大戸屋ホールディングス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社 大戸屋ホールディングス
OOTOYA Holdings Co., Ltd.[1]
種類 株式会社
市場情報
東証JQ 2705
2001年8月31日上場
本社所在地 日本の旗 日本
180-0006
東京都武蔵野市中町1-20-8
三井生命三鷹ビル5階
設立 1983年5月20日
(1958年創業)
事業内容 子会社の運営
代表者 代表取締役社長 窪田健一
資本金 14億7,008万9千円
(2015年3月31日現在)[1]
発行済株式総数 719万株[1]
売上高 連結:246億4,251万9千円
単独:15億6,523万9千円
(2015年3月期)[1]
営業利益 連結:5億7,714万円
単独:3億50万9千円
(2015年3月期)[1]
純利益 連結:2億7,316万8千円
単独:2億1,670万8千円
(2015年3月期)[1]
純資産 連結:44億8,947万円
単独:38億7,014万3千円
(2015年3月31日現在)[1]
総資産 連結:112億9,271万4千円
単独:61億9,057万2千円
(2015年3月31日現在)[1]
従業員数 連結:543名
(2015年3月31日現在)[1]
決算期 3月31日[1]
主要株主 三森久実 17.11%
タニコー(株) 1.80%
三菱UFJ信託銀行(株)1.66%
(2015年3月31日現在)[1]
主要子会社 (株)大戸屋 100%
香港大戸屋有限公司 100%
OOTOYA ASIA PACIFIC PTE. LTD. 100%
AMERICA OOTOYA INC. 100% ほか
外部リンク http://www.ootoya.jp/
テンプレートを表示
「大戸屋」赤坂通り店(東京都港区赤坂

株式会社大戸屋ホールディングスおおとや-)は日本にあり、下記の株式会社大戸屋および海外で飲食店事業を行うほかの事業会社の運営を行う持株会社。また、株式会社大戸屋おおとや)は、定食を中心とする外食チェーンストアを運営する企業である。

家庭的な和定食を中心とした「大戸屋ごはん処」の全国チェーン展開を行っているほか、カウンター造りで内装が料亭風でありながらリーズナブルな価格設定の「おとや」も展開している。

セントラルキッチンを持たず、店舗で調理して提供するシステムで、他の外食チェーンとの差別化を試みている。

沿革[ソースを編集]

概要[ソースを編集]

1958年1月、東京池袋東口に「大戸屋食堂」として創業。1983年5月に株式会社大戸屋を設立。1992年に吉祥寺店が火災で全焼したが、建て直しの際「おしゃれな定食屋」というコンセプトの店舗にしたところ、これが当たり、以後急成長した。舗数は2015年3月現在で直営145店舗、フランチャイズ183店舗、海外直営12店舗、海外フランチャイズ76店舗である。

2010年3月、実質的な本社機能を新宿区岩戸町から三鷹駅至近の武蔵野市中町に移転し、登記上の本店所在地も同年7月1日をもって移転した。

2011年に持ち株会社化。株式会社大戸屋分割準備会社(2011年5月16日設立)に日本国内の飲食店事業を分割し(海外事業は元々別の子会社が運営)、これを7月1日に株式会社大戸屋に社名を変更、元々の株式会社大戸屋は同じ7月1日に株式会社大戸屋ホールディングスに社名を変更した[2]

出店地域[ソースを編集]

ショッピングセンター内店舗や、郊外のファミリーレストランタイプの店舗を除いて、地下や2階への出店が多く、1階にはあまりない。これは賃料の節減のためと、男性が中心の客層の中に並ぶ行列が抵抗があるという女性客に配慮しているためとされる。また、店舗網は東日本が主体で西日本には少なく、特に関西圏は味の嗜好の違いや同業他社(特にフジオフードシステム)との競合などで数は少ない。

2011年3月、銀座(大戸屋銀座三越前店)に進出するなど、都内各地を中心に出店を続けている。

店舗がある地域[ソースを編集]

日本[ソースを編集]

秋田県福島県和歌山県岡山県徳島県愛媛県高知県佐賀県宮崎県以外の全都道府県。愛媛県は2011年に店舗が消滅している。

日本国外[ソースを編集]

ニューヨーク5店舗、タイ49店舗[3]台湾26店舗[4]香港4店舗、上海1店舗、インドネシア6店舗、シンガポール3店舗、ベトナム1店舗に進出(2016年3月現在)しており、今後も出店を拡大していく予定。

擬似店舗[ソースを編集]

岐阜県各務原市および美濃加茂市に「大和屋(やまとや)」の店名にて、大戸屋とほぼ同一業態を持つ飲食店が存在する。この2店舗は、開店当初は「大戸屋ごはん処各務原店」「大戸屋ごはん処岐阜美濃加茂店」という大戸屋のフランチャイズ店舗であったが、2008年6月頃に「大和屋」と店名を変更している。

岐阜美濃加茂店については、幹線道路(国道41号)沿いにあった看板などが突然塗りつぶされ、店名不明の状態での営業が1週間ほど続いた(その時点で既に、大戸屋ではなく「大和屋」に変わっていたようである)。その後、看板などには「大和屋」の店名がペイントされたが、字体などは大戸屋のそれと酷似している。

大戸屋側は、各務原店と岐阜美濃加茂店は閉店し、同じ場所で営業している「大和屋」は「『大戸屋ごはん処』の“類似店舗”」であるという旨の説明をしている[要出典]。なお、「大戸屋ごはん処各務原店」「大戸屋ごはん処岐阜美濃加茂店」を経営していたのは株式会社ダイワ。

2015年1月現在、美濃加茂市にあった大和屋店舗は「大戸屋 美濃加茂店」として営業している[5]

メニュー[ソースを編集]

提供される料理は、日本のいわゆる家庭料理風のものが多い。

オーダー、付加サービス[ソースを編集]

長年の看板メニューが「特選大戸屋ランチ」である。キャベツスライスやサニーレタストマトブロッコリー生野菜(付け合せは時期によって異なる)を土台にコロッケ鶏肉(モモ肉)の竜田揚げを並べ、中央に目玉焼きを盛り合わせたもの。

他に人気メニューとして、「チキンかあさん煮定食」がある。鶏肉のカツレツを醤油ベースのタレに大根おろしを加えて、人参やジャガイモなどの根野菜と一緒に鍋で煮込んだもの。ひろく一般には「みぞれ煮」と呼ばれるものである。アルミ鍋で煮込んで、さらに大根おろし・なめたけ・水菜をかけているのが特徴。

○○定食とつくメニューには、メインの惣菜の他にご飯味噌汁お新香、メニューによっては小鉢がセットされるが、惣菜だけでの注文も可能である。ものとうどん、または蕎麦のセットも、それぞれ丼のみ、うどん、そばのみの注文が可能である。テーブルには、飯にふり掛ける胡麻塩などが置かれている。追加料金で、ドリンクバーエスプレッソコーヒー(おかわり自由)などのサービスも利用できる店舗もある。2008年5月16日のメニュー改定よりご飯の大盛料金が無料(大盛のできないせいろご飯は除く)に変更となった。

デザート[ソースを編集]

和のテイストの季節のデザートが用意されている。

調理法 “炭火”[ソースを編集]

2002年頃より炭火での調理を一部店舗で試験的に開始、1年あまりの過渡期を経て、順次全店に導入され、全店舗の標準となった。それと同時に従来、炭火調理可能店舗でのみ炭火で調理されていたメニュー(それ以外の店舗ではグリル、鉄板などで調理していた)が「○○の炭火焼き定食」というふうに「炭火焼き」を挿入する形で改称されている。また、使用する炭も、タイの出店を機に現地のトータイネットワーク社から植林したユーカリ炭を仕入れ、二酸化炭素等の発生を抑える企業努力を行い、環境にも配慮したこだわりもしている。その観点から日本で使用する炭は、タイ製にシフトしていく方向に変わり始めている。

その他[ソースを編集]

  • 全店舗とも終日全席禁煙となっている。また、電子たばこ・無煙タバコなどの使用禁止も明示している。
  • 前払いの店舗と後払いの店舗が混在している。

不祥事[ソースを編集]

2013年8月20日に東京都新宿区内の「大戸屋ごはん処 新宿靖国通り店」で洗浄のため漂白剤希釈液を入れて店内に置いていた給茶ポットをお茶が入っているものと間違えて従業員が客に提供し、この客が漂白剤を飲んでしまうトラブルが発生した[6]

脚注[ソースを編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k 株式会社大戸屋ホールディングス 第32期(2014年4月1日 - 2015年3月31日)有価証券報告書
  2. ^ 持ち株会社への移行に伴う分割準備会社の設立、吸収分割契約締結及び定款一部変更(商号及び目的の変更)に関するお知らせ (PDF) - 株式会社大戸屋 2011年5月13日
  3. ^ タイ大戸屋
  4. ^ 台湾大戸屋
  5. ^ 美濃加茂店|大戸屋
  6. ^ お客様への漂白剤希釈液誤提供についてのお詫びとお知らせ (PDF) - 大戸屋ホールディングス、2013年8月21日

関連項目[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]