ワルシャワの戦い (1920年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ポーランド・ソビエト戦争 > ワルシャワの戦い (1920年)
ワルシャワの戦い
ポーランド・ソビエト戦争
Battle of Warsaw 1920.png
1920年8月12日–25日
場所ポーランド第二共和国ワルシャワ郊外
北緯52度18分 東経20度49分 / 北緯52.300度 東経20.817度 / 52.300; 20.817座標: 北緯52度18分 東経20度49分 / 北緯52.300度 東経20.817度 / 52.300; 20.817
結果 ポーランド軍の勝利
衝突した勢力
ポーランドの旗 ポーランド共和国

ロシアSFSRの旗 ロシアSFSR


支援:
ベラルーシSSRの旗 ベラルーシSSR
ウクライナSSRの旗 ウクライナSSR
指揮官
ポーランドの旗 ユゼフ・ピウスツキ
ポーランドの旗 T. Jordan-Rozwadowski
ポーランドの旗 ヴワディスワフ・シコルスキ
ポーランドの旗 Józef Haller
ポーランドの旗 エドヴァルト・リッツ=シミグウィ
ポーランドの旗 Bolesław Roja
ポーランドの旗 Franciszek Latinik
ポーランドの旗 Leonard Skierski
ポーランドの旗 Zygmunt Zieliński
ポーランドの旗 Wacław Iwaszkiewicz
ロシアSFSRの旗 レオン・トロツキー
ロシアSFSRの旗 セルゲイ・カーメネフ
ロシアSFSRの旗 ミハイル・トゥハチェフスキー
ロシアSFSRの旗 Hayk Bzhishkyan
ロシアSFSRの旗 Nikolai Sollogub
ロシアSFSRの旗 ヨシフ・スターリン
ロシアSFSRの旗 セミョーン・ブジョーンヌイ
ロシアSFSRの旗 アレクサンドル・エゴロフ
ロシアSFSRの旗 August Kork
ロシアSFSRの旗 Aleksandr Shuvayev
ロシアSFSRの旗 Vladimir Lazarevich
戦力
113,000–135,000[1] 104,000–140,000[1]
被害者数
死亡4,500
捕虜26,000
行方不明者10,000[1]
合計: 40,500
死亡10,000–25,000
捕虜30,000
捕虜65,000–85,000
中立国(ドイツ、東プロセイン)において抑留30,000–35,000[1][2]
合計: 110,000–126,000
ワルシャワの戦い (1920年)の位置(ポーランド内)
ワルシャワの戦い (1920年)
Polandにおける位置

ワルシャワの戦いポーランド語Bitwa Warszawskaロシア語Варшавскаябитва 、転写: Varshavskaya bitvaウクライナ語Варшавськабитва 転写:Varshavsʹkabytva )はポーランド-ソビエト戦争中の1920年にポーランドに勝利をもたらした戦い。ポーランドは滅亡の危機に瀕したが、赤軍に勝利し撃退した。

ポーランドのキエフ攻勢の後、ソビエト軍は1920年の夏に反撃に成功し、ポーランド軍青軍)は混乱して西に後退することを余儀なくされた。ポーランド軍は崩壊の危機に瀕し、ソビエトの決定的な勝利が予測された。

ワルシャワの戦いは、1920年8月12日から25日まで、ミハイル・トゥハチェフスキーが指揮する赤軍がポーランドの首都ワルシャワと近くのモドリン要塞に接近したときに戦われた。8月16日、ユゼフ・ピウスツキが指揮するポーランド軍が南から反撃し、敵の攻撃を妨害し、ロシア軍を東方およびネマン川の背後で無秩序な撤退に追いやった。ロシアの推定損失は10,000人が死亡、500人が行方不明、30,000人が負傷、66,000人が捕虜となったのに対し、ポーランド人は約4,500人が死亡、10,000人が行方不明、22,000人が負傷した。

ボルシェビキの指導者であるウラジーミル・レーニンは、それを自分の軍隊にとっての「大きな敗北」と呼んだ[3]。その後の数ヶ月で、いくつかの追撃戦での勝利がポーランドの独立を確保し、その年の後半のソビエトとの平和条約につながり、1939年までポーランドの東部を確保した。

政治家で外交官のエドガー・ヴィンセント英語版は、ソビエトに対するポーランドの勝利が共産主義のヨーロッパのさらなる西方への広がりを止めたので、この出来事を彼の歴史上最も重要な戦いのリストの中での1つと見なしている。

背景[編集]

第一次世界大戦の余波で、ポーランドは、ポーランドの1795年の分割で失われた独立を回復し、以前の分割者であるロシア、ドイツおよびオーストリア-ハンガリーの領土から新しい多国籍連邦(ミェンズィモジェ)を成立させるために戦いを始めた。

同時に1919年以降、ボルシェビキロシア内戦で優位に立ち、ロシアの白軍に壊滅的な打撃を与えた。ウラジーミル・レーニンはポーランドを中央ヨーロッパと西ヨーロッパ共産主義をもたらすための橋頭堡と見なし、ポーランドとの戦争は赤軍の力を試す完璧な方法のように思えた。 ボルシェビキのプロパガンダでは、革命はロシアの銃剣で西ヨーロッパに運ばれることになっており、ベルリンパリへの最短ルートはワルシャワを経由することを主張した。紛争は、ポーランドの元首ユゼフ・ピウスツキがウクライナの指導者シモン・ペトリューラと同盟を結び(1920年4月21日)、5月7日にキーウを解放してウクライナに進出したときに始まった(キエフ攻勢ポーランド語版ウクライナ語版ロシア語版英語版)。

両陣営は、領土問題の対立であるポーランド・ウクライナ戦争に巻き込まれた。1919年のポーランドに対する初期の侵攻の挫折の後、赤軍は1920年初頭の反撃で圧倒的に成功し、ポーランドのキーウ作戦を無効にし、ポーランド軍に撤退を余儀なくさせた。1920年半ばまでに、ポーランドの存続は危機に瀕しており、海外の観察者はいつでもポーランドが崩壊すると予想していた。ソ連の戦略は、ポーランドの首都ワルシャワへの大規模な侵攻を必要とした。それによりポーランド政府の崩壊がポーランド人士気を損なうだけでなく、国際的な一連の共産主義蜂起を引き起こし、赤軍がドイツ革命に参加できるようになる。

ワルシャワの戦いでのポーランド第5軍のスタッフとヴワディスワフ・シコルスキ
ワルシャワ近くのミウォスナでのポーランドの防御陣地

セミョーン・ブジョーンヌイの指揮するロシアの第1騎兵軍は、6月初旬にポーランドの戦線を突破した。その効果は劇的で、ブジョーンヌイの進撃は、ポーランド軍の前線の崩壊をもたらした。7月4日、ミハイル・トゥハチェフスキーの指揮する西部戦線部隊は、ベラルーシベレジナ川からの全面的な攻撃を開始し、ポーランド軍を撤退させた。 7月19日、赤軍はフロドナを占領し、7月22日にはブレスト要塞を占領、7月28日にはビャウィストクに進出した。 8月初旬、ポーランドとソビエトの代表団はバラーナヴィチで会合しメモを交換したが、彼らの話し合いは無に帰した[4]

戦闘序列[編集]

ポーランド[編集]

前線に向かう途中のポーランドの兵士
ワルシャワの戦いでのポーランド歩兵
Powązki軍事墓地、ワルシャワの戦いでのポーランドの戦死者の墓

3戦線(北部、中部、南部)、7軍、合計32個師団:歩兵46,000、騎兵2,000、機関銃730、砲192門、いくつかの戦車部隊(主にFT-17 )。

ポーランド軍
北部戦線
ハラー
中央戦線
リッツ
南部戦線
Iwaszkiewicz
第5軍
シコルスキー
第4軍
スキエルスキー
第6軍
Jędrzejewski
第1軍
ラティーニック
第3軍
Zieliński
ウクライナ軍
ペトリューラ
第2軍
ロハ

配置:

ソビエト[編集]

赤軍
北西戦線
トゥハチェフスキー
第4軍
Shuvayev
第3騎兵隊
Bzhishkyan
第15軍
コルク
第3軍
ラザレビッチ
第16軍
Sollogub
第1騎兵軍
ブジョニー

作戦計画[編集]

ポーランド[編集]

ポーランドの司令官ユゼフ・ピウスツキ

8月の初めまでに、ポーランドの撤退は補給路が短縮されたため、より組織的になった。当初、ユゼフ・ピウスツキブーク川とブレストリトフスク市でソビエトを阻止したかったが、ソビエト軍の前進により、彼らの軍隊はその防衛線を破り、その計画は手遅れになった。8月5〜6日の夜、ワルシャワのベルヴェーダー宮殿に滞在していたピウスツキは、改訂された計画を考案した。最初の段階では、ポーランド軍がヴィスワ川を越えて撤退し、ワルシャワとワルシャワ南東のヴィスワ川の支流であるウィープルズ川で橋頭堡を守るよう求めた。利用可能な部隊の4分の1は、戦略的な反撃のために南に集中した。次に、ピウスツキの計画では、ヨゼフ・ハラー将軍の中央戦線(10½師団)の第1軍と第2軍が受動的な役割を果たし、ソビエト軍の主な西向きの進撃に直面し、ワルシャワの最後の防衛線である確固たる地位を維持することを求めた。同時に、ハラーに従属するヴワディスワフ・シコルスキー将軍の第5軍(5½師団)が、モドリン要塞近くの北部地域を防衛した。実行可能になったとき、彼らはワルシャワの後ろから攻撃することになっていたので、その方向からワルシャワを包囲しようとするソビエト軍を遮断し、敵の前線を突破してソビエト北西戦線の後ろに回った。さらに、第5軍の5つの師団は、ワルシャワを北から守ることが任務だった。フランシスゼク・ラティーニク将軍の第1軍はワルシャワを防衛し、ボレスワフ・ロハ将軍の第2軍は、グラ・カルバリアからデンブリンまでのヴィスワ川のラインを保持することになった。

しかし、重要な役割は、ピウスツキの個人的な指揮の下、約20,000人の強力な新たに結成された機動部隊(ポーランド語:Grupa Uderzeniowa。「突撃部隊」または「衝撃隊」とも)に割り当てられた。この部隊は、南正面からの最も優良なポーランド軍部隊で構成され、レナード・スキールスキー将軍の第4軍とジグムント・ジェリンスキー将軍の第3軍によって補強された。ブーク川地域から撤退した後、これらの軍隊はワルシャワに直接移動せず、ビエプシュ川を渡り、追跡していた敵部隊との接触を断ち切り混乱させた。突撃部隊の任務は、ヴィスワ川とビエプシュ川の三角地帯の南の位置から急速な攻撃を先導することだった。彼らは北に進み、ポーランドの諜報機関がソビエト西部戦線と南西部戦線の間にあると考えていた弱点を狙って前進することになっていた。そこでは彼らの連絡は弱小なマズィル集団に依存していた。この作戦の目的は、ソビエト西部戦線を混乱に陥れ、その予備軍から分離することだった。計画によれば、シコルスキーの第5軍と前進する暴行グループは東プロイセン国境近くで会合し、ソビエトを包囲網に閉じ込めたままにする。

ポーランドの諜報機関によって提供され、ソビエトの無線通信を傍受したかなり信頼できる情報に基づいていたが[5][6]、この計画は、フランス軍の軍事顧問からピウスツキの正式な軍事教育の欠如を指摘された。

提案された集結地が、前線にいるポーランド軍部隊から100~150マイル(150~250km)も離れており、しかもそれが反撃予定日のわずか1週間前だったことから、兵站面で批判された。すべての再編成地点は敵のすぐそばにあった。ソビエトの攻勢が始まるときにピウスツキと彼のスタッフがタイミングを間違えた場合、ポーランドの反撃とポーランド戦線全体の結束さえも混乱する恐れがあった。ピウスツキ自身も回想録でそれが賭けであったことを認めていた。 彼は、政治家の敗北主義の姿勢、首都の安全に対する恐れ、そしてワルシャワが倒れるとすべてが失われるだろうという一般的な感情のために、それを進めることに決め、他の陸軍司令官に計画に沿って行くように説得した。彼らは、その状況下で、作戦が壊滅的な敗北を回避する唯一の可能な方法であることに気づいた。 作戦計画は非常に絶望的で不十分であるように見えたので、それの情報を入手したソ連側は敵の欺瞞工作とみなした。

作戦の立案者が誰なのかは論争となっている。パデレフスキーは、ウェイガンが発案したと連合国の指導者に語った。パデレフスキーはもっとよく知っていたが、彼はポーランドの政治におけるカムバックのためにアメリカの支援を利用しようとしていた[7]。戦闘後、多くの報告は、計画が実際にフランスのマキシム・ウェイガン将軍またはポーランドの参謀長タデウス・ヨルダン・ロズワドフスキによって作成されたことを示唆した。 最近の研究によると、 フランスの軍事顧問は、ミンスク・マゾビエツキに向けて2つの師団のわずかな戦術的反撃のみを提案した。その目的は、その後の停戦交渉を容易にするために、赤軍を30キロ後退させることだった。 一方、ロズワドフスキー将軍の計画は、ヴィエプシュ地域からソ連占領地域へのより深い突入を要求した。しかし、ピウスツキは大規模な作戦を提案し、敵軍を単に押し戻すのではなく、敵軍を打ち負かすことに大きな力を注いだ。この計画は、ポーランド軍が600キロメートルの後退後に再編成できるとは信じていなかったフランスの軍事顧問によって反対された。にもかかわらず、何年もの間、ポーランドを救ったのはウェイガンら連合国軍の軍事顧問の時宜を得たアドバイスであるという神話が根強く残った。

デイヴィスは、ピウスツキについて「唯一の重大な可能性を残していた - 中央の右への反撃、北部と南部の両方の戦線から攻撃部隊を編成できる時点で。彼は8月5日から6日の夜にかけて,ワルシャワのベルウェーダーで独りで反芻しながら,これらの事柄について深く考え,確認した。午前中、彼はロズワドフスキを迎え、共に詳細を練り上げた。ロズワドフスキはヴィエプルツ川の価値を指摘した...夕方までに、命令第8358/3の準備ができ発令された」と述べた。ウェイガンド将軍は回顧録で「la victoire était polonaise, le plan polonais, l'armée polonaise(「勝利はポーランドのもの、計画もポーランドのもの、軍もポーランドのもの」)」と認めた[8]

ロシア[編集]

ミハイル・トゥハチェフスキーは、ワルシャワの北西にあるブウォツワベクの近くのヴィスワ川を渡り、ワルシャワの北西から攻撃を開始することで、ワルシャワを取り囲み、取り囲むことを計画した。彼の指揮下にある4つの軍隊の24の師団で、彼は1831年に11月蜂起の間にトルンでヴィスワ川を渡り、ポーランドの蜂起を押しつぶしてワルシャワに到達したイヴァン・パスケーヴィチの歴史的な作戦を繰り返すことを計画した。 この動きはまた、ポーランド軍をグダニスクから切り離すことを意図していた。グダニスクは、武器や物資の輸送に開放されている唯一の港だった。

ロシアの計画の主な弱点は、ピンスク湿地と弱いマズィル(モジルスカ)グループによってのみ確保された、防御が不十分な南側の側面だった。その部隊は第57歩兵師団で構成された8,000強の兵力であり、ソビエトの2つの正面を結ぶ役割を果たした(ロシア南西部の兵力の大部分はルヴフの戦いに従事していた)。

デイビスは、ソビエトの失敗は、ワルシャワへの正面攻撃のために部隊を動かすのが遅かったことが原因であると主張している。対照的に、ポーランド側は迅速であった。さらに、ソビエト西部司令部と南西部司令部の3つの軍隊の間の調整が不十分であった。政治の分野では、デイビスは、ソビエト司令部の内部であまりにも多くの摩擦があったと主張する。[9]歴史家のトーマス・フィディックによれば、セミョーン・ブジョーンヌイ将軍、あるいはおそらくヨシフ・スターリンによるソビエト側の命令に対する不服従の噂は根拠がない。モスクワの政府は、政治的な理由から、ポーランド戦線を犠牲にしてクリミア戦線を強化することを決定した。それは、ヨーロッパ全体の共産主義革命の目標を、内部統合の中で西側との一種の「平和共存」に置き換えることを意味した[10]

戦い[編集]

第1段階[編集]

戦闘前の位置

赤軍が前進する間、ゲイク・ビジシャンの騎兵隊は第4軍と共にウクラ川を渡り、ブウォツワベクの町に向かって前進し、第15軍と第3軍はモドリン要塞に近づき、第16軍はワルシャワに向かって移動した。ワルシャワへの最後のロシアの攻撃は8月12日に始まったソビエト第16軍は、ラジミンの町(市の東わずか23 km)で攻撃を開始し、翌日陥落させた。 赤軍のこの最初の成功により、ピウスツキは計画を24時間前倒しすることになった。[要出典]

戦闘の最初のフェーズは8月12日に始まり、赤軍がプラガ橋頭堡を正面から攻撃した。激しい戦闘で、ラジミンは何度か手を変え、ほとんどの外国人外交官はワルシャワを去り、英国とバチカンの大使だけが残ることを選んだ。 8月14日、ラジミンは赤軍に墜落し、ヴワディスワフシコルスキーのポーランド第5軍の戦線が崩壊した。第5軍は、第3、第4、第15の3つのソビエト軍と同時に戦わなければならなかった。モドリンセクターは予備軍(シベリア旅団とフランシスゼククラホフスキー将軍の新編制の第18歩兵師団、どちらも実戦経験豊富な優良部隊)で強化された。第5軍は夜明けまで持ちこたえた。[要出典]

第203ウーラン連隊が赤軍の路線を突破し、ソビエトの指揮所を攻撃した真夜中頃、状況は急変した。その結果、ADシュバイエフのソビエト第4軍の無線局が破壊された。 残った部隊はポーランドの諜報機関に周波数が知られている1つの無線局しか残っていなかった。ポーランドの暗号解読者は、ロシア人に暗号が解読されていることを知られたくないので、第4軍が使用した周波数に合わせてポーランド語とラテン語で創世記を暗唱させることによって、残りのソビエトの無線局は無効化された。そのため、ソ連の前線部隊は本部との連絡が途絶え、トゥハチェフスキーによる南へ転進する命令に気づかずに、トルンプウォツクに向かって行進を続けた。 第203ウーランによる襲撃は、「チェハヌフの奇跡」と呼ばれることもある。

同時に、フランシスゼク・ラティーニク将軍の指揮するポーランド第1軍は、6つの狙撃兵部隊によるワルシャワへの直接の赤軍の攻撃を阻止した。ラジミンの戦闘は、ポーランド北部戦線の指揮官であるヨゼフ・ハラーに、計画よりも早く第5軍の反撃を開始することを余儀なくさせた。

この間、ピウスツキは反撃作戦の作成を終えていた。彼は攻撃を監督することを決心し、軍の状況に集中できるように、そして彼が死んだとしても国家を麻痺させないように、すべての職務からの辞表を提出した。 彼は8月12日から8月15日まで、ワルシャワの南約100kmのプワビ近くに集中している第4軍の部隊を訪問して軍の士気を高めることに成功した。

当時、ピウスツキはポーランド軍の兵站の苦しい状況について「第21師団は、兵士のほぼ半数が裸足で私の前を行進した」と述べた。新しく作られたポーランド軍は、その装備をあちこちから手当たり次第にかき集めた。そのライフルと大砲は少なくとも6か国で生産されており、それぞれが異なる弾薬を使用していた。

第2段階[編集]

赤軍の第27歩兵師団は、首都の北西13 kmにあるイザベリンの村に到達することができたが、これはソ連軍が首都へ最も近づいたものだった。

戦闘の第2段階:ポーランドの反撃

トゥハチェフスキーは、すべてが計画通りに進んでいることを確信していたが、実際にはピウスツキの罠に陥っていた。 ソ連軍の右側面で、北とヴィスワ川を横切る主要なロシアの前進の経路には、ポーランド軍の形式的な抵抗しかなかった。 同時に、ワルシャワの南、戦闘の左前線では、北西部と南西部の前線の間の重要なつながりははるかに脆弱であり、ソビエト軍の小規模な部隊であるマズィル集団によってのみ確保されていた。 さらに、ピウスツキや他のポーランドの司令官に大いに恐れられていた第1騎兵軍を指揮するセミョーン・ブジョーンヌイは、トゥハチェフスキーの要請で南からワルシャワに進軍するように命じたソビエト最高司令部の命令に従わなかった。ブジョニーは、南西戦線の将軍アレクサンドル・イリイチ・エゴロフとトゥハチェフスキーの間の恨みに影響されて、この命令に憤慨した。 さらに、当時南西戦線の主席政治委員であったヨシフ・スターリンの政治闘争は、エゴロフとブジョーンヌイの不従順をさらに助長させた。 スターリンは、個人的な栄光を求めて、重要な産業の中心地であるリヴィウを占領することを目的としていた。最終的に、ブジョーンヌイの軍隊はワルシャワではなくリヴィウに進軍したため、戦闘に参加できなかった。

ポーランドの第5軍は、8月14日にウクラ川を渡って反撃した。それはソビエトの第3軍と第15軍の合同軍に直面した(数値的にも技術的にも優れている)。 ナシェルスクでの戦闘は8月15日まで続き、町はほぼ完全に破壊された。しかし、ソビエトのワルシャワとモドリンへの前進は8月末に中止され、その日、ポーランド軍はラジミンを奪還し、ポーランドの士気を高めた。

その瞬間から、シコルスキーの第5軍は、ほぼ電撃戦のような作戦で、使い果たされたソビエト部隊をワルシャワから押しのけた。シコルスキーの部隊は、ポーランド軍が持っていた少数の機械化された部隊(戦車装甲車)のほとんどすべてと、2つのポーランドの装甲列車の支援を受けた。それは1日30キロメートルの速度で急速に前進することができ、ソビエト軍の北方から「包み込む」作戦を混乱させた。

第3段階[編集]

8月16日、ピウスツキが指揮するポーランド軍の攻撃部隊は、ヴィエプシュ川から北への進軍を開始した。 それは、数ヶ月前のキエフ作戦中にポーランド軍を打ち負かしたソビエト軍であるマズィル集団と会敵した。 しかし、後退するポーランド軍を追跡中に、マズィル集団はその兵力のほとんどを失い、ソビエト第16軍の左側面にある150キロメートルの最前線をカバーする1つまたは2つの師団に縮小された。 反撃の初日、ポーランドの5つの師団のうち1つだけが何らかの反対を報告し、残りの4つは騎兵旅団に支援されて45km北に無敵で前進した。夕方になると、ブウォダバの町は解放され、ソビエト第16軍の通信と補給線は切断された。ピウスツキでさえ、これらの初期の成功の程度に驚いていた。 突撃部隊は、36時間で約70キロメートルをカバーした。計画通り、それはソビエト軍の前線を分断し、混乱させたが、重大な抵抗に遭遇することはなかった。マズィル集団は、ポーランドの反撃の初日にすでに敗北していた。その結果、ポーランド軍は彼らが望んでいたもの、つまりソビエト軍の前線の間の大きな開口部を見つけた。彼らはそれを利用し、2つの部隊が驚いて混乱した敵を追いかけることで北方への攻撃を続けた。

8月18日、ワルシャワの東方300 マイル (500 km)ミンスクの本部にいたトゥハチェフスキーは作戦の失敗に気づき、すぐに赤軍に撤退と再編成の命令を出した。 彼は最前線をまっすぐにして兵站を改善し、主導権を取り戻し、ポーランド軍を再び押し戻すことを考えたが、状況はソ連軍にとってさらに悪化した。彼の命令は到着が遅すぎるか、もしくは到着しなかった。ソビエト軍のBzhishkyan将軍率いる第3騎兵隊は、ポメラニアに向かって前進し続けた。 その進撃は、最終的に赤軍を押し戻し、追跡に切り替えたポーランド第5軍によって危険にさらされた。ポーランドの第1軍団歩兵師団は、敵の退却を阻止するために、ルバルトゥフからビャウィストクまで1日最大21時間移動し、 163をカバーする強制行進を実施した。 マイル (262 km)わずか6日で。 その期間中、師団は敵と2回交戦した。師団の急速な前進により、第16軍を迎撃し、ビャウィストク近郊の援軍から切り離し、ほとんどの部隊を降伏させた。

正面中央のソビエト軍は混乱に陥った。一部の部隊はワルシャワに向かって戦い続けたが、他の部隊は撤退し、統率を失い、パニックに陥った。 トゥハチェフスキーは指揮下の部隊のほとんどと連絡を失い、ソビエトの作戦は混乱に陥った。第15軍だけが統率を保ったままだった。それはトゥハチェフスキーの命令に従おうとし、最西端に拡張された第4軍の撤退を阻止した。しかし、8月19日と20日に2回敗北し、赤軍の北西戦線に加わった。トゥハチェフスキーは、ブーク川の西に向かって前面撤退を命じるしかなかった。 8月21日までに、組織化された抵抗はすべて存在しなくなり、8月31日までに、ソビエト南西戦線は完全に崩壊した。

余波[編集]

ポーランドは勝利を収めてソ連軍を押し戻すことができたが、ピウスツキによる赤軍を打ち負かして包囲する計画は完全には成功しなかった。 7月4日、北西戦線の4つのソビエト軍がワルシャワで前進し始めた。最初の成功の後、8月末までに、そのうちの3つ(第4、第15、第16軍、およびBzhishkyanの第3騎兵隊の大部分)はほとんど崩壊し、彼らの残党は捕虜になるか、ドイツの東プロイセンへ越境した後に一時的に抑留された。第3軍は最も影響を受けなかった。その後退の速さのために、追跡しているポーランド軍はそれに追いつくことができなかった。

赤軍の損失は約15,000人が死亡、500人が行方不明、10,000人が負傷、65,000人が捕獲されたのに対し、ポーランドの損失は約4,500人が死亡、22,000人が負傷、10,000人が行方不明だった。 25,000から30,000のソビエト軍がなんとかドイツの国境に到達した。東プロイセンの領土に渡った後、彼らは一時的に収容され、武器と装備を持って出国することが許された。ポーランドは約231門の大砲と1,023丁の機関銃を捕獲した。

赤軍の南軍は敗走し、ポーランド軍に脅威を与えることはなくなった。セミョーン・ブジョーンヌイの第1騎兵軍は、リヴィウを包囲したが、8月31日のコマルフの戦いとフルビエシュフの戦いで敗北した。 10月中旬までに、ポーランド軍はテルノーピリ - ドゥブノ - ミンスク -Drisa線に到達した。[要出典]

トゥハチェフスキーは最終的に彼の東に後退する部隊を再編成することに成功したが、主導権を取り戻すことには成功しなかった。 9月、彼はグロドノの近くに新しい防衛線を設立した。それを打破するために、ポーランド軍はニーメン川の戦い(9月15日から21日)と戦い、再び赤軍を打ち負かした。 Szczara川の戦いの後、両側は疲弊していた。 10月12日、フランスと英国からの強い圧力の下で、停戦が調印された。 10月18日までに戦闘は終了し、1921年3月18日、リガ条約が調印され、敵対行為は終了した。[要出典]

ワルシャワの戦い前のボルシェビキのプロパガンダは、ポーランドの首都の崩壊が差し迫っていると説明していた。 その予想される崩壊は、第一次世界大戦によって経済的に荒廃したポーランド、ドイツ、およびその他のヨーロッパ諸国での大規模な共産主義革命の開始の合図というものだった。 しかし、ポーランドの勝利により、リトアニア政府(8月に予定)を転覆させるソビエトの試みは中止しなければならなかった[11]。 したがって、ソビエトの敗北は、その計画を支持するソビエトの指導者(特にウラジーミル・レーニン)にとっての挫折と見なされた。

国民民主党下院議員のスタニスワフ・ストロンスキは、ピウスツキの初期の「ウクライナの冒険」に対する彼の不満を強調するために、「ヴィスワ川の奇跡」(ポーランド語「CudnadWisłą」 )というフレーズを作り出した[12]。それに応えて、ポーランドのヴィンツェンティウィトス首相は、「誰が何を言ったり書こうが、栄光と功績を身につけたい人にとっては誰でも、これは1920年代における「ヴィスワ川の奇跡」である」とコメントした。 戦いの多くの参加者の日記は、事前の広範な全国的な祈りとその後の戦場での彼女の出現の報告を含む複数の理由を引用して、聖母マリアの奇跡だとする。戦いの順番の日付は、ローマカトリック教徒によって祝われた聖母マリアの被昇天の厳粛さと一致すると考えられている[13]

ロシアの暗号の解読[編集]

2005年にポーランドの中央軍事アーカイブで見つかった文書によると、ポーランドの暗号学者は、早くも1919年9月に傍受したロシアの暗号を破った。 ワルシャワの戦いだけでなく他の戦いも含めて、ポーランドの勝利の少なくともいくつかはこれに起因する可能性がある。 解読に貢献したジャン・コバレフスキー中尉は、1921年にヴィルトゥティ・ミリタリ勲章を授与された[5] [6] [14]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d Szczepański, Janusz. “Kontrowersje Wokół Bitwy Warszanskiej 1920 Roku (Controversies surrounding the Battle of Warsaw in 1920)” (ポーランド語). Mówią Wieki. 2008年5月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年5月12日閲覧。
  2. ^ Soviet casualties refer to all the operations during the battle, from the fighting on the approaches to Warsaw, through the counteroffensive, to the battles of Białystok and Osowiec, while the estimate of Red Army strength may be only for the units that were close to Warsaw, not counting the units held in reserve that took part in the later battles.
  3. ^ Sketches from a Secret War by Timothy Snyder, Yale University Press, 2007, p. 11
  4. ^ Isaac Babel (2002). 1920 Diary. Yale University Press. pp. 1–. ISBN 978-0-300-09313-1. https://books.google.com/books?id=ZFKtD0ahKW0C&pg=RA1-PA117 
  5. ^ a b (ポーランド語) Ścieżyński, Mieczysław, Colonel of the (Polish) General Staff, Radjotelegrafja jako źrodło wiadomości o nieprzyjacielu (Radiotelegraphy as a Source of Intelligence on the Enemy), Przemyśl, Printing and Binding Establishment of (Military) Corps District No. X HQ, 1928, 49 pp.
  6. ^ a b (ポーランド語) Paweł Wroński, "Sensacyjne odkrycie: Nie było cudu nad Wisłą" ("A Remarkable Discovery: There Was No Miracle at the Vistula"), Gazeta Wyborcza, online.
  7. ^ Biskupski 1987
  8. ^ Davies, N., 1972, White Eagle, Red Star, London: Macdonald & Co, ISBN 978-0-7126-0694-3:197–198, 222
  9. ^ Norman Davies, "The Soviet Command and the Battle of Warsaw," Soviet Studies (1972) 23#4 pp. 573–585
  10. ^ Thomas Fiddick, "The 'Miracle of the Vistula': Soviet Policy versus Red Army Strategy," Journal of Modern History (1973) 45#4 pp. 626–643 in JSTOR
  11. ^ Lesčius, Vytautas (2004). Lietuvos kariuomenė nepriklausomybės kovose 1918–1920. Vilnius: General Jonas Žemaitis Military Academy of Lithuania. p. 296. ISBN 978-9955-423-23-2. http://www.lka.lt/EasyAdmin/sys/files/LIETUVOS_KARIUOMENE_1.pdf 2011年3月5日閲覧。 
  12. ^ Frątczak, Sławomir Z. (2005). “Cud nad Wisłą” (ポーランド語). Głos (32/2005). http://www.glos.com.pl/Archiwum_nowe/Rok+2005/032/strona/Cud.html 2006年6月18日閲覧。. 
  13. ^ Suski. “The Miracle on the Vistula – Rediscovered”. Catholic Journal : Reflections on Faith and Culture. 2020年8月14日閲覧。
  14. ^ "Polish military cryptographers had broken Red Army radio codes so that Piłsudski knew the location of Soviet units in August 1920.

参考文献[編集]

  • Biskupski MB「パデレフスキー、ポーランドの政治、ワルシャワの戦い、1920年」、 Slavic Review (1987)46#3pp。 503–512彼は、JSTORでのポーランドの政治における彼の復帰のためにアメリカの支持を得ようとしていた
  • エドガー・ヴィンセント・ダバノン、世界の18番目の決定的な戦い:ワルシャワ、1920年、ハイペリオン・プレス、1977年、ISBN 0-88355-429-1
  • デイビス、ノーマンホワイトイーグル、レッドスター:ポーランド・ソビエト戦争、1919〜20年、ピムリコ、2003年、ISBN 0-7126-0694-7
  • デイビス、ノーマン。 「ソビエト司令部とワルシャワの戦い」、ソビエト研究(1972)23#4pp。 573–585は、ソビエトの指揮の失敗がその敗北の原因であったと述べている
  • フィディック、トーマス。 「『ヴィスワ川の奇跡』:ソビエトの政策と赤軍の戦略」、 Journal of Modern History (1973)45#4pp。 JSTORの626–643
  • フラー、JFC西部世界の決定的な戦い、ハンター出版、ISBN 0-586-08036-8
  • ヘザリントン、ピーター。 Unvanquished:Joseph Pilsudski、Resurrected Poland、and the Struggle for Eastern Europe (2012)pp。 425–458の抜粋とテキスト検索
  • ワット、リチャードM.ビターグローリー:ポーランドとその運命、1918〜1939年、ヒッポクレネブックス、1998年、ISBN 0-7818-0673-9
  • ザモイスキー、アダム。ワルシャワ1920:レーニンのヨーロッパ征服の失敗(2008)の抜粋とテキスト検索

ポーランド語[編集]

  • M.Tarczyński、 Cud nadWisłą 、ワルシャワ、1990年。
  • JózefPiłsudski、 Pisma zbiorowe 、ワルシャワ、1937年、Krajowa Agencja Wydawnicza、1991年に転載、ISBN 83-03-03059-0
  • ミハイル・トゥカチェフスキー、モスクワの陸軍士官学校での講義、1923年2月7〜10日、ウッチ、ウッチ、1989年にPochódzaWisłę (ヴィスワ川を渡る3月)に転載。

外部リンク[編集]