アレハンドロ・バルベルデ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アレハンドロ・バルベルデ
Alejandro Valverde
Cycling (road) pictogram.svg
Alejandro Valverde - Vuelta 2008.jpg
個人情報
本名 アレハンドロ・バルベルデ・ベルモンテ
Alejandro Valverde Belmonte
生年月日 1980年4月25日(33歳)
国籍 スペインの旗 スペイン
身長 178cm
体重 61kg
チーム情報
所属 モビスター・チーム
分野 ロードレース
役割 選手
特徴 オールラウンダー
クラシックスペシャリスト
プロ所属チーム
2002–2004
2005–2010
2012-
コミュニタ・バレンシアーナ/ケルメ
ケス・デパーニュ
モビスター・チーム
主要レース勝利

ブエルタ・ア・エスパーニャ

Jersey gold.svg総合優勝 2009
Jersey green.svg ポイント賞 2012
Jersey white.svg 複合賞 2012
区間通算7勝
UCI プロツアー総合優勝 2006,2008
リエージュ〜バストーニュ〜リエージュ 2006,2008
ドーフィネ・リベレ 2008-2009
カタルーニャ一周 2009
フレッシュ・ワロンヌ 2006
クラシカ・サンセバスティアン 2008
スペインの旗 スペイン国内選手権個人ロード 2008
ブエルタ・ア・ブルゴス 2009
ツール・ド・フランス 区間通算3勝
 
獲得メダル
ベルギーの旗 ベルギー
ロードレース
世界選手権
2003 ハミルトン 個人ロード
2005 マドリード 個人ロード
2006 ザルツブルク 個人ロード
2012 リンブルフ 個人ロード
最終更新日
2012年9月24日

アレハンドロ・バルベルデ・ベルモンテAlejandro Valverde Belmonte 1980年4月25日- )は、スペインムルシア出身の自転車競技ロードレース)選手。

経歴[編集]

2005年まで[編集]

アマチュア時代はスペインの名門プロチーム・ケルメ(en:Kelme (cycling team))のアマチームに属し、プロ入り後もしばらくケルメに籍を置いたが、2005年から始まるUCIプロツアーにケルメが出場できないことから、ケス・デパーニュに移籍。

2003年ブエルタ・ア・エスパーニャ総合3位、世界自転車選手権・個人ロード2位と活躍。2004年はブエルタで総合4位に入る。

ケスに移籍した2005年ツール・ド・フランスでは第10ステージでランス・アームストロングを競り落として区間優勝するなど途中まで奮闘したが、膝の故障のため第13ステージで棄権。一方、同年の世界選手権・個人ロードでは、怪我のため欠場となった同種目3回優勝の実績者・オスカル・フレイレの代役としてスペインのリーダーを務め、トム・ボーネンに続く2位に入った。

2006年[編集]

4月19日フレッシュ・ワロンヌを制すると、その4日後の4月23日に行われたリエージュ〜バストーニュ〜リエージュも制した。そしてこの時点でUCIプロツアー総合1位の座をトム・ボーネンから奪い、その後はついに1位の座を他選手に譲ることなく、2回目となる同制度の優勝者となった。またこの年のブエルタ・ア・エスパーニャでは、総合優勝を果たすことになるアレクサンドル・ヴィノクロフと熾烈な総合優勝争いを演じ総合2位。この他、世界選手権個人ロード3位、ツール・ド・ロマンディポイント賞を獲得。

2007年[編集]

フレッシュ・ワロンヌリエージュ〜バストーニュ〜リエージュでともに2位に入り、クリテリウム・アンテルナシオナルでは総合3位、ツール・ド・フランスでは一時総合2位につけた(最終的には総合6位)。しかし、同年8月29日、オペラシオン・プエルトに関与している疑いが持たれ、国際自転車競技連合より、同年の世界選出場禁止処分を受けたことからシーズン終盤を棒に振る形となった。同年のUCIプロツアーでは総合第4位。

2008年[編集]

3月に開催されたブエルタ・ア・ムルシアで総合2連覇を達成。アムステルゴールドレースでは3位。そして4月27日に行われたリエージュ〜バストーニュ〜リエージュでは、ダビデ・レベリンフランク・シュレクとの競り合いを制し、2度目の同レース優勝を果たした。

ドーフィネ・リベレでは、第1ステージ及び個人タイムトライアルの第3ステージを制覇。第3ステージ終了後より総合首位に立ち、カデル・エヴァンスリーヴァイ・ライプハイマーらの追撃を退け総合優勝。さらに、6月29日に行われた国内選手権個人ロードも制し、初のスペインチャンピオンに輝いた。

最高潮の調子で迎えたツール・ド・フランスでは、優勝候補に挙げられ(イギリスブックメーカーによると、カデル・エヴァンスに次ぐ2番人気に推された。)、その期待に応えるかのごとく、第1ステージを制して自身初のマイヨ・ジョーヌを奪取した。しかし、第4ステージに組まれた、苦手とする個人タイムトライアルで遅れを取り(区間23位)、続く第5ステージで落車。さらにツールマレー峠を挟む第10ステージでは先頭集団から脱落したことから、この時点(総合14位。総合首位のエヴァンスとのタイム差は4分41秒)で、「今後は区間優勝狙いに切り替える」という、「敗北宣言」を行った。その後、アルプスのステージでは先頭集団に食らいつく走りを見せたものの、結局総合9位に終わった。

ツールの全日程終了6日後のレースとなったクラシカ・サンセバスティアンでは、11名のスプリント争いを制して優勝。UCIプロツアー・個人ランキングでも首位に躍り出て、そのまま首位の座を守りきって2度目の総合優勝を果たした。また、ブエルタ・ア・エスパーニャでは第12ステージでの凡ミスが響いて[1]総合5位(区間1勝)。

2009年[編集]

ドーピングにかかる処分を受けた直後に出場したカタルーニャ一周において総合優勝。ドーフィネ・リベレでは、カデル・エヴァンスアルベルト・コンタドールらを抑えて、総合2連覇を達成した。その後、後述の通り、ツール・ド・フランスには参加できなくなったため、ブエルタ・ア・エスパーニャに照準を絞ることになった。その前哨戦ともいうべき、8月上旬に行われたブエルタ・ア・ブルゴスで総合優勝を果たし、好調ムードのまま本番を迎えた。

本格的な最初の山岳コースとなった第8ステージにおいて、カデル・エヴァンスに次いで2秒差の総合2位につけ、翌日行われた第9ステージではボーナスタイムを利してエヴァンスから総合首位を奪取。区間優勝は一度も経験できなかったが、その後も総合首位を堅持し、初のブエルタ及びグランツール制覇を果たした。

2010年[編集]

2月に行われたツール・メディテラネアン総合優勝。3月のパリ〜ニースでは、アルベルト・コンタドールに11秒差の総合2位。4月3日に行われたGP・ミゲル・インドゥライン2位を挟んで迎えたバスク一周では、最終ステージの個人タイムトライアルでクリス・ホーナーに逆転され、7秒差でまたしても総合2位。同月25日に行われたリエージュ〜バストーニュ〜リエージュでは3位と勝ちきれないレースが続いた。4月27日開幕のツール・ド・ロマンディでは、最終ステージでマイケル・ロジャースを逆転し、総合優勝を果たした。

2012年[編集]

出場停止期間が明けたことに伴い、モビスター・チーム(前所属のケス・デパーニュの後継チーム)と契約してレース活動を再開した。

2013年[編集]

ドーピング問題[編集]

2006年に発生したオペラシオン・プエルトに関連して、2007年3月8日、バルベルデがイヴァン・バッソとともに、エリスロポエチン(EPO)使用の疑いがあるとする内部文書がマドリード裁判所に提出された[2]ことに関連して、国際自転車競技連合(UCI)は、同年の世界自転車選手権への出場禁止処分を下した。これに対してバルベルデは、UCIの処分は不当だとしてCASに提訴したものの却下されてしまう[3]。しかしながら、バルベルデを出場停止処分とする確固たる証拠がないことから、2008年シーズンについてはレース出場が認められてきた。

しかし2009年に入り、イタリアオリンピック委員会(CONI)が、イタリア領域を通過した2008年のツール・ド・フランス第15ステージにおけるDNAサンプルを求めたことから、バルベルデのドーピング問題が再燃[4]。さらにCONIは4月1日、バルベルデから採取した血液サンプルが、オペラシオン・プエルトにおける容疑者の血液バックから発見されたDNAの1つについて一致したことを理由に、イタリア国内におけるレースについて、2年間の出場停止処分を促した[5]

これを受けて同年5月11日、ローマ・アンチドーピング裁判所は、バルベルデにイタリア国内で行なわれる全レースを対象に、2年間の出場停止処分を下した[6]。これにより、同年のツール・ド・フランスでは、第16ステージにおいてイタリア領域に入ることから、参加することができなかった。

2010年5月31日、スポーツ仲裁裁判所(CAS)は、2010年1月1日から2012年1月1日までの2年間、バルベルデを出場停止処分とする裁定を下した[7]。また、会長のパット・マッケイドがこの裁定を支持する意向を示した[8]国際自転車競技連合(UCI)は、裁定に基づき、2010年シーズンに獲得したバルベルデのUCIワールドランキングポイント他、同年シーズンにおける全成績を抹消[9][10]することに踏み切ったが、2009年以前の記録剥奪に関してはCASが却下したため、2009年のブエルタ・ア・エスパーニャの総合優勝等、2009年までの実績は剥奪されない。

特徴[編集]

オールラウンダーの中では割とスプリントに強く、上りが絡んだ時の単独スプリント力であれば、本職のスプリンター並みの実力を示す。そのためクラシックでは数々のビッグレースを制し、混戦になりやすい1週間程度のステージレースも数多く獲得している事を含め、総合優勝を狙っていくオールラウンダーの一人に数えられる。ただグランツールとなると途中でミスを犯し総合戦線から後退してしまうシーンもあり(06ブエルタの山岳での遅れ、08ブエルタでの凡ミス、07と08ツールのTTでの遅れなど)、好不調の波の激しさや精神的に未熟な面も存在し、TTが余り得意ではないため、オールラウンダーと言うよりはパンチャーに分類した方が自然ではある。そのため周囲からは割と成績と脚質的相性が良いクラシックスペシャリストに転向した方がよいのでは?などとささやかれていた。

栗村修はオールラウンダーでありながらスプリントが出来ることから、バルベルデがこれまでグランツールを取れなかった理由について「何でも出来ちゃうから、色々やって自滅してしまう」と考え、09ブエルタでやっと総合優勝を勝ち取った理由に対し「やりたいことを押さえ、最後を見据えるクレバーな走りに変化した」と解説した。実際この年のブエルタでは2位や3位狙いのスプリントには積極的に参加しボーナスタイムを得る一方、山岳ステージにてTTで遅れたモスケーラのアタックをスルーし、サンチェス、エヴァンス、バッソら総合上位勢のマークに専念してタイム差を広げさせない走りが目立っていた。

脚注[編集]

  1. ^ 雨具を取りにチームカーの位置まで下がっている最中にメイン集団がペースアップ。取り残される格好となり、このステージだけで他の総合優勝争いの選手から3分半近く失った。
  2. ^ サイクリングニュース2007年5月7日付記事
  3. ^ ヴェロニュース2007年11月15日付記事
  4. ^ サイクリングニュース2009年2月11日付記事
  5. ^ サイクリングタイム2009年4月2日付記事
  6. ^ サイクリングタイム2009年5月12日付記事
  7. ^ Valverde suspended for two years world-wide, keeps results - cyclingnews.com 5月31日付記事(英語)
  8. ^ UCI welcomes Valverde decision, says justice has been done - cyclingnews.com 5月31日付記事(英語)
  9. ^ Evans climbs to World Rankings lead - cyclingnews.com 5月31日付記事(英語)
  10. ^ 2010年のツール・ド・ロマンディシモン・シュピラックが繰り上がって総合優勝。

外部リンク[編集]