モリス・ガラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
モリス・ガラン
Maurice Garin
Cycling (road) pictogram.svg
px
個人情報
本名 Maurice Garin
生年月日 1871年3月3日
没年月日 1957年2月19日(1957-02-19)(85歳)
国籍 イタリアの旗 イタリアフランスの旗 フランス
チーム情報
分野 ロードレース
役割 選手
主要レース勝利

ツール・ド・フランス

総合 1903
区間通算3勝
パリ〜ルーベ 1897-1898
ボルドー〜パリ 1902
最終更新日
2012年10月30日
モリス・ガラン

モリス・ガラン(Maurice Garin, 1871年3月3日 - 1957年2月19日)は、イタリアヴァッレ・ダオスタ州アルヴィエ生まれで、後にフランス国籍を取得した元自転車競技選手。

来歴[編集]

ガランは1897年(第2回)、1898年(第3回)のパリ~ルーベを連覇したが、その時はイタリア国籍であった。1901年に国籍をフランスに移し、1902年のボルドー~パリも制覇している。

1903年第1回ツールでは全長2428km、6区間の行程を94時間33分14秒で走破。総合2位のリュシアン・ポティエに2時間49分21秒の差をつけ、ツール・ド・フランス初代優勝者となった。

1904年第2回ツールでも、ガランは当初総合1位でフィニッシュした。しかし、リュシアン・ポティエ、セザル・ガランイポリト・オクテュリエとともに、走破途中に列車を利用していたことが同年12月に発覚したため、ガランを含めて前記の4人の順位が剥奪され、加えて、ガランには2年間の出場停止処分が下された。

その後選手として復活することはないまま現役を引退、ガソリンスタンドの経営者として余生を送った。

外部リンク[編集]