法制執務

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

法制執務(ほうせいしつむ)とは、公務員が法令の案文を起草する事務をいう。[要出典]。法令の体系を踏まえ、適切な立法技術により、適切な用字・用語、言い回し、体裁を用いて表現することが求められる。

日本における法制執務[編集]

[編集]

法律案・命令の起案を行う。法律案については、行政機関の企画部局および内閣法制局(内閣提出法案の場合)または議院法制局(議員提出法案の場合)が、政令については行政機関の企画部局および内閣法制局が、その他の命令については行政機関の企画部局が、それぞれ担当する。

地方公共団体[編集]

条例・規則の起案を行う。[要追加記述]