電鉄最近の動き」
  11. ^ 東急7700系7907編成が長津田車両工場へ”. railf.jp(鉄道ニュース). 交友社 (2015年3月27日). 2015年3月27日閲覧。
  12. ^ 「ビルに電車を置きたい!」 男の夢、池袋で実現 西武・京急・東急が揃い踏み”. 乗りものニュース. メディア・ヴァーグ (2017年7月21日). 2018年8月31日閲覧。
  13. ^ “2018年度の鉄軌道事業設備投資計画 「安全・ストレスフリーな鉄道」の早期実現に向けた総額597億円 安全・安定輸送と混雑緩和のための取り組みを強化します” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 東京急行電鉄, (2018年5月11日), http://www.tokyu.co.jp/image/news/pdf/20180511-1.pdf 2018年5月15日閲覧。 
  14. ^ a b “養老線、老朽化の車両更新へ 来年2月以降運行”. 岐阜新聞 (岐阜新聞社). (2018年8月22日). オリジナルの2018年8月22日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180822050109/https://www.gifu-np.co.jp/news/20180822/20180822-67464.html 2018年8月31日閲覧。 
  15. ^ 東急7700系7910F 前面赤帯を撤去して運用 - 鉄道ホビダス RMニュース 2012年4月18日
  16. ^ 「池上線開業90周年キャンペーン」を開催します (PDF) - 東京急行電鉄ニュースリリース 2012年4月23日
  17. ^ 養老線の車両更新について - 養老線地域公共交通再生協議会 2018年8月21日
  18. ^ 養老鉄道、7700系を報道陣に公開 - 交友社「鉄道ファン」railf.jp 鉄道ニュース 2019年4月26日
  19. ^ 養老鉄道2両編成の7700系が姿を現す - 交友社「鉄道ファン」railf.jp 鉄道ニュース 2019年6月25日

参考文献[編集]

  • 荻原俊夫 「VVVFインバータ車7700系登場」『鉄道ファン』1987年10月号(通巻318号)、交友社、1987年。
  • 上口英一 「東京急行電鉄7700系」『鉄道ピクトリアル』1987年10月号(通巻485号)、鉄道図書刊行会、1987年。
  • 上口英一 「東京急行電鉄7700系」『鉄道ピクトリアル』1988年5月号(通巻496号)特集・新車年鑑1988年版、鉄道図書刊行会、1988年(1つ上とほぼ同じ内容)。
  • 荻原俊夫 「東急7000系ものがたり〔後編〕」『鉄道ピクトリアル』1991年10月号(通巻549号)、鉄道図書刊行会、1991年。
  • 内田英明 「東京急行電鉄7700系3両化工事」『鉄道ピクトリアル』1995年5月号(通巻612号)特集・新車年鑑1995年版、鉄道図書刊行会、1995年。
  • 内田英明 「東京急行電鉄7700系先頭車化改造車」『鉄道ピクトリアル』1997年10月号(通巻644号)特集・新車年鑑1997年版、鉄道図書刊行会、1997年。

関連項目[編集]