三国同盟 (1882年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
三国同盟と三国協商

三国同盟(さんごくどうめい)は、ドイツオーストリア・ハンガリーイタリアによる秘密軍事同盟。独墺伊(三国)同盟ともいう。

1870年1871年独仏戦争フランスに勝って成立したドイツ帝国では、宰相・ビスマルクの下、フランスを孤立化させて対独復讐を断念させる目的で欧州各国との同盟外交を推進した。 その一環として、1882年、オーストリア、イタリアと三国同盟を締結する。

その後、ドイツの急速な経済発展によりロシアイギリスとの関係が悪化してビスマルク外交は破綻したが、三国同盟は維持され続け、1907年に成立したイギリス、フランス、ロシアの三国協商に対抗。1914年に始まった第一次世界大戦では、ドイツ、オーストリアが同盟国を形成して協商3国などによる連合国と戦った。

しかし、「未回収のイタリア」と呼ばれる南ティロルトリエステなどを巡りオーストリアとの領土問題を抱えていたイタリアは、1902年には、ドイツがフランスを攻撃する際にはイタリアは参加しないことを約束した仏伊協商をフランスと結ぶなど、三国協商側に接近しつつあった。 そのイタリアが1915年4月、イギリスとの間に未回収のイタリアをイタリアに割譲することを約束したロンドン秘密条約を秘密裏に結び、5月には連合国側に付いてオーストリアに宣戦したことにより、三国同盟は崩壊した。

関連項目[編集]