ローザンヌ条約

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ローザンヌ条約
Turkey-Greece-Bulgaria on Treaty of Lausanne.png
ローザンヌ条約により決定したトルコ国境
署名 1923年7月24日
スイスローザンヌ
寄託者 フランス共和国
テンプレートを表示

ローザンヌ条約(ローザンヌじょうやく、フランス語: Traité de Lausanne)は、西欧諸国がトルコ共和国を主権国家として認めた講和条約

概要[編集]

1920年オスマン帝国スルタンメフメト6世連合国と締結したセーヴル条約で東トラキアおよびイズミル地方を得たギリシャは、さらにその領土を拡大しようと小アジアに侵攻した(希土戦争)。ムスタファ・ケマル・アタテュルク率いるトルコ軍はこれを撃退し、イズミルを実力で奪還した。ケマルはつづいてアルメニアを平定した。ケマルはソ連と平和条約を、フランスとは休戦条約を締結した。

そこで連合国はセーヴル条約にかわる新たな講和条約を結ぶことにした。スイスのローザンヌでヴェルサイユ体制が7か月もかけて調整され、トルコ(アンカラ政府)とイギリス、フランス、イタリア日本、ギリシャ、ルーマニアユーゴスラビア王国(当時の国号は「セルビア人・クロアチア人・スロベニア人王国」)の間で条約が調印された。

ローザンヌ条約によって連合国は原則として賠償請求権を放棄した。その代わり、ヴェルサイユ条約第259条第1項およびサン=ジェルマン条約第210条第1項により既に連合国で管理している500万トルコポンドを譲り受けた。そして1923年11月23日パリにおいて連合国間の分配に関する協定が成立したが、譲り受けた500万トルコポンドに加え、戦前オスマン帝国が軍艦購入資金としてイギリスで発行した五分利付国庫証券で、イギリス政府の保管している84万6100スターリング・ポンドを、各連合国へトルコからの被害額に按分比例のうえ分配することとなった。[1]

国境の画定[編集]

この条約により近代トルコ国境が決定した。

経済条項[編集]

国境変更以外の条項はおおよそ以下の通りである。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 佐々木勝三郎 『ドーズ案を中心として 賠償問題の過去及現在』 国際連盟協会 大正14年 322頁

関連項目[編集]