サグント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Sagunto/Sagunt

サグントの市旗   サグントの市章

Sagunto - Casco antiguo.JPG
Flag of the Valencian Community (2x3).svg バレンシア州
Flag of the Valencian Community (2x3).svg バレンシア県
面積 132 km²
標高 49m
人口 65,003 人 (2014年)
人口密度 492.45 人/km²
住民呼称 (スペイン語1)Saguntino/a
(スペイン語2)murviedrés
(バレンシア語)Saguntí/ina
言語地域 バレンシア語
自治体首長
(2015年)
ジョゼップ・フランセスク・フェルナンデス・カラスコ
コンプロミススペイン語版
Sagunto/Saguntの位置(スペイン内)
Sagunto/Sagunt
Sagunto/Sagunt
スペイン内サグントの位置
Sagunto/Saguntの位置(バレンシア県内)
Sagunto/Sagunt
Sagunto/Sagunt
バレンシア県内サグントの位置

北緯39度40分35秒 西経0度16分24秒 / 北緯39.67639度 西経0.27333度 / 39.67639; -0.27333座標: 北緯39度40分35秒 西経0度16分24秒 / 北緯39.67639度 西経0.27333度 / 39.67639; -0.27333

サグントスペイン語:Sagunto、バレンシア語:Sagunt)は、スペインバレンシア州バレンシア県ムニシピ(基礎自治体)。古い歴史を有する都市である。公式名は両言語の名称をスラッシュで区切ったSagunto/Sagunt。2014年時点での人口は65,003人である。

歴史[編集]

紀元前6世紀頃にケルティベリア人によって開かれたサグントゥム(ラテン語:Saguntum)が始まりであり、海岸沿いの立地にも恵まれてギリシア人フェニキア人との貿易で栄えた。

古代ローマ時代にもサグントゥムと呼ばれた。紀元前219年にはカルタゴハンニバルがサグントゥムを攻撃したことで第二次ポエニ戦争が始まり[1]、ローマ側に組した数か月に渡ってカルタゴに抵抗したが、結果としてハンニバル軍に降伏した。紀元前214年頃にローマが占領し、1万人収容の円形劇場が建設されるなどして反映した[1]。ローマの衰退後は西ゴート王国、次いでイスラーム勢力の支配下に入り、イスラーム時代にはムルビエドロ(Murviedro)という名前で呼ばれた[1]。近隣のバレンシアが都市として発展していく中で、地域の中心都市の地位をバレンシアへ譲った。

1874年には王政復古のクーデターの舞台となった[1]。今なお古い歴史を持つ観光都市として存在感を示している。良港を有しており、1960年頃には製鉄業が栄えた[1]。近年は人口が右肩上がりである。

政治[編集]

首長一覧(1979-)
任期 首長名 政党
1979–1983 マヌエル・カルボ・フアン PSPV-PSOE
1983–1987 ホセ・ガルシア・フェリペ
フランシスコ・クリスピン・サンチス
PSPV-PSOE
1987–1991 ホセ・ガルシア・フェリペ 無所属(サグント独立候補者連合)
1991–1995 マヌエル・ヒロナ・イ・ルビオ PSPV-PSOE
1995–1999 マヌエル・ヒロナ・イ・ルビオ
シルベストレ・ボラス・アスコナ
PSPV-PSOE
1999–2003 シルベストレ・ボラス・アスコナ PPCV
2003–2007 グロリア・カレロ・アルバル PSPV-PSOE
2007–2011 アルフレード・カステリョ・サエス PPCV
2011–2015 アルフレード・カステリョ・サエス
セルヒオ・ムニエサ・フランコ
PPCV
2015– ジョゼップ・フランセスク・フェルナンデス・カラスコ コンプロミススペイン語版

人口[編集]

サグントの人口推移 1857-2010
出典:INE(スペイン国立統計局)1900年 - 1991年[2]、1996年 - [3]

出身者[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]