ブエルタ・ア・エスパーニャ2017

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ブエルタ・ア・エスパーニャ2017(西: Vuelta a España 2017)は、ブエルタ・ア・エスパーニャの72回目の大会である。2017年8月19日から9月10日まで行われた。

ブエルタ・ア・エスパーニャ2017
Vuelta a España 2017
UCIワールドツアー2017第31レース
Vuelta a España 2017 map.svg
コース図
レース詳細
開催期間 2017年8月19日 - 9月10日
ステージ 21
全行程 3,297.7 km (2,049 mi)
優勝タイム 82時間30分02秒 ()
レース結果
優勝  クリス・フルーム (UK) (チーム・スカイ)
2位  ヴィンチェンツォ・ニバリ (ITA) (バーレーン・メリダ)
3位  イルヌール・ザカリン (RUS) (カチューシャ・アルペシン)

ポイント賞  クリス・フルーム (UK) (チーム・スカイ)
山岳賞  ダヴィデ・ヴィッレッラ (ITA) (キャノンデール・ドラパック)
コンビネーション賞  クリス・フルーム (UK) (チーム・スカイ)
チーム時間賞 アスタナ・プロチーム
2016
2018

参加チーム[編集]

特記
No. ゼッケンナンバー
最終順位 最終総合順位
  Jersey red.svg   総合優勝者 (マイヨ・ロホ)
  Jersey green.svg   ポイント賞獲得者 (プントス)
  Jersey blue polkadot.svg   山岳賞獲得者 (モンターニャ)
  Jersey white.svg   複合賞獲得者 (コンビナーダ)
  MaillotLuxemburgo.PNG   国内選手権ロードレース優勝者
  <MaillotColombia.PNG>   国内選手権タイムトライアル優勝者
DNS did not start
当該ステージ開始前に棄権。
DNF did not finish
当該ステージで不完走。途中棄権。
HD hors des dèlais
当該ステージで所定時間内不完走。タイムオーバー。
DSQ disqualified
当該ステージで失格。

スタートリスト[編集]

太字UCIワールドチーム
中字はプロフェッショナルコンチネンタルチーム[1]

選手の出場動向[編集]

レース概要[編集]

ブエルタ史上3度目のスペイン国外スタートとなった初日のチームタイムトライアルではBMC・レーシングが前評判通りの強さを見せつけ優勝、ロハン・デニスマイヨ・ロホを獲得[7]。続く第2ステージではイヴ・ランパールトがロングスパートで逃げ切り勝利を飾る[8]

早くも山岳ステージとなった第3ステージでは、胃腸トラブルなどでラファウ・マイカや、今大会限りで引退するアルベルト・コンタドールら有力選手が遅れてしまう。それを傍目にツール4勝のクリス・フルームがアタック。追いつけたのはエステバン・チャベスのみだったが、下りでロマン・バルデファビオ・アルも合流する。しかし、牽制が原因で後続に捕まってしまう。ステージ優勝は残り300mの早掛けでライバルたちを引き離したヴィンチェンツォ・ニバリが獲得。遅れたランパールトにかわりフルームがマイヨ・ロホに[9]

真っ平らなコースレイアウトである第4ステージでは、ゴールスプリントでオリカ・スコットへの移籍を決めているマッテオ・トレンティンが優勝[10]。これによりトレンティンは全グランツール区間優勝達成者となる[10]。翌日に行われた第5ステージの頂上フィニッシュでは、アレクセイ・ルツェンコが独走勝利[11]。メイン集団はコンタドールを先頭に、フルーム、チャベス、マイケル・ウッズと続いてフィニッシュ[11]。第6ステージは逃げ切った3名によるスプリントでベテラン、トマシュ・マルチニスキが優勝[12]。キャリア最大の勝利をあげる。続く第7ステージではジュニアとU-23時代にそれぞれ世界チャンピオンになりながらここまで目立つ活躍ができずにいたマテイ・モホリッチが独走勝利を掴み取る[13]

第8ステージでは第5ステージから4ステージ連続の逃げ切りが決まる。昨年のツールで見せた走りが記憶に新しいジュリアン・アラフィリップヤン・ポランツとマイカを下し優勝。メイン集団からはコンタドールがアタック。直後にフルームがカウンターアタックを仕掛け、2名が抜け出す展開に。そのままコンタドールとフルームは逃げ切ってリードを奪うことに成功する[14]

第9ステージのクンブレ・デル・ソルへの頂上フィニッシュでは、2年前にはトム・デュムランがゴール前でフルームを抜き返して優勝したが、今回はマイヨ・ロホのフルームが他を圧倒[15]。ポイント賞でも首位に立った。第10ステージではトレンティンがホセ・ホアキン・ロハスとの一騎打ちを制してポイント賞首位を奪還[16]。続く第11ステージは残り1kmアタックを決めたミゲル・アンヘル・ロペスが優勝し、総合10位へ浮上[17]。フルームは14秒遅れのステージ2位に入りリードを拡大した[17]。翌日の第12ステージはマルチニスキが鮮やかなアタックを決め独走し、2勝目をあげた[18]。マルチニスキが歓喜に包まれる一方、マイヨ・ロホのフルームは2度落車[18]。アタックを決めメイン集団から逃げ切ったコンタドールやニバリ、チャベスなどからタイムを失った[18]

アンダルシア山岳2連戦の前日に控えた第13ステージ、途中でオマール・フライレが体調不良を理由にレースから離脱[19]。山岳賞最有力候補が去り、ディメンションデータは残すところ3人となった[19]。最終スプリントではポイント賞のトレンティンがスプリントで負けなしの3勝目をあげるも、チームの総合エースであるダビド・デ・ラ・クルスが分断により7秒を失った[19]。翌日第14ステージは前半戦の胃腸トラブルで総合成績を諦めざるを得なかったマイカがシーズン4勝目を飾る[20]。後続はロペス、ニバリ、フルームと続き、ニバリはボーナスタイムでフルームとの差を縮めることに成功[20]。第15ステージではロペスが鮮やかに逃げ切りを決め優勝[21]。フルームは暫定総合2位のニバリとの差1分1秒で得意のタイムトライアルに臨むことになった[21]

今大会唯一の個人TTの第16ステージではフルームが圧勝し、ニバリとの差を1分58秒にまで広げた[22]。しかし、ロス・マチュコスへの頂上フィニッシュとなった第17ステージ、最後の登りでフルームはアタックを仕掛けたコンタドールやニバリの先行を許してしまい、ステージ優勝したシュテファン・デニフルに続き28秒差のステージ2位に入ったコンタドールからは1分24秒、ニバリ、ザカリンらから42秒差を縮められてしまった[23]。それでも翌日第18ステージには、フルームはニバリを19秒引き離すことに成功[24]。ステージ優勝はプロ8年目にして漸く初勝利となったサンデル・アルメーが獲得[24]。第19ステージはトーマス・デ・ヘントが逃げ集団のスプリントを制し優勝[25]ロット・ソウダルは4勝目をあげた。

アングリルへの頂上ゴールとなった第20ステージ、アングリルの一つ前のコルダル峠の下りでコンタドールがアシストのハルリンソン・パンタノとともにメイン集団から先行し、アングリルの登りで逃げ集団に合流。そして、残り5kmでコンタドールがついに単独先頭に立つ。メイン集団からはニバリが千切れ気味になったところでフルームがアタック。アシストのワウト・ポエルスも追いつき、コンタドールとの差を縮めていくが、コンタドールには届かず。現役最後の山、アングリルでコンタドールは有終の美を飾った[26]

最終ステージではトレンティンが4勝目をあげた[27]。フルームは無事にフィニッシュし、史上初のツール・ブエルタのダブルツールを達成した[27]

日程[編集]

区間 月日 コース 距離(km) 種類 区間優勝者 総合首位
1 8/19 ニーム フランスの旗 13.8 Team Time Trial Stage.svg チームタイムトライアル アメリカ合衆国の旗 BMC・レーシング オーストラリアの旗 ロハン・デニス
2 8/20 ニーム フランスの旗-グリュイッサン英語版・グラン・ナルボンヌ フランスの旗 203.4 Plainstage.svg 平坦ステージ ベルギーの旗 イヴ・ランパールト ベルギーの旗 イヴ・ランパールト
3 8/21 プラデス・コンフレント・カニーゴ英語版 フランスの旗-アンドラ・ラ・ベリャ アンドラの旗 158.5 Mountainstage.svg 山岳ステージ イタリアの旗 ヴィンチェンツォ・ニバリ イギリスの旗 クリス・フルーム
4 8/22 エスカルデス・エンゴルダニ-タラゴナ 193 Plainstage.svg 平坦ステージ イタリアの旗 マッテオ・トレンティン イギリスの旗 クリス・フルーム
5 8/23 ベニカシム英語版-アルコセブレ英語版 173.4 Hillystage.svg 丘陵ステージ カザフスタンの旗 アレクセイ・ルツェンコ イギリスの旗 クリス・フルーム
6 8/24 ビラ・レアル英語版-サグント 198 Hillystage.svg 丘陵ステージ ポーランドの旗 トマシュ・マルチニスキ イギリスの旗 クリス・フルーム
7 8/25 リリア-クエンカ 205.2 Plainstage.svg 平坦ステージ スロベニアの旗 マテイ・モホリッチ英語版 イギリスの旗 クリス・フルーム
8 8/26 エリン-ショレト・デ・カティスペイン語版 184 Hillystage.svg 丘陵ステージ フランスの旗 ジュリアン・アラフィリップ イギリスの旗 クリス・フルーム
9 8/27 オリウエラ-クンブレ・デル・ソル英語版 176.3 Mediummountainstage.svg 中級山岳ステージ イギリスの旗 クリス・フルーム イギリスの旗 クリス・フルーム
8/28 プロバンシア・デ・アリカンテ英語版 Stage rest day.svg 休息日
10 8/29 カラバカ・デ・ラ・クルス-エルポソ・アリメンタシオンスペイン語版 171 Mediummountainstage.svg 中級山岳ステージ イタリアの旗 マッテオ・トレンティン イギリスの旗 クリス・フルーム
11 8/30 ロルカ-オブセルバドリオ・アストロノミコ・デ・カラル・アルト英語版 188 Mountainstage.svg 山岳ステージ コロンビアの旗 ミゲル・アンヘル・ロペス イギリスの旗 クリス・フルーム
12 8/31 モトリル-アンテクエラ英語版 161.4 Mediummountainstage.svg 中級山岳ステージ ポーランドの旗 トマシュ・マルチニスキ イギリスの旗 クリス・フルーム
13 9/1 コーイン英語版-トマレス英語版 197 Plainstage.svg 平坦ステージ イタリアの旗 マッテオ・トレンティン イギリスの旗 クリス・フルーム
14 9/2 エシハ-シエラ・デ・ラ・パンデラスペイン語版 185.5 Mountainstage.svg 山岳ステージ ポーランドの旗 ラファウ・マイカ イギリスの旗 クリス・フルーム
15 9/3 アルカラ・ラ・レアル-シエラ・ネバダ / アルト・オヤ・デ・ラ・モラ英語版 127 Mountainstage.svg 山岳ステージ コロンビアの旗 ミゲル・アンヘル・ロペス イギリスの旗 クリス・フルーム
9/4 ログローニョ Stage rest day.svg 休息日
16 9/5 シルクイト・デ・ナバラ-ログローニョ 40.2 Time Trial.svg 個人タイムトライアル イギリスの旗 クリス・フルーム イギリスの旗 クリス・フルーム
17 9/6 ビリャディエゴ英語版-モヌメント・バカ・パシエガ英語版 180 Mountainstage.svg 山岳ステージ オーストリアの旗 シュテファン・デニフル イギリスの旗 クリス・フルーム
18 9/7 スアンセス英語版-サント・トリビオ・デ・リエバナ英語版 168.5 Mediummountainstage.svg 中級山岳ステージ ベルギーの旗 サンデル・アルメ英語版 イギリスの旗 クリス・フルーム
19 9/8 カソ英語版-ヒホン 153 Mediummountainstage.svg 中級山岳ステージ ベルギーの旗 トーマス・デ・ヘント イギリスの旗 クリス・フルーム
20 9/9 コルベラ・デ・アストゥリアス英語版-アングリル 119.2 Mountainstage.svg 山岳ステージ スペインの旗 アルベルト・コンタドール イギリスの旗 クリス・フルーム
21 9/10 アロヨモリノス英語版-マドリード 101.9 Plainstage.svg 平坦ステージ イタリアの旗 マッテオ・トレンティン イギリスの旗 クリス・フルーム
総距離 3,324.1km (2,065mi)

各賞の変遷[編集]

区間 区間勝者 総合首位
Jersey red.svg
ポイント賞
Jersey green.svg
山岳賞
Jersey blue polkadot.svg
複合賞
Jersey white.svg
チーム総合首位 敢闘賞
1 BMC・レーシング ロハン・デニス なし ニコラス・ロッシュ ダニエル・オス BMC・レーシング なし
2 イヴ・ランパールト イヴ・ランパールト イヴ・ランパールト クイックステップ・フロアーズ マルケル・イリサール
3 ヴィンチェンツォ・ニバリ クリス・フルーム ヴィンチェンツォ・ニバリ ダヴィデ・ヴィッレッラ英語版 クリス・フルーム オリカ・スコット アレクサンドル・ジェニエ
4 マッテオ・トレンティン マッテオ・トレンティン ディエゴ・ルビオ英語版
5 アレクセイ・ルツェンコ アスタナ・プロチーム アレクセイ・ルツェンコ
6 トマシュ・マルチニスキ エンリク・マス英語版
7 マテイ・モホリッチ英語版 モビスター・チーム ルイス・マテ・マルドネス
8 ジュリアン・アラフィリップ プジェムィスワフ・ニエミエツ
9 クリス・フルーム クリス・フルーム マルク・ソレル英語版
10 マッテオ・トレンティン マッテオ・トレンティン マッテオ・トレンティン
11 ミゲル・アンヘル・ロペス ロマン・バルデ
12 トマシュ・マルチニスキ オマール・フライレ
13 マッテオ・トレンティン アスタナ・プロチーム トーマス・デ・ヘント
14 ラファウ・マイカ ルイス・マテ・マルドネス
15 ミゲル・アンヘル・ロペス クリス・フルーム サンデル・アルメ英語版
16 クリス・フルーム クリス・フルーム
17 シュテファン・デニフル ダニエル・モレノ
18 サンデル・アルメ英語版 ホセ・ホアキン・ロハス
19 トーマス・デ・ヘント ダニエル・ナバロ
20 アルベルト・コンタドール エンリク・マス英語版
21 マッテオ・トレンティン なし
最終成績 クリス・フルーム クリス・フルーム ダヴィデ・ヴィッレッラ クリス・フルーム アスタナ・プロチーム アルベルト・コンタドール

最終成績[編集]

個人総合成績[編集]

順位 名前 チーム 時間
1 イギリスの旗 クリス・フルーム チーム・スカイ 82時間30分02秒
2 イタリアの旗 ヴィンチェンツォ・ニバリ バーレーン・メリダ +02分15秒
3 ロシアの旗 イルヌール・ザカリン カチューシャ・アルペシン +02分51秒
4 オランダの旗 ウィルコ・ケルデルマン チーム・サンウェブ +03分15秒
5 スペインの旗 アルベルト・コンタドール トレック・セガフレード +03分18秒
6 オランダの旗 ワウト・ポエルス チーム・スカイ +06分59秒
7 カナダの旗 マイケル・ウッズ キャノンデール・ドラパック +08分27秒
8 コロンビアの旗 ミゲル・アンヘル・ロペス アスタナ・プロチーム +09分13秒
9 オランダの旗 ステーフェン・クラウスヴァイク チーム・ロットNL・ユンボ +11分18秒
10 アメリカ合衆国の旗 ティージェイ・ヴァン・ガーデレン BMC・レーシング +15分50秒

ポイント賞[編集]

順位 名前 チーム ポイント
1 イギリスの旗 クリス・フルーム チーム・スカイ 158pts
2 イタリアの旗 マッテオ・トレンティン クイックステップ・フロアーズ 156pts
3 イタリアの旗 ヴィンチェンツォ・ニバリ バーレーン・メリダ 128pts
4 スペインの旗 アルベルト・コンタドール トレック・セガフレード 105pts
5 オランダの旗 ウィルコ・ケルデルマン チーム・サンウェブ 97pts

山岳賞[編集]

順位 名前 チーム ポイント
1 イタリアの旗 ダヴィデ・ヴィッレッラ英語版 キャノンデール・ドラパック 67pts
2 コロンビアの旗 ミゲル・アンヘル・ロペス アスタナ・プロチーム 47pts
3 イギリスの旗 クリス・フルーム チーム・スカイ 35pts
4 スペインの旗 ホセ・ホアキン・ロハス モビスター・チーム 33pts
5 ベルギーの旗 トーマス・デ・ヘント ロット・ソウダル 30pts

複合賞[編集]

順位 名前 チーム ポイント
1 イギリスの旗 クリス・フルーム チーム・スカイ 5pts
2 コロンビアの旗 ミゲル・アンヘル・ロペス アスタナ・プロチーム 17pts
3 スペインの旗 アルベルト・コンタドール トレック・セガフレード 18pts
4 ロシアの旗 イルヌール・ザカリン カチューシャ・アルペシン 20pts
5 イタリアの旗 ヴィンチェンツォ・ニバリ バーレーン・メリダ 22pts

チーム総合成績[編集]

順位 チーム名 時間
1 カザフスタンの旗 アスタナ・プロチーム 247時間16分21秒
2 スペインの旗 モビスター・チーム +06分16秒
3 イギリスの旗 チーム・スカイ +08分12秒
4 アラブ首長国連邦の旗 UAE チーム・エミレーツ +49分02秒
5 オランダの旗 チーム・ロットNL・ユンボ +1時間07分28秒

脚注[編集]

  1. ^ ブエルタの正式スタートリスト発表 22チーム、33カ国、198名の平均年齢は27歳222日 - cyclowired.jp 2017年8月19日付
  2. ^ 当初はサムエル・サンチェスが出場予定だったが、GHRPs(成長ホルモン放出ペプチド)のAAF(違反が疑われる分析結果)が出たため、代理で出場。
  3. ^ ブエルタに出場予定だったサンチェスがレース外検査で禁止薬物GHRPs陽性-cyclowired.jp 2017年8月17日付
  4. ^ ツール・ド・フランス期間中に患った股ずれの影響で当初不出場だったが、ラファエル・バルスがトレーニング中に腰骨を骨折したことにより急遽出場が決定した。
  5. ^ チームメイトの負傷によりハンセンのブエルタ出場が決定 19連続グランツール出場へ -cyclowired.jp 2017年8月8日付
  6. ^ ブエルタの開催時期が9月に移ってから
  7. ^ 宮本あさか (2017年8月20日). “ブエルタ・ア・エスパーニャ2017 第1ステージ レースレポート”. J SPORTS. 2017年9月16日閲覧。
  8. ^ 宮本あさか (2017年8月21日). “ブエルタ・ア・エスパーニャ2017 第2ステージ レースレポート”. J SPORTS. 2017年9月16日閲覧。
  9. ^ 宮本あさか (2017年8月22日). “ブエルタ・ア・エスパーニャ2017 第3ステージ レースレポート”. J SPORTS. 2017年9月16日閲覧。
  10. ^ a b 宮本あさか (2017年8月23日). “ブエルタ・ア・エスパーニャ2017 第4ステージ レースレポート”. J SPORTS. 2017年9月16日閲覧。
  11. ^ a b 宮本あさか (2017年8月24日). “ブエルタ・ア・エスパーニャ2017 第5ステージ レースレポート”. J SPORTS. 2017年9月16日閲覧。
  12. ^ 宮本あさか (2017年8月25日). “ブエルタ・ア・エスパーニャ2017 第6ステージ レースレポート”. J SPORTS. 2017年9月16日閲覧。
  13. ^ 宮本あさか (2017年8月26日). “ブエルタ・ア・エスパーニャ2017 第7ステージ レースレポート”. J SPORTS. 2017年9月16日閲覧。
  14. ^ 宮本あさか (2017年8月27日). “ブエルタ・ア・エスパーニャ2017 第8ステージ レースレポート”. J SPORTS. 2017年9月16日閲覧。
  15. ^ 宮本あさか (2017年8月28日). “ブエルタ・ア・エスパーニャ2017 第9ステージ レースレポート”. J SPORTS. 2017年9月16日閲覧。
  16. ^ 宮本あさか (2017年8月30日). “ブエルタ・ア・エスパーニャ2017 第10ステージ レースレポート”. J SPORTS. 2017年9月16日閲覧。
  17. ^ a b 宮本あさか (2017年8月31日). “ブエルタ・ア・エスパーニャ2017 第11ステージ レースレポート”. J SPORTS. 2017年9月16日閲覧。
  18. ^ a b c 宮本あさか (2017年9月1日). “ブエルタ・ア・エスパーニャ2017 第12ステージ レースレポート”. J SPORTS. 2017年9月16日閲覧。
  19. ^ a b c 宮本あさか (2017年9月2日). “ブエルタ・ア・エスパーニャ2017 第13ステージ レースレポート”. J SPORTS. 2017年9月16日閲覧。
  20. ^ a b 宮本あさか (2017年9月3日). “ブエルタ・ア・エスパーニャ2017 第14ステージ レースレポート”. J SPORTS. 2017年9月16日閲覧。
  21. ^ a b 宮本あさか (2017年9月4日). “ブエルタ・ア・エスパーニャ2017 第15ステージ レースレポート”. J SPORTS. 2017年9月16日閲覧。
  22. ^ 宮本あさか (2017年9月6日). “ブエルタ・ア・エスパーニャ2017 第16ステージ レースレポート”. J SPORTS. 2017年9月16日閲覧。
  23. ^ 宮本あさか (2017年9月7日). “ブエルタ・ア・エスパーニャ2017 第17ステージ レースレポート”. J SPORTS. 2017年9月16日閲覧。
  24. ^ a b 宮本あさか (2017年9月8日). “ブエルタ・ア・エスパーニャ2017 第18ステージ レースレポート”. J SPORTS. 2017年9月16日閲覧。
  25. ^ 宮本あさか (2017年9月9日). “ブエルタ・ア・エスパーニャ2017 第19ステージ レースレポート”. J SPORTS. 2017年9月16日閲覧。
  26. ^ 宮本あさか (2017年9月10日). “ブエルタ・ア・エスパーニャ2017 第20ステージ レースレポート”. J SPORTS. 2017年9月16日閲覧。
  27. ^ a b 宮本あさか (2017年9月11日). “ブエルタ・ア・エスパーニャ2017 第21ステージ レースレポート”. J SPORTS. 2017年9月16日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]