ヘント〜ウェヴェルヘム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヘント〜ウェヴェルヘム
概要
開催時期 3月下旬ないし4月上旬
開催地域 フランデレン地域
地域名 Gent-Wevelgem()
分野 ロードレース
カテゴリー UCIワールドツアー
形態 ワンデイレース
歴史
初回開催年 1934年
開催回数 79(2017年)
初代優勝者 ベルギーの旗 グスタヴ・ファン・ベル
最多優勝者 3回:
ベルギーの旗 ロベール・ファン・エーナーム
ベルギーの旗 リック・ファン・ローイ
ベルギーの旗 エディ・メルクス
イタリアの旗 マリオ・チポッリーニ
ベルギーの旗 トム・ボーネン
直近優勝者 ベルギーの旗 フレフ・ファン・アーヴェルマート(2017年)
テンプレートを表示

ヘント〜ウェヴェルヘム (Gent - Wevelgem) とは、UCIワールドツアーに組み込まれる自転車プロロードレースの一つ。ベルギーフランデレン地域ヘントウェヴェルヘム英語版オランダ語版間を走るワンデーレースで、1934年から行われている。

概要[編集]

長らく4月の第2日曜に開催されるロンド・ファン・フラーンデレンと第3日曜の開催であるパリ〜ルーベの間の水曜日に開催され、クラシックに次ぐ格式を持つセミクラシックレースとして「北のクラシック」3連戦の第2戦に位置づけられていたが、2010年よりロンド・ファン・フラーンデレン前週の日曜日へと移行。その前日に行われるE3プライス・フラーンデレン(UCI1.HC、2012年からはUCIワールドツアー)を含めた石畳4連戦の2戦目へと移行した。同時にコースもアップダウンが厳しくなり、様相も様変わりした。

コースは平坦基調で、スプリンターに有利なレイアウトのため、ミラノ〜サンレモ同様、「スプリンターのためのクラシック(スプリンターズ・クラシック)」とも呼ばれるが、ドーヴァー海峡から吹き付ける時に50km/h(秒速にして約13.9m・風力7に該当)を超える激烈な北風が選手たちをあっというまに分断する上、距離が200km程度と短めということもあり、ハイペースでレースが展開するため、並みのスプリンターでは太刀打ちできない。勝負どころには、上りだけでなく、下りの勾配も20%を超える石畳が続くケンメルの坂がある。

2010年度より坂の数が大幅アップ、特に終盤ケンメルを含めた急坂7つを2周するという過酷なレイアウトになったため、スプリンターよりはクラシックスペシャリスト有利になった。

歴代優勝者[編集]

外部リンク[編集]