小風秀雅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小風 秀雅(こかぜ ひでまさ、1951年 - )は、日本歴史学者。専門は日本近代史(対外関係史・交通史)。お茶の水女子大学名誉教授立正大学教授東京大学文学博士

人物・経歴[編集]

神奈川県出身。県立湘南高校卒。東京大学文学部卒。1995年東京大学博士(文学)。お茶の水女子大学大学院人間文化研究科教授。2018年より立正大学文学部史学科教授

著書[編集]

単著[編集]

  • 『帝国主義下の日本海運―国際競争と対外自立』(山川出版社、1995年) 
  • 『近代日本と国際社会』(放送大学教育振興会、2004年)
  • 『湘南の風景 茅ヶ崎・海と緑の近代史』<茅ヶ崎市史ブックレット11>(茅ヶ崎市、2009年)

編著[編集]

共著[編集]

  • 大西比呂志栗田尚弥)『相模湾上陸作戦 第二次大戦終結への道』(有隣堂、1995年)
  • (吉城寺尚子)『萬鉄五郎と茅ヶ崎の風景』<茅ヶ崎市史ブックレット3>(茅ヶ崎市、2001年)
  • 丸山雍成中村尚史)『日本交通史辞典』(吉川弘文館、2003年)

共編著[編集]