プシェムィシル包囲戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
プシェムィシル包囲戦
Salissoglio1915.jpg
1915年のプシェムィシル要塞
戦争:第一次世界大戦
年月日:1914/9/16 -1915/3/22[1]
場所:ポーランド、プシェムィシル
結果:ロシアの勝利
交戦勢力
オーストリア=ハンガリー帝国の旗 オーストリア=ハンガリー帝国 ロシア帝国の旗 ロシア帝国
指導者・指揮官
オーストリア=ハンガリー帝国の旗スヴェトザル・ボロイェヴィッチ ロシア帝国の旗アンドレイ・セリバーノフ
戦力
138000[2] 300000
損害
戦死 86,000
捕虜 117,000
計 203,000[2]
115000(この内40,000は最初の包囲時の損害[3]))
東部戦線 (第一次世界大戦)

プシェムィシル包囲戦とは、第一次世界大戦における最も長く続いた包囲戦である。[4]この戦いでオーストリア・ハンガリー帝国ロシア帝国に対して壊滅的な敗北を喫っした。プシェムィシルサン川のほとりにある都市でガリツィアの拠点として要塞化されていた。1914年9月16日からプシュムィシルが孤立したが、10月11日にオーストリア・ハンガリー帝国の攻勢により一時的に解囲された。11月9日から再び包囲下に置かれ、133日間耐え抜いた末、1915年3月22日にオーストリア・ハンガリー帝国の守備隊は降伏した。[1]

背景[編集]

1914年8月にロシア軍は東プロイセンと東ガリツィア(現在のウクライナとポーランドの国境付近)へ進軍していた。ドイツ方面への攻勢は撃退されたが、ガリツィア方面の攻勢は成功した。ニコライ・イヴァノフ将軍はフランツ・コンラート・フォン・ヘッツェンドルフ指揮下のオーストリア・ハンガリー帝国軍を圧倒し、ガリツィアの戦いではオーストリア方面の全戦線で160km前進し、カルパティア山脈方面に進出した。プシェムィシル要塞はオーストリアの持つ唯一の拠点となったが、9月28日にはロシア軍の下に完全に包囲された。ロシア軍はシュレジエン方面へ進軍するための拠点を得た事により、プシェムィシルの防御はドイツにもオーストリアにも重要な意味を持つようになった。

街周辺を囲む7つの新たな防衛線の構築のために50kmほど塹壕が掘られ、1000kmほどの有刺鉄線が使われた。要塞内には127,000人の守備兵と18,000人の市民がロシア軍6個師団に包囲されていた。プシェムィシルはオーストリア・ハンガリー帝国の当時の情勢をよく反映しており、日々の命令は15の言語で発布されていた。オーストリア人、ポーランド人、ユダヤ人、ウクライナ人は同じ包囲された都市に混在しており、共に砲撃に晒された。飢餓が蔓延し、死傷者が増えるにつれて民族の不和は深刻になり、緊張が走った。[5]

1度目の包囲[編集]

Siege of Przemyśl.jpg

9月24日、ドミトリエフ将軍率いるロシア第3軍は要塞の包囲を開始した。ドミトリエフは十分な数の火砲の到着を待たずに包囲を完成させ、オーストリアの救援軍が来る前に要塞に対して全力での攻撃を命じた。ロシアは3日間攻撃し、40,000人の損害を出したが、目標は全く達成できなかった。その間、ヒンデンブルクは北部でワルシャワ方面への攻撃を開始した。ドイツのワルシャワへの攻勢と呼応し、スヴェトザル・ボロイェヴィッチはプシェムィシルへ救援の軍を送った。10月11日、ドミトリエフはプシェムィシルを解囲し、サン川まで撤退した。ヘッツェンドルフはボロイェヴィッチの軍とプシェムィシルの守備隊が連携し、ロシア軍に多大な損害を与えられると期待した。

1ヶ月半後、ロシア軍は再度街を包囲し、ドイツの部隊はハプスブルクの軍が包囲を抜ける事を助けた。市民は食料不足を緩和させるためにも、一時避難が命じられた。

2度目の包囲[編集]

プシェムィシルと包囲された要塞

10月31日、ヒンデンブルクヴィスワ川の戦いに破れ、ワルシャワへの攻撃を中止した。その結果、スヴェトザル・ボロイェヴィッチの軍はサン川のラインまで引き、ヒンデンブルクの提案したロシアへの攻勢を中止した。11月9日、ロシア軍は再度プシェムィシルの包囲を開始した。ドミトリエフの軍はプシェムィシルから北へ撤退した。セリバーノフ将軍率いるロシア第11軍は包囲を開始したが、ドミトリエフとは違い、要塞への攻撃を行わず、敵の兵糧攻めを行い降伏させる事にした。1914年12月中旬までロシア軍は要塞へ砲撃を行い続けた。1914年から1915年の冬の間にハプスブルクの軍は各地で戦闘しつつ、前進した。数ヶ月の戦闘中、主に凍傷と病気の蔓延により大きな損失を出したが、救援軍はプシェムィシルの部隊までたどり着く事はできなかった。

1915年2月にボロイェヴィッチは別の救援軍をプシェムィシルへ送ったが、2月の終わりに解囲の望みは潰えた。この頃にはセリバーノフの軍には十分な火砲を用意されており、3月13日には北の防御戦を攻略した。即興で作られた新たな防衛線もロシアの攻撃に晒されたが、その間にロシアに有用な物資を与えないために、都市を破壊するための時間は稼げた。3月19日に守備隊は包囲から脱出しようとしたが、撃退され、都市への撤退を余儀なくされた。もはや物資も尽きたため、プシェムィシルの守備隊には降伏以外の道はなかった。3月22日、残存する守備隊117,000の兵はロシア軍に降伏した。[6]捕虜の中には9人の将軍と93人の佐官と2,500人の将校がいた。[7]

結果[編集]

ブダペストにあるプシェムィシル包囲戦を記念した彫刻

プシェムィシルの陥落によりロシア人はハンガリー方面への大規模な攻勢が開始される事を予感した。そのような攻勢が実際に行われることはなかったが、オーストリア・ハンガリー帝国の士気は著しく低下した。さらに5万人の兵士を含む11万人のオーストリア人が要塞内で降伏したことによる莫大な損失を被った。1915年の夏にゴリツィエ=タルヌフ攻勢が開始され、ガリツィア方面に押し返されるまで、ロシアはプシェムィシルを保持する事ができた。1918年10月にポーランドが新たに独立するまで、オーストリア・ハンガリー帝国はプシェムィシルを保持することができた。オーストリア・ハンガリー帝国は1914年の冬の損害を取り戻す事ができず、東部戦線においてドイツの援助に頼る事になった。[8]

一方、オーストリア・ハンガリー軍による解囲の試みは物資の不足とカルパティア山脈方面への攻勢の開始により失敗に終わった。1915年1月から4月におけるカルパティア山脈での損害は凍傷と病の蔓延により、800,000人にも上った。ロシアも同程度の損害を出したが、兵の補充は容易であり、117,000人のオーストリア・ハンガリー軍兵士の降伏により、軍事バランスはロシアに傾いた。[9]この包囲戦を通して、オーストリアは合計1,000,000人の損害を出し、取り返しのつかない損害を被った。

参考文献[編集]

  • Timothy C. Dowling (2014). Russia at War: From the Mongol Conquest to Afghanistan, Chechnya, and Beyond. Przemyśl, Siege of (September 24, 1914 - March 22, 1915). 2 volumes. ABC-CLIO. pp. 681–682, 170, 913. ISBN 1598849484.
  • Tucker, Spencer (2002) [1997]. The Great War, 1914-1918. Routledge. ISBN 1134817495 – via Goggle Books.
  • Written in Blood: The Battles for Fortress Przemysl in WWI by Graydon A. Tunstall, 2016, Indiana University Press

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b Timothy C. Dowling (2014). Russia at War: From the Mongol Conquest to Afghanistan, Chechnya, and Beyond. 2 volumes. ABC-CLIO. pp. 681–682, 170, 913. ISBN 1598849484. https://books.google.ca/books?id=KTq2BQAAQBAJ&q=Przemy%C5%9Bl%2C+Siege+1914. 
  2. ^ a b Przemysl leltára” [account of Przemyśl] (Hungarian). Budapest, Hungary: Huszadik század (1915年4月). 2011年8月2日閲覧。
  3. ^ Przemyslt teljesen felszabadítottuk” [Przemyśl has been fully liberated] (Hungarian). Budapest, Hungary: Huszadik század (1914年10月). 2011年8月2日閲覧。
  4. ^ A War in Words, p.69, Svetlana Palmer & Sarah Wallis, Simon & Schuster 2003
  5. ^ A War in Words, p.70, Svetlana Palmer & Sarah Wallis, Simon & Schuster 2003
  6. ^ Rothenburg, G. The Army of Francis Joseph. West Lafayette: Purdue University Press, 1976. p 185.
  7. ^ Rothenburg 1976, p. 185.
  8. ^ A War in Words, p.93
  9. ^ Tucker, Spencer. "World War I: A Student Encyclopedia". ABC-CLIO Publishing. 2005. Page 349.

関連事項[編集]