今村和郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

今村 和郎(いまむら わろう、1846年10月22日弘化3年9月3日) - 1891年明治24年)5月4日)は、明治期の官僚政治家貴族院勅選議員。官位は正四位勲五等

経歴[編集]

高岡郡高岡村に豪商の長男として生まれる。慶応2年(1866年土佐藩開成館に入門。1869年に箕作貞一郎の私塾共学社にて仏語を修得。その後、官吏に抜擢され民部省に入る。文部省に出向し1871年中助教の時、岩倉使節団に随行しヨーロッパを歴訪、和郎はフランスに残る。1875年左院御用掛を拝命。1879年に帰国し大政官法制局権少書記官兼司法権少書記官、内務省少書記官、内務権大書記官、参事院員外議官補佐、外務省権大書記官、行政裁判所評定官などを歴任し。1890年9月29日貴族院勅選議員に任じられ[1]、死去するまで在任した[2]

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第2182号、明治23年10月6日。
  2. ^ 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』98頁。

参考文献[編集]

  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。