タラゴナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Tarragona

{{{市旗説明}}}   {{{市章説明}}}

タラゴナ大聖堂
タラゴナ大聖堂
Flag of Catalonia.svg カタルーニャ州
Bandera actual de la provincia de Tarragona.svg タラゴナ県
地域 カム・ダ・タラゴーナ
コマルカ タラグネス
面積 57.9 km²
居住地区数 15
標高 68m
人口 133,954 人 (2012年[1]
人口密度 2,313.54 人/km²
Tarragonaの位置(スペイン内)
Tarragona
Tarragona
スペイン内タラゴナの位置
Tarragonaの位置(タラゴナ県内)
Tarragona
Tarragona
タラゴナ県内タラゴナの位置

北緯41度07分05秒 東経1度15分07秒 / 北緯41.11806度 東経1.25194度 / 41.11806; 1.25194座標: 北緯41度07分05秒 東経1度15分07秒 / 北緯41.11806度 東経1.25194度 / 41.11806; 1.25194

タラゴナTarragona)は、スペインカタルーニャ州タラゴナ県にあるムニシピオ(基礎自治体)。タラゴナ県の県都であり、タラグネス郡の中心自治体でもある。レウスなど近郊の都市を含めたタラゴナ都市圏の人口は約34万人に達する。タラゴナ港スペイン語版を擁し、タラゴナ駅スペイン語版も設置されているなど、物流の要衝である。また、古代ローマ時代に築かれた歴史の長い町でもあり、今でも水道橋や円形競技場などの遺跡が残り、世界遺産にも登録されている。遺跡のために観光客も多く訪れている。

歴史[編集]

ローマ帝国の時代にはタッラコ(タラコ、Tarraco)と呼ばれ、ヒスパニア・タッラコネンシス属州の州都であった。5世紀に西ゴート王国の支配下に入った。8世紀始めにウマイヤ朝に征服され、町が破壊されたため、カタルーニャ地方の中心はバルセロナに移った。1118年にバルセロナ伯ラモン・バランゲー3世に征服され、再びキリスト教世界へと入った。ラモン・バランゲー3世は町を再建し、大司教座を置いた。以降はアラゴン王国の一部となった。

地理[編集]

タラゴナは地中海に面し、フランコリ川スペイン語版の河口左岸に位置する。面積、人口とも同地を中心とするコマルカで最大である。隣接する自治体は、北がクンスタンティーアルス・パリャレーズスアル・カッリャーリエーラ・ダ・ガイアー、東がアルタフーリャ、西がビラ=セカレウスで、南は地中海に面している。近隣の都市としては、約80 km東にバルセロナ、200 km北西にサラゴサが位置している。

交通[編集]

タラゴナには1856年9月16日に開業したタラゴナ駅スペイン語版が設置されている。さらに、2006年12月にはマドリードからサラゴサを経由する高速鉄道AVEがタラゴナまで開通した。ただし、AVEの駅(Camp de Tarragona)は、タラゴナ市から北に8 kmの別の自治体に位置する。マドリードからは1日3便、約3時間で結ばれる。バルセロナからの列車は1時間に2、3便あり、1時間から1時間半である。

人口[編集]

タラゴナの人口推移 1900-2010
出典:INE(スペイン国立統計局)1900年 - 1991年[2]、1996年 - [3]

名所[編集]

タラゴナには古代ローマ時代の遺跡が数多く残されており、これらはユネスコによって世界遺産タッラコの考古遺跡群カタルーニャ語版」として登録されている。

その他にも以下の物がある。

  • タラゴナ大聖堂カタルーニャ語版 - 12世紀に建設が始まり、15世紀に完成した大聖堂である。ロマネスクからバロックへの様式の変遷を見せる。
  • 地中海のバルコニー - 海を見下ろす遊歩道。

タラゴナの近くにはリゾート地のサロウがあり、同地にはヨーロッパで特に大きなテーマパークの1つに数えられるポルタベントゥーラカタルーニャ語版がある。

毎年9月23日に行われるサンタ・テクラ祭英語版人間の塔を作ることで有名である。

世界遺産[編集]

世界遺産 タラゴナの考古遺跡群
スペイン
円形競技場の跡
円形競技場の跡
英名 Archaeological Ensemble of Tárraco
仏名 Ensemble archéologique de Tarragone
登録区分 文化遺産
登録基準 (2)(3)
登録年 2000年
公式サイト 世界遺産センター(英語)
使用方法表示

水道橋、円形劇場などローマ時代の遺跡は、2000年にタラゴナの考古遺跡群としてユネスコの世界遺産に登録された。

登録基準[編集]

この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (2) ある期間を通じてまたはある文化圏において、建築、技術、記念碑的芸術、都市計画、景観デザインの発展に関し、人類の価値の重要な交流を示すもの。
  • (3) 現存するまたは消滅した文化的伝統または文明の、唯一のまたは少なくとも稀な証拠。

写真集[編集]

スポーツ[編集]

姉妹都市[編集]

脚注[編集]

  1. ^ IEC(カタルーニャ統計局)” (カタルーニャ語). カタルーニャ自治州政府. 2013年9月3日閲覧。
  2. ^ Poblaciones de hecho desde 1900 hasta 1991. Cifras oficiales de los Censos respectivos.
  3. ^ Cifras oficiales de población resultantes de la revisión del Padrón municipal a 1 de enero.

外部リンク[編集]