ステファン・ロシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ステファン・ロシュ
Stephen Roche
Cycling (road) pictogram.svg
Stephen ROCHE.jpg
個人情報
本名 Stephen Roche
ステファン・ロッシュ
生年月日 (1959-11-28) 1959年11月28日(57歳)
国籍 アイルランドの旗 アイルランド
チーム情報
所属 引退
分野 ロードレース
役割 選手
特徴 オールラウンダー
アマ所属チーム
1980
A.C.B.B.
プロ所属チーム
1981–1983
1984–1985
1986–1987
1988–1989
1990
1991
1992–1993
プジョー
La Redoute
カレラ
Fagor MBK
Histor Sigma
Tonton Tapis-GB
カレラ
主要レース勝利
Jersey pink.svg ジロ・デ・イタリア 総合優勝 (1987)
Jersey yellow.svg ツール・ド・フランス 総合優勝 (1987)
Jersey rainbow.svg 世界選手権 個人ロードレース (1987)
パリ~ニース 総合優勝 (1981)
ツール・ド・ロマンディ 総合優勝 (1983,1984,1987)
クリテリウム・アンテルナシオナル 総合優勝 (1985,1991)
バスク一周 総合優勝 (1989)
スーパープレスティージュ (1987)
 
獲得メダル
世界選手権
Arc en ciel.png
1987 フィラッハ プロ・個人ロードレース
1983 オルテンレイン プロ・個人ロードレース
最終更新日
2017年8月30日

ステファン・ロシュ(Stephen Roche。1959年11月28日- )は、アイルランド生まれの元自転車競技ロードレース選手。なお、アイルランドでは、英語読みで「スティーヴン・ロウチ[ˈr]」である。

1987年の74回ツール・ド・フランスと70回ジロ・デ・イタリアの総合優勝者。さらに同年の世界選手権ロードレースを制し、ダブルツールを越えたトリプルクラウンを達成した、エディ・メルクスとただ2人の名選手である。

経歴[編集]

アイルランドでアマチュア選手としてのキャリアを積み、1979年にフランスに渡って、アマチュア版パリ〜ルーベに優勝するなど(この大会に優勝しなければアイルランドへ帰国する予定となっていた)キャリアを積む。

1980年モスクワオリンピックでは思ったような成績をあげることができなかったが、1981年それまでの実績を買われプロ入り。プロ入り初年度に10勝をマークし、1983年にはロードレースの世界選手権で3位に輝く。

1986年レース中の事故で膝に怪我を負うも、1987年にはトリプルクラウンを達成。その後は膝の慢性的な怪我に悩まされて徐々に下降線を辿っていった。

1991年にはチームタイムトライアルでスタートに現れずチームはロッシュを置いてスタートしていった。8分遅れでスタートするものの1人では離される一方で結局タイムアウトとなってしまった。ロッシュの周りにはスタッフ数人も居たにもかかわらず、チームが自分を探そうともしなかったことに怒り、1年でチームを去ることになった。

1993年に現役を引退した。

現在はスポーツ解説者等で生計をたてており、家族(妻・息子)と共にパリに住む。2009年、離婚した前妻との間の4人の息子の一人、ニコラス・ロッシュ(フランス語読み、ニコラ・ロッシュ)が、アイルランド選手権を制し、ナショナルチャンピオンジャージを着てアージェードゥーゼルからツール・ド・フランス初出場を果たした。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]