バンビーノ (お笑いコンビ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
バンビーノ (お笑い)から転送)
バンビーノ
メンバー 石山タオル
藤田ユウキ
結成年 2008年3月
事務所 吉本興業
活動時期 2008年 -
出身 NSC大阪校30期
出会い NSC
現在の活動状況 テレビ・ライブなど
芸種 コント漫才
ネタ作成者 石山タオル
同期 令和喜多みな実
アイロンヘッド
尼神インター
ダブルアート
ツートライブ
THIS IS パン
公式サイト 公式プロフィール
受賞歴
2015年 キングオブコント 準優勝
2016年 第1回 上方漫才協会大賞 特別賞
テンプレートを表示

バンビーノは、吉本興業東京本社に所属しているお笑いコンビ2008年3月結成。大阪NSC30期生。

概説[編集]

NSC入学初日、藤田が石山のことを「ハンサムだから売れそう」と思ったことから誘い結成。しかし藤田は、演技を秒単位で「早い・遅い」と細かく指示する石山に嫌気が差し、結成約半年で解散状態に陥る。コンビを続けたい思いが再燃したのはNSC卒業公演の時、自信のあったネタを講師に酷評されたことで「見返してやる」という思いを持ち、コンビ解散の考えは無くなったという[1]

主にリズムネタを得意としている。2014年平成26年)キングオブコント2014では決勝に進出。コンビ名は、調理師学校に通っていた藤田が当時好きだった料理マンガ『バンビ~ノ!』から取った[2]

初期のネタに『全日本炊飯器パカパカバトル選手権決勝』があり、代表的なネタは歌と踊りによる狩猟ネタ『ダンスィングフィッソン族』である。ネタは主に石山が体験したことやで見たことがきっかけででき、石山が描くイメージを膨らませていくという[3][4]

2016年4月、活動拠点を大阪から東京に移した[5]。東京進出後はルミネtheよしもとや大宮ラクーンよしもと劇場を中心に活動中。

2020年令和2年)7月10日、それぞれが改名[6]

メンバー[編集]

  • 石山 タオル(いしやま たおる、 (1984-12-10) 1984年12月10日(38歳) - )ツッコミ・ネタ作り担当。立ち位置は向かって右。
身長174㎝、73kg、血液型A型。
愛媛県大洲市出身。
愛媛県立大洲高等学校商業科、京都外国語大学英米語学科卒業。ブラジルサッカー留学した経験を持つ[1]
本名および旧芸名は石山 大輔(いしやま だいすけ)。
何百もの公演で強くステップを踏み続けて来たため、太股周りが10cmほど大きくなり、ジーンズを買い替えた[1]
2012年に入籍し、2014年8月に第1子男児[7]、2016年6月21日に第2子男児が誕生[8]
トレードマークのウルフカットは、baseよしもとに出演していた時期、顔が似ている水田信二(和牛、二人とも愛媛県出身であり、市も隣同士(水田は伊予市出身)である。)とよく間違えられたことがきっかけである。リスクがある髪型変更を石山がすることになった理由は、和牛は漫才をすることが多い一方、バンビーノは当時からトリッキーなコントをすることが多かったため[9]、また石山がもともと短髪だったためで、水田と話し合い決定した。
2020年7月10日に、藤田と共に現在の芸名に改名した[6]
  • 藤田 ユウキ(ふじた ゆうき、 (1985-07-30) 1985年7月30日(37歳) - )ボケ担当。立ち位置は向かって左。
身長178㎝、68kg、血液型A型。
大阪府交野市出身。大阪府立枚方高等学校卒業[10]
本名および旧芸名は藤田 裕樹(読み同じ)。
4代目桂小文枝(小文枝の姉の息子)[11]。小文枝(当時は桂きん枝)が2010年第22回参議院議員通常選挙に出馬した時には、ポスター貼りなども手伝った[12]
辻調理師専門学校卒業。元イタリア料理[1]
2015年10月に1歳年上の一般女性と結婚[13]し、2016年6月に第1子男児[8]、2018年6月に第2子男児が誕生。
2020年7月10日に、石山と共に現在の芸名に改名した[6]

芸風[編集]

コントを主に行っているが、漫才を行うこともある。リズムネタを得意とする。

主なネタとして「ダンスィングフィッソン族」というネタがある。石山が演じる「ジャングルの奥地に棲む、獲物を見つけるとダンスを踊って引きつけ、そこを狩る原住民族」という設定で、獲物(藤田が演じる。鹿などのマスクと全身タイツで表現)を見つけると「ダンソン フィーザキー トゥーザ ティーサーザ コンサ」「スーザカーザ キーザコーン」「フィッソン ファッソン カイーノ スイースイー」と歌いながらダンスを披露する。そして獲物が近づいてくると「ニーブラ!」と言ってその首を小脇に抱え込み、そのまま舞台から捌けていく、というパターンが基本。舞台から捌ける際に流れる曲は姫神「神々の詩(海流バージョン)」。

もう一つの看板ネタといえる「スンシー」は、石山がマッサージ師、藤田が客に扮してのコント。石山が藤田の体の様々な所を押したり捻ったりすると藤田が「スン」「シー」「ハーン」などといった声を出し、それに気づいた石山がパーカッションのごとくリズミカルに藤田の体をマッサージして出てくる声でリズムを奏でるという遊びを始め、最後に藤田に怒られるという流れである。

同期のアイロンヘッドミキダブルアートツートライブと共にプラチナ5で活動中。

出演[編集]

過去の出演番組[編集]

CM[編集]

単独ライブ[編集]

2010年
2013年
  • 4月5日 - 「CHOPPERINO 〜チョッペリーノ〜」5upよしもと/大阪)
  • 7月23日 - 「スカイファンタスティキーノ」5upよしもと/大阪)
  • 10月30日 - 「ビビデバビデブーノ」(5upよしもと/大阪)
2014年
  • 3月27日 - 「オシャンティーノ」(5upよしもと/大阪)
  • 8月6日 - 「絶賛トロピカーノ」(5upよしもと/大阪)
  • 10月16日 - 「鹿劇場」(5upよしもと/大阪)
  • 11月15日 - 「幕張バンビーノ」よしもと幕張イオンモール劇場/千葉)
2015年
  • 3月1日 - 「東京バンビーノ劇場」ルミネtheよしもと/東京)
  • 6月26日 - 「&バンビーノ in 祇園」よしもと祇園花月/京都)
  • 8月20日 - 「&バンビーノ in 祇園」(よしもと祇園花月/京都)
  • 9月25日 - 「ルミネtheバンビーノ」(ルミネtheよしもと/東京)
2016年
  • 3月18日 - 「バンビにしやがれ!!!」(よしもと漫才劇場/大阪)
  • 8月2日 - 「真夏のバンビちゃん」(ルミネtheよしもと/東京)
  • 10月8日 - 「&バンビーノ in 祇園 vol.3」(よしもと祇園花月/京都)
2017年
  • 3月3日 - 「青春バンビ。」(大丸心斎橋劇場/大阪)
  • 5月7日 - 「みんな集まれ、バンビーノランド!」(よしもと幕張イオンモール劇場/千葉)
  • 5月20日 - 「&バンビーノ in 祇園 同期SP」(よしもと祇園花月/大阪)
  • 7月15日 - 「ナイスコントッ‼︎」(よしもと幕張イオンモール劇場/千葉)
  • 11月23日 - 「&バンビーノ in 祇園」(よしもと祇園花月/大阪)
2018年
  • 5月26日 - 「炎舞」(よしもと幕張イオンモール劇場/千葉)
  • 11月24日 - 「スーパーコントブラザーズ」(よしもと幕張イオンモール劇場/千葉)

賞レースでの戦績[編集]

  • 2009年 キングオブコント 2回戦進出
  • 2010年 キングオブコント 2回戦進出
  • 2013年 キングオブコント 準決勝進出
  • 2014年 キングオブコント 決勝進出
  • 2015年 NHK上方漫才コンテスト 本戦進出
  • 2015年 キングオブコント 準優勝
  • 2016年 NHK上方漫才コンテスト 本戦進出
  • 2016年 第1回 笑わせたもん勝ちトーナメント KYO-ICHI ファイナル進出
  • 2016年 キングオブコント 準決勝進出
  • 2017年 キングオブコント 準々決勝敗退
  • 2019年 キングオブコント 準々決勝敗退
  • 2022年 M-1グランプリ 3回戦進出

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d 日経エンタテインメント! 2016年1月号 p.107「今月のコンテンツガイド」
  2. ^ バンビーノ プロフィール|吉本興業株式会社”. profile.yoshimoto.co.jp. 2020年12月17日閲覧。
  3. ^ 【よしもと芸人が書く!】第13回 バンビーノ・藤田裕樹(2/3)”. デイリースポーツ (2015年3月16日). 2015年3月16日閲覧。
  4. ^ 【よしもと芸人が書く!】第13回 バンビーノ・藤田裕樹(2/3)”. デイリースポーツ (2015年3月16日). 2015年3月16日閲覧。
  5. ^ “バンビーノが4月に東京へ、パパになる藤田「物心つくまでには顔出したい」”. お笑いナタリー. (2016年3月19日). http://natalie.mu/owarai/news/180398 2017年2月28日閲覧。 
  6. ^ a b c “お笑いコンビ「バンビーノ」 個人名それぞれ改名 ”石山タオル” ”藤田ユウキ”へ”. Sponich Annex. (2020年7月10日). https://news.yahoo.co.jp/articles/0f66bd57c9cc44c610b5382c77ee0fb6b14dc965 2020年7月10日閲覧。 
  7. ^ “バンビーノ石山に次男誕生「お母さんを守れる人がまた1人増えました!」”. お笑いナタリー. (2016年6月21日). http://natalie.mu/owarai/news/191733 2016年6月22日閲覧。 
  8. ^ a b “バンビーノ・石山大輔、第2子男児誕生を発表 相方藤田も今月男児が誕生”. ORICON STYLE. (2016年6月21日). https://www.oricon.co.jp/news/2073795/full/ 2016年6月22日閲覧。 
  9. ^ 2018年4月18日のしゃかりきのよしログにて、石山本人から聞いた話として語られた。和牛水田バンビーノ石山顔似てる芸人がとった対策 よしログ(GYAO!オリジナル)” (2018年4月18日). 2018年11月19日閲覧。
  10. ^ バンビーノがコンビで被災地を積極支援 石山大輔は水だけを輸送する独自ルート開拓”. 産経新聞 サンケイスポーツ (2018年7月14日). 2020年9月3日閲覧。
  11. ^ 桂きん枝 甥のバンビーノ・藤田と初共演(1/2)”. デイリースポーツ (2015年3月16日). 2015年3月16日閲覧。
  12. ^ 桂きん枝 甥のバンビーノ・藤田と初共演(2/2)”. デイリースポーツ (2015年3月16日). 2015年3月16日閲覧。
  13. ^ “バンビーノ藤田 幸せ“ニーブラ”昨年10月に結婚”. スポニチアネックス. (2016年3月19日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/03/19/kiji/K20160319012240270.html 2016年3月22日閲覧。 
  14. ^ バンビーノがパン田一郎の新CMに、松岡茉優「今度は私がニーブラしたい」”. お笑いナタリー (2015年8月17日). 2015年8月17日閲覧。

外部リンク[編集]

コンビ
石山 タオル
藤田 ユウキ