アルビオン作戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

アルビオン作戦ドイツ語:Unternehmen Albion)は、1917年の9月から10月にかけてドイツ帝国が、ロシア臨時政府の統治下にあったサーレマー島ヒーウマー島ムフ島などの占領を企図した陸・海の作戦である。このうち陸上での作戦行動は、掃海の実施や沿岸砲を制圧した後に10月11日のサーレマー島への上陸から始まり、16日にはサーレマー島はドイツ軍が制圧するに至った。またロシア軍は18日にムフ島を放棄した。

二度の失敗の後、ドイツ軍は10月19日にヒーウマー島への上陸を果たし翌20日には島を占領した。一方ロシアのバルト海艦隊は、17日のムーン入り江の海戦での敗北の後にこの海域から撤退した。ドイツ帝国は10月12日から作戦終了までの期間で2万人の捕虜を得るとともに、100門の火砲を鹵獲した。