ルシアン・エマール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ルシアン・エマール

ルシアン・エマール(Lucien Aimar、1941年4月28日 - )は、フランスイエール出身の元自転車競技選手。リュシアン・エマールとも。

経歴[編集]

1963年にプロ入り。1969年までジャック・アンクティルとチームを共にし、主にアンクティルのアシストとして活躍した。プロ入り初年度の63年には、フランス国内選手権・個人ロードレースを制覇する。

1966年ツール・ド・フランスにおいて、本来エースであるべきはずのアンクティルをさしおいて、エマールがフォードチームのエースナンバーである1番のゼッケンを着用。アンクティルが第19ステージにおいて途中棄権する一方で、エマールは第17ステージにおいてヤン・ヤンセンからマイヨ・ジョーヌを奪取し、最後は2位ヤンセンに対して1分7秒という差ながらも押し切って総合優勝を飾った。

この他、ダンケルク4日間レース1967年に制覇。また、フランス国内選手権においては、上記の63年の他、1968年にも制覇した。

外部リンク[編集]

  • Lucien Aimar - サイクリングアーカイヴス(英語)